アメリカハナズオウ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

アメリカハナズオウの特徴

カラーリーフもきれいな雑木風のお庭に合う落葉高木

アメリカ原産の落葉高木で、春先、枝にびっしりと小さなピンクや白色の花を咲かせて目をひきます。
アメリカハナズオウは中国原産のハナズオウよりも花が小さく、色も若干薄めです。花のあとに出てくる葉はハート型をしていてかわいらしい印象を与えます。
園芸品種も増えていて、新芽の赤紫色がきれいなフォレストパンシー、斑入りのシルバークラウド、黄金葉のハートオブゴールドなどがあり、カラーリーフとして人気があります。
また、ハナズオウが株立ちになりやすいのに対し、アメリカハナズオウは単幹で育ち、雑木風のお庭のシンボルツリーとしても活躍します。
花のあとにはうすい豆果がつき、だんだんと色が緑から褐色に変化する様子も楽しめます。

高木

落葉樹

花が咲く

紅葉

実がなる

アメリカハナズオウの育て方

おすすめの栽培環境

日なた

半日陰

北海道南部~九州

日当たり・置き場所

日なた~半日陰で育ちます。夏の暑さには弱く、水はけのよい場所を好みます。大きくなるので鉢植えには向きません。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花
結実

育て方のポイント

根付いてしまえば、雨水だけでも育ちます。
剪定は、葉を落とした後の12月以降に行います。不要な伸びすぎた枝を、花芽を切らないように剪定してください。

アメリカハナズオウの基本データ

名称
アメリカハナズオウ
学名

Cercis canadensis

科名
マメ科
樹高
3m〜5m
剪定時期
12月〜3月
開花時期
4月
結実期
5月〜6月
  • 監修者:佐々木知幸
造園家・樹木医。千葉大学園芸学部卒。森林生態学を専攻し、フィールドワークの知見を生かした庭づくりを手がける。 自然観察会を年間50回以上開催し、樹木をはじめ自然の楽しさを広める活動を続けている。

お庭に植えたい植物のキーワード一覧はこちら