アメリカノリノキ‘アナベル’

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

アメリカノリノキ‘アナベル’の特徴

存在感のあるこんもりとした大きな花房

洋風のお庭によく合い、近年人気の低木です。日本原産のアジサイより比較的管理も簡単で、毎年花を咲かせてくれます。また、日なたに植えることが出来ます。
咲き進むとライムグリーン色になり、ドライフラワーとしても楽しむことが出来ます。
西洋アジサイより枝が細く、花(装飾花)の一つ一つが小さいので繊細な印象に。
アナベル以外にも数種類の品種があり、花房がより大きく茎が真っ直ぐ立ち上がる品種もあります。また、ピンクのアナベルも流通します。

低木

落葉樹

花が咲く

アメリカノリノキ‘アナベル’の育て方

おすすめの栽培環境

日なた

半日陰

北海道南部~九州

日当たり・置き場所

半日陰から日なたの環境で育てます。夏の強い西日や極端に乾燥する場所は避けましょう。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花

育て方のポイント

新しい枝に花を咲かせるので、遅くても3月までに剪定をします。
剪定は、特に決まりはありませんが、樹形を整える程度か枯れ枝を整理する程度で構いません。高すぎる場合は、好みの高さで切ります。切った所から新しい枝が出て、花数が多くなります。時期は花後か、2月~3月。
株が大きくなると枝が段々細くなるので、数年に一度地際まで切り戻します。花数は減りますが花房は大きくなります。11月~12月に行いましょう。

アメリカノリノキ‘アナベル’の基本データ

名称
アメリカノリノキ‘アナベル’
学名

Hydrangea arborescens`Annabelle’

別名
アメリカノリノキ
科名
アジサイ(ユキノシタ)科
樹高
1m〜1.5m
  • 監修者:佐々木知幸
造園家・樹木医。千葉大学園芸学部卒。森林生態学を専攻し、フィールドワークの知見を生かした庭づくりを手がける。 自然観察会を年間50回以上開催し、樹木をはじめ自然の楽しさを広める活動を続けている。

お庭に植えたい植物のキーワード一覧はこちら