【お庭のリフォーム】お庭が避暑地のテラスみたい!快適なプライベート空間に

お庭全体トップ画像

自分たちでお庭を作ることの限界に気づき、プロにお庭づくりを依頼

 2年ほど前に新築戸建てを購入されたTさん。植物が好きで、子供と家庭菜園や庭のある暮らしを楽しみたいとお庭のある家を購入されました。実際に雑草対策でグランドカバーや、好きな樹木を植えたりしましたが、植栽の難しさを痛感し、自分たちの力では思ったようなお庭をつくることができないと思われたそう。そこでプロに頼もうと、ネット検索や近所のお花屋さんに置いてあったフリーペーパー「Botapii(ボタピー)」を見てミドラスを知り、ご連絡いただきました。

 

家庭菜園とお子様

お庭リフォームを実現した 施主様の声

「共働きでも負担の少ない、お手入れの簡単なお庭を希望したところ、目隠し、ウッドデッキ、レンガなどによって、住む人の暮らしまでも考慮したお庭のデザインに感動しました」

「平日は帰ってくると家事に追われ、土日も子供たちのことなどやり残したことがいっぱいあって、お庭にまで手が回らない日々が続きストレスでした。夫婦でお庭を作るのに限界を感じてミドラスに頼むことにしました。他の業者さんにもあたってはみましたが、金額やプランに納得のいくものがなくって…。ミドラスは、自分の描く庭のイメージに近いプランを出してくれたので、ここだと直感して決めました。」

-------------------------------------------------
東京都練馬区 戸建て T邸
【施工内容】ウッドデッキ、レンガ敷き、レンガ花壇、植栽、目隠しフェンス
【広さ】31.3㎡
【エリア】主庭
【価格】約140万円
-------------------------------------------------

施工前の庭

Before

引っ越しをされてから、なかなか手が付けられず自分でお庭を作ってみたものの、思うようにできなかったお庭。

施工後の庭

After

縁側に沿って花壇を作り、レンガの小道で生活動線なども考慮して機能的に使えるようなお庭に。

 

point
01

目隠しフェンスでカーテンオープン!緑を楽しめる暮らしを実現

目隠しフェンスとウッドデッキ

平日はお仕事で忙しくされているTさん。その分、週末は家でのんびりくつろぎたいと思っていました。これまでお庭のフェンスが低く、外の道路から家の中が見えてしまっていたため、カーテンを開けることができなかったこともお悩みで、開放的に太陽光を取り入れて生活ができるようにしたいという要望がありました。そして、そこから見える景色も、緑にあふれていることを求められました。
住まいの外周を取り囲むフェンスには、優しいアースカラーで木質感あるエコモックのフェンスを使用。高さがあっても圧迫感を感じさせません。その周囲には、イロハモミジなどの紅葉する落葉樹を植え、季節を感じられるようにしました。
もともとあったアオダモの木は、キッチンからの視線を意識した場所に移植。このアオダモの木は、ウッドデッキに座った時にも隣家の視線を遮る場所に据えられています。

 

point
02

ウッドデッキから縁側、レンガのアプローチといった動線が考えらえた庭

ウッドデッキからの風景

お庭には最初グランドカバーにクラピアが植えられていたのですが、あっという間に繁茂してしまい、踏むのが嫌なのか逆に子供たちがお庭に降りなくなってしまったそう。そこで、もともとあった縁側と同じメーカーのウッドデッキを設置することを提案。ウッドデッキを設置したことで、BBQ(バーベキュー)をしたり、プールを出したり、アウトドアリビングとしても活用でき、お庭の使いやすさを高めることにつながりました。
さらに、ウッドデッキからはレンガで飛び石のようにした小道をつくり、その脇にはディコンドラのセリセアを植えて、ナチュラルな雰囲気を出しています。また 菜園となっている花壇は、設計段階では塀側に設置されていましたが、縁側に沿って花壇を据え、靴を履かなくても菜園の手入れができるよう、生活動線に配慮した提案に変更しています。

 

リフォーム後のお庭に訪問しました!


会話風景

夏が始まる少し前。完工して3カ月たったT邸のお庭の様子を伺いに行ってきました。「少し前まで、ハナミズキやアジサイもとてもきれいに咲いていたんですよ」と話してくれました。「もともと植物は好きなので、いろんな植物を植えたいと思っていたのですが、自分では選ばないようなルドベキアなどちょっと変わった植物を提案してくれたのがとても良かったです。これからどんな花が咲くのか楽しみにしています」。また「カラーリーフのバランスなどもやっぱりプロにしかできない植栽だと思います」とTさん。
「庭が作られてから本当に家族で外に出る回数が増えました。菜園も縁側の近くに作られたことで、靴を履くことなく野菜の手入れができます。立水栓も近くにあるのでとても便利。子供たちも野菜をもいで食べることを楽しみにしてます。私も会社に行く前のちょっとした時間に枯れた葉を取ったり、水をあげたりするなどのお手入れができるので、よい気分転換にもなります」など、実際に使ってみた時の動線や視線を考えて作られた庭ならではの良さを実感されていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です