細長い敷地も立体的に見せる植栽デザイン

植栽施工後の建物正面

お住まいの玄関正面、道路に面した幅約1m×長さ5.2mの細長い植栽空間に、明るい色の花と実の付く植物を植えたいというご希望をいただきました。
-------------------------------------------------
横浜市都筑区 戸建て
【施工内容】植栽工事
【エリア】住宅外構、境界線、玄関
【広 さ】約4㎡
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

手前から奥に向けて背が高くなるように植えることで、視覚的に広がりをもたらす立体的な植栽計画を提案しました。花壇手前は背丈の低いタイムなどの植物を中心に植え、奥側に低木類や背の高いキャットミント、ラベンダーなどを配植しています。

植栽施工前の建物正面

Before

新築から1年経ち、庭もきれいにしたいと思われていた頃。植木鉢が置かれるなど雑多な印象。

植栽施工後の建物正面

After

シンボルツリーのハナミズキと、グランドカバーに使われているタイムが外観にも明るい印象を与えます。

建物正面部のシンボルツリー

ここがポイント

シンボルツリーは上部にあるバルコニーに、生長してもぶつからないよう配慮した位置に植えています。ブルーベリーは1本だけだと実がつきにくいことから異なる品種を植え、実りの季節をより楽しめるようにしています。

植栽したハーブ類
植栽植物一例

日陰にも強く、繁殖力の強いハーブの植物を中心に植えているので、生長も早く、庭が緑に覆われていく様子を楽しむことができます。ローズマリーやキャットミントなど寒色系の花を咲かすハーブ類は、香りだけでなく目で見てもさわやかさを感じることができます。

このお庭の植物をピックアップ

ギンバイカ

ギンバイカ

タイム

タイム

キャットミント

キャットミント

ブルーベリー

ブルーベリー

ローズマリー

ローズマリー

ハナミズキ

ハナミズキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です