玄関前に四季を通して楽しめる混植のお庭

玄関先の植栽スペースを緑でコーディネートしたいというご要望を頂きました。
-------------------------------------------------
千葉県千葉市 戸建て
【施工内容】既存プランター枯木撤去処分、擁壁上植栽
【費 用】10-25万円
【エリア】ファサード
【広 さ】約1.6㎡
【工 期】1日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

紫と白を基調に、優しい印象の植物材料を選びました。茎が地表面に沿って伸びるローズマリーやグレコマが花壇から枝垂れて壁の一部を飾るように植栽。中庭への目通し防止のシンボルツリーには、オリーブを提案しました。

Before

プランター植栽を置いていたものの、全て枯れてしまって無機質な印象も。

After

植え付け直後のためまだ緑量は少ないですが、ローズマリーなどの植物が時間とともに壁の一部を少しずつ飾っていきます。

ここがポイント

2色使いのエキナセアなど、紫と白を基調に優しい印象の植物材料を選びました。シックな建物の一画に、紫と白を基調とした植物を植えることで、建物全体の雰囲気を守りながら温かみも演出することができます。

施工の様子

このお庭の植物をピックアップ

オリーブ

ローズマリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です