【インタビュー】時が経つほどに味わいが出る竹垣と季節ごとに咲く和花の庭

庭を楽しむ女性

天然素材ならではの目隠しで癒しの和空間を演出

家との境界に配した竹垣や和の草花が落ち着きをもたらす

大きくなってしまった樹木の管理や雑草対策、また目隠しがなく隣家が見えてしまう庭をどうにかしたいと思われていたM様。そんな時、よく行く近所のオザキフラワーパークさんでもらったボタピーを毎月読まれていて、そこに掲載されたミドラスの庭リノベの記事に興味を持たれたそうです。「うちの庭もこんな風にやってもらいたい!」という気持ちが高まったことが庭リノベのきっかけになりました。当初は洋風のラティスを隣地との境界に希望されましたが、住まいの雰囲気や植栽を残すことを考えて和の雰囲気にすることを提案しました。和の花を中心に植栽を施し、全体的に和風テイストの落ち着いた庭が出来上がりました。

竹垣の目隠しフェンス

\ 施主様の声 /

庭の手入れや管理が大変でしたが、すっきりまとめてくれて助かりました。これからは、好きな植物を植えて庭を楽しんでいきたいです。

「サクラやアンズなど、新築当時に植えた樹木が大きくなり、また雑草がすぐに生えてきてしまうため維持管理が大変でした。また、いただいたものばかりの植物で、自分の好みの植物が少なかったことも庭リノベがしたいという気持ちになりました。

実際にお庭を担当してくれた上野さんとはツーカーで気持ちが分かりあえ、提案していただいたものもとても良いものだったので安心してお任せできました。当初は和の庭は考えていなかったので、もともとあった樹木の雰囲気から、和風の庭にして竹垣を作ることを提案されたときはちょっとびっくりしましたが、そうすることでコスト面でも満足のいくものとなりました。今回は好みの植栽にしてくれてとても嬉しかった。庭で過ごす時間が楽しみになりました。」

 


東京都小金井市 戸建て Ⅿ邸
【施工内容】伐採・剪定・除草・植栽・竹垣新設・石敷・防草シート設置・砂利敷き
【広 さ】 約30㎡
【エリア】 主庭
【工 期】 4日
【家族構成】ご夫婦・愛犬
-------------------------------------------------

竹垣、施工前の外観

Before

様々な種類の樹木、植物が雑然と植わっており、雑草対策で植えたグランドカバーも舗装エリアに侵食した状況。また、隣の敷地も見えるため、雑多な印象に。

竹垣、施工後の外観

After

残す植物の種類を絞り込み、雰囲気を統一させた上で、足元に敷石をあしらい、隙間には四季を通じて楽しめるような植栽を配置。隣地との境界を明確にし、落ち着いた和の雰囲気になるよう竹垣を提案。

point
01

モダン和風の目隠しになる竹垣

ナチュラルテイストのイングリッシュガーデン

和のイメージが強くなりすぎないように枠をつけたモダンな印象の竹垣にアレンジしています。竹垣の種類は木賊(トクサ)垣といいます。細い竹に似ているトクサのように、節のあるものを張っていくのをトクサ張りというとこから、このように竹を立てて並べる方法を木賊垣というそうです。竹垣は目隠しの役割も果たしつつ、竹の隙間から差し込むやわらかい陽射しが明るい印象を感じさせます。また、青い竹は時が経つほどに色を変え、趣の変化を楽しむことができるアイテムでもあります。

point
02

職人の丁寧な手仕事

イングリッシュガーデン、施工後の植栽

「とにかく、職人さんの手際のよさに驚きました」と奥様。「近くで竹垣を作る作業を初めて見たのですが、土地の形状に合わせ、手を真っ黒にしながら組み立てていく姿はとても素敵でした。まだ若いのに休憩中も仕事熱心に勉強されていた姿が印象的で、これからのメンテナンスも任せたいと思える姿でした」。約10mの長い竹垣は、節の感じや長さにこだわって立てられているため、流れやリズムを感じさせるデザインに。1本1本取り換えられるので、メンテナンスも楽にしています。

point
03

庭にある既存の植物や石などバランスを考えた、素材の使い方や組み合わせ

イングリッシュガーデンの植栽植物

既存物とのバランスを考え、素材の使い方や組み合わせを庭づくりの一番のポイントにしています。土部分との境界には雑草対策もかねて平板御影石をアクセントとして設置。隙間には斑入りヤブコウジやキチジョウソウなど四季を通じて楽しめるような和の植栽を。シンプルながら、乱雑になりにくい仕上がりになりました。

Gallery


イングリッシュガーデン施工後のお庭
イングリッシュガーデン施工後のお庭
イングリッシュガーデン施工後のお庭
イングリッシュガーデン施工後のお庭

完工後のお庭に訪問しました!


イングリッシュガーデン施工後のお庭

お庭が完成してから2か月後、お庭の様子を伺いに行ってきました。

すっきりと整理されたお庭に、今度植えたいと思っているユリやコケの話を楽しそうにしてくれた奥様。ご主人は花の絵を描くことが趣味で、これまでは近所の公園などに咲く花を描いておられました。お庭が完成してからは、自分の庭で咲いた花が描けるようムクゲやアジサイ、ハギなどが植えられ、花が咲くのを楽しみにされていました。

イングリッシュガーデン施工後のお庭

「庭は作って終わりではなく長くつきあっていくもの。」

また、自宅の前に娘さん夫婦の住む家を建てることを計画されているⅯ様。「そこのお庭もぜひミドラスに頼めたらと思っています。我が家とトータルでコーディネートして欲しいし、これから10年20年とお庭のメンテナンスの相談をしていけたらと思っています」とのお言葉もいただきました。元気なお孫さんが、きれいになった庭で走り回る姿が見られるのを心待ちにされていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です