木蓮(モクレン)

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

木蓮(モクレン)の特徴

日本の環境に合うため育てやすく、気品のある花が人気の庭木

一般的に木蓮(モクレン)というと紫の花が咲く「シモクレン(紫木蓮)」のことを指すようですが、白い花の「ハクモクレン(白木蓮)」、両者を配合した「サラサモクレン(更紗木蓮)」もあります。
桜同様、春を告げる花として古くから親しまれてきました。
花芽は銀白色の毛で覆われており、葉芽が出る前に開花します。そのため開花した姿はとても見応えがあります。

高木

落葉樹

花が咲く

木蓮(モクレン)の育て方

おすすめの栽培環境

日なた

全国(沖縄以外)

日当たり・置き場所

日当り、風通しの良い場所で良く育ちます。寒さにも強く日本の環境に合うので育てやすい庭木です。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花

育て方のポイント

自然樹形でも比較的樹形が整いますが、枝がよく出るので、花後に不要な枝を剪定し枝を整理します。新葉が展開すると剪定しづらくなるので、花後すぐに行いましょう。
真っ直ぐ直立した枝や枯れ枝は付け根から切ります。込み合っている枝、長く伸びた枝も同様に剪定します。

木蓮(モクレン)の基本データ

名称
木蓮(モクレン)
学名

Magnolia quinquepeta、Magnolia liliiflora

別名
シモクレン、マグノリア
科名
モクレン科
樹高
5m〜8m
剪定時期
5月
開花時期
4月
  • 監修者:佐々木知幸
造園家・樹木医。千葉大学園芸学部卒。森林生態学を専攻し、フィールドワークの知見を生かした庭づくりを手がける。 自然観察会を年間50回以上開催し、樹木をはじめ自然の楽しさを広める活動を続けている。

お庭に植えたい植物のキーワード一覧はこちら