中古住宅リノベ―ション後、忙しくて手つかずだった庭を整えたい

中古住宅の庭リノベ

中古物件をリノベーションしたE様のお宅。スペースはあるものの“日陰になってしまう・手間はあまりかけたくない”ということで、どうしたら良いか分からず手つかずの状態のままだったそう。

まず、ご自宅の外観に映えるヴィンテージレンガで花壇をつくりました。次に日陰でも育てやすく、お手入れも比較的楽な植物を植え、まるで白い壁に植物が絵を描いたような雰囲気あるスペースをつくりました。また、利便性とコストとのバランスが良く、花壇と雰囲気の合う砂利で自転車の駐輪スペースを舗装しました。

手つかずだった庭が、日陰でも植物を楽しめるお気に入りのお庭へと生まれ変わりました。

-------------------------------------------------
東京都練馬区 戸建て
【施工内容】花壇施工・砂利敷き・植栽
【広さ】13㎡
【エリア】アプローチ・隣地との境界(駐輪スペース)
-------------------------------------------------

中古住宅、庭リノベ前の様子

Before

住宅リフォーム後の壁面の美しさに対し、お庭は土がむき出しで手つかずの状態。

中古住宅、庭リノベ後の様子

After

壁ともマッチしたヴィンテージレンガの花壇。お手入れが簡単で、雰囲気のある植物で彩りました。

施工の様子

道路境界部、施工の様子
道路境界部、職人と施工の様子
道路境界部、植栽施工の様子と職人
道路境界部、植栽施工後の様子
庭リノベ前の様子
砂利敷き中の様子
砂利を敷く男性の職人
庭リノベ後の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です