庭を巡るアンティークレンガの小道

お家の外周が手つかずのまま残っており、雨が降るとぬかるむ環境でした。また、家横の人通りがよく、道路からゴミを投げ入れられてしまうことがお困りのご様子。お庭を整備することでごみを投げ入れられることを無くしたいというご要望を頂きました。
-------------------------------------------------
【施工内容】敷石設置、洗い出し舗装、レンガ舗装、砂利敷、植栽、防草処理、生垣剪定
【費 用】100万円~
【エリア】主庭、建物外周、生垣
【広 さ】35㎡
【工 期】5日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

お家の外周を舗装して歩きやすくし、裏手に広がる隣地の公園を眺めながら回遊できるようにプランニング。立水栓の周りは雰囲気にマッチしたアンティークレンガで舗装しました。生垣はトップ位置を合わせることでスッキリした印象になるよう調整。

Before

既存のグランドカバーと生垣のため、緑色しかなく単調な印象でした。さらに、冬季にはグランドカバーが枯れ雨が降るとぬかるみ、家の外周をまわると汚れるという難点も。

Before

人通りが多く、お庭の中へごみを投げ入れられてしまうことがお困りだった場所。

After

玄関から敷石を踏み、舗装エリアに行くことができるように設置した敷石がアクセントとして景観も兼ねるように配置。単調な印象だった庭に動きがでるようになりました。

After

通路を整えることで、ごみを投げ入れにくい環境をつくります。舗装を施すことで通路部分が歩きやすくなったことに加え、防草対策にもなりお庭の手入れがしやすくなります。

Before

手つかずだったお庭の外周部分。雨が降ると地面がぬかるむこともお困りでした。

After

既に植えられていた樹木をそのまま使いながら、緩やかな曲線のデザインにすることで通路を広く見せることができます。

ここがポイント①

既存のグランドカバーがあったところに敷石、砂利、レンガの配置バランスに注意を払い施工。敷石を直線的にしすぎず、あえて様々な大きさの敷石を使うことで空間に広がりを持たせます。

ここがポイント②

外周の通路も異素材を組み合わせて、単調にならないように配慮しました。もともとあった高木とのバランスを考えてポイントとして手入れの楽なツゲなどを配置。目で見ても楽しめる通路となりました。

ここがポイント③

家裏側の通路。通路に曲線を持たせることで広く見せる効果を演出しました。アクセントとして設置したアンティークレンガは防草対策にもなります。

施工の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です