ルーフバルコニーを都会的な雰囲気のドライロックガーデンへ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

-------------------------------------------------
東京都港区 マンション
【施工内容】植栽、石材設置
【広 さ】約10.5㎡
【エリア】ルーフバルコニー
【費 用】90万円台
【工 期】3~4日
-------------------------------------------------

施工前のお庭

Before

施工前のルーフバルコニー。以前に植えた植物が枯れてしまい寂しい印象でした。

オーストラリア系の植物を入れたバルコニー

After

オーストラリア系の個性的な植物を配植したことで、周囲の景観に合った都会的な雰囲気を演出。成長が緩やかでお手入れも楽なため手も煩わせません。

MIDOLASからの提案

建物全体をレンタルスペースとしてリノベーションした後のインテリアの雰囲気に合わせ、ルーフバルコニーの植栽スペースを作り直すことに。都会的な景観に合うように、ロックガーデンを提案しました。3種のゴロタ石を活用し、オーストラリア系の植栽をメインに雰囲気を整えています。 また外部の道路境界部分にはインパクトのある高さ2m程のソテツを植え、個性的なエントランスになるよう計画をしました。

アガベなど都会的な植物を植えています。

ここがポイント①

アガベやユーフォルビア、ニューサイランといったオーストラリア系の植栽と既存のローズマリーを活用し、特徴的な植栽で彩ります。その隙間を3種のゴロタ石で埋め、全体をロックガーデンとして統一感を作り出しています。

 

エントランス部分のソテツの鉢植え

ここがポイント②

建物の正面となる道路際には、インパクトと存在感のあるソテツを設置。 大きなサイズのプランターは、素材感も含め個性的な雰囲気を演出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です