【お庭のリフォーム】庭づくりのプロに頼んだら 手付かずだった庭が理想の空間に

お庭全体トップ画像

コンクリートの庭よりもリゾート風の緑あふれる庭に。

 

ご主人と愛犬2匹と暮らされているHさん。新居を建ててから、半年以上手付かずだった庭は雨が降るとぬかるみ、晴れたら土が固くなり、砂埃に悩まされていたそう。「家を建てて頂いたハウスメーカーには、コンクリートの庭なら手入れも楽と言われたのですが、費用が想像以上に高くて…。それにどうしても避暑地で見られるような、緑あふれるナチュラルな雰囲気の家にしたかったんです。」とお庭に対する強い要望を持たれていました。

シンボルツリーとお庭

お庭リフォームを実現した 施主様の声

「予算内でおさめてくれたのが頼もしかったです!お庭には大満足しています」

「お庭をどうにかしたいと色々と調べていたところ、ホームページを見てミドラスを知りました。施工事例などを見て、バリエーション豊かな植栽の提案が依頼をしようと思ったきっかけです。担当の橋野さんも親切で丁寧に対応してくれて安心できました。自分たちでは思いつかなかった新たなアイデアを提案してもらい、なおかつ希望した予算におさめてくれたのが頼もしかったです。できあがったお庭には大満足しています」。

--------------------------------------------------------------

神奈川県平塚市 戸建て H邸

【施工内容】植栽、枕木舗装、砂利敷き、グランドカバー

【広さ】 約98㎡

【エリア】主庭、アプローチ、建物脇スペース

【費用】90万円台
----------------------------------------------------------------

 

施工前の庭

Before

水はけの悪い粘土質だった庭の土。雨が降るとあまりにもぬかむるため、工事現場などで用いられている養生敷板を自ら敷き詰め応急処置をしていた。

施工後の庭

After

グランドカバーと枕木でぬかるみを解消。緑あふれるお庭に大変身!

 

point
01

ディコンドラ(ダイカンドラ)のグランドカバーと枕木でぬかるみ解消

枕木とグランドカバーと駐車場

お庭の土のぬかるみや土埃がたつという悩みを解消するために、枕木とディコンドラ(ダイカンドラ)のグランドカバーを提案。玄関前のシンボルツリーには、落葉樹のアオダモを植栽しています。「アオダモは小さな花を咲かせたり、紅葉したり季節の移ろいを感じられるので気に入っています」とHさん。家の外周部分にも砂利を敷いて、足元のぬかるみを防止。雑草対策や防犯対策を兼ねた砂利で「今までよりも見た目が良くなった」と喜ばれていました。

 

point
02

景観と機能性の向上がマストの条件、愛犬のためのフェンスも設置

ドッグランのフェンス
枕木と駐車場

もともと庭の一部に人工芝を張って、愛犬が遊べるスペースを作られていた細井さん。お庭部分と愛犬のドッグランとを分けるフェンスを付けて、愛犬が敷地の外に飛び出すのを防ぎたいとフェンス設置を希望されました。「フェンスは扉も片手で開け閉めできるタイプなので、散歩の時の出入りが楽です」。愛犬たちものびのびと遊ぶことができて嬉しそうでした。また、来客用の駐車場を確保したいけれどコンクリートにはしたくないという要望から、駐車場スペースに枕木を採用。普段は使わない場所なので一見駐車場とは分からないくらい、グランドカバーとの相性が良くナチュラルな印象を実現しています。

 

リフォーム後のお庭に訪問しました!


犬と細井様
ディコンドラ(ダイカンドラ)

完工して4カ月たった細井さんのお庭の様子を伺いに行ってきました。

種で撒かれたグランドカバーのディコンドラ(ダイカンドラ)は4カ月で青々と茂り、お庭の地面を覆いつくしていました。ディコンドラ(ダイカンドラ)は種から植えることで、ポット苗や天然芝を植えるよりもコストを抑えられることが利点。さらに少しずつ育っていく段階も楽しんでいただけました。

緑に囲まれた庭で、愛犬と遊んだり、友人たちとBBQをしたり、お庭での時間が増えたそう。月日が経つごとに樹木や植物が育ち、雑木林のようなナチュラルな雰囲気のお庭に変化していくのを楽しみにされていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です