カラタネオガタマ

previous arrownext arrow
Slider

カラタネオガタマの特徴

こんもりとした樹形と甘い香りの花が咲く常緑樹

つやのある葉とバナナに似た香りの花が咲く常緑樹です。品種はいくつかありますが、花弁の外側が赤く内側がクリーム色の『ポートワイン』が人気です。
枝葉が密に茂り、自然に樹形が整います。花は小さいうちから多くつき、管理のしやすさと花付きの良さが特徴です。

中高木

常緑樹

花が咲く

実がなる

カラタネオガタマの育て方

おすすめの栽培環境

日なた

半日陰

関東以南

日当たり・置き場所

半日陰でも育ち、水はけのいい場所を好みます。
寒さにやや弱く、乾いた寒風や強風を嫌いますので、なるべく強い風のあたらない場所に植えます。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花
結実

育て方のポイント

自然樹形が整いやすく、成長もゆっくりなので、あまり剪定の手間がかかりません。成長して枝葉が茂りすぎた場合は、花付きが悪くなったり、害虫が発生する可能性があるので枝を間引く剪定をして風通しをよくします。その他は、樹形を乱す枝を切ります。

カラタネオガタマの基本データ

名称
カラタネオガタマ
学名

Michelia figo

別名
トウオガタマ
科名
モクレン科
樹高
1m~
剪定時期
6月〜7月
開花時期
4月〜5月
結実期
10月〜11月
  • 監修者:佐々木知幸
造園家・樹木医。千葉大学園芸学部卒。森林生態学を専攻し、フィールドワークの知見を生かした庭づくりを手がける。 自然観察会を年間50回以上開催し、樹木をはじめ自然の楽しさを広める活動を続けている。

お庭に植えたい植物のキーワード一覧はこちら