ネムノキ(合歓の木)

ネムノキ(合歓の木)の特徴

初夏に咲くピンク色の花が繊細で美しい落葉高木

爽やかなマメ科の葉の雰囲気と、繊細な刷毛のようなピンク色の花が美しい落葉高木。花は20本ほど集まったピンク色の雄しべで、ふわっとしていてかわいらしい印象です。
葉は日が落ちると閉じて、眠ってしまったようにに見えることからネムノキ(合歓の木)の名がついたと言われています。花の後には長さ10~15㎝ほどの薄くて平べったい豆を付けます。

高木

落葉樹

花が咲く

実がなる

ネムノキ(合歓の木)の育て方

おすすめの栽培環境

日なた

東北~九州

日当たり・置き場所

もともと川や湖などの近くに自生し水が好きな樹木なので、乾燥した場所は避けて下さい。
ある程度日陰にも耐えますが、日当たりが良い場所に植えると花付きが良くなります。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花
結実

育て方のポイント

乾燥に弱いので水分が蒸発しないよう、根元をグランドカバーで覆ってあげるとよいでしょう。
剪定は特にする必要はありませんが、枝が伸びすぎてきたら、4月頃に分枝しているところで間引きます。秋~冬の剪定はなるべく避けて下さい。

ネムノキ(合歓の木)の基本データ

名称
ネムノキ(合歓の木)
学名

Albizia julibrissin

科名
マメ科
樹高
5m〜10m
剪定時期
4月
開花時期
6月〜7月
結実期
9月〜10月
  • 監修者:佐々木知幸
造園家・樹木医。千葉大学園芸学部卒。森林生態学を専攻し、フィールドワークの知見を生かした庭づくりを手がける。 自然観察会を年間50回以上開催し、樹木をはじめ自然の楽しさを広める活動を続けている。

お庭に植えたい植物のキーワード一覧はこちら