シャクナゲ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

シャクナゲの特徴

半日陰でも豪華な花を咲かせる花木

洋風・和風のどちらの庭にも合う常緑低木。剪定の手間もあまりかからず、育てやすい樹木です。
とても多くの品種が出回っており、品種によって花色や花の形が異なります。半日陰で育ち、豪華で綺麗な花を咲かせるのでシェードガーデンに重宝されます。

低木

常緑樹

花が咲く

シャクナゲの育て方

おすすめの栽培環境

日なた

半日陰

全国各地

日当たり・置き場所

基本的に半日陰を好み暑さにやや弱い性質ですが、品種によっては暑さに強く日なたでも育つ種類があるので、その土地の環境に合った品種を選び育てることができます。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花

育て方のポイント

枝数が少ないのであまり剪定や刈り込みはせず、芽かきを行います。具体的には、真ん中の大きな新芽を摘み取る作業を行います。そうすることで芽が脇から複数出るので花数を増やすことが出来ます。
自然に樹形がまとまるので剪定はとくに必要ありませんが、あまりに込み合っていたりする場合は、株の内側の枝を剪定し、風通しを良くします。

シャクナゲの基本データ

名称
シャクナゲ
学名

Rhododenndron

科名
ツツジ科
樹高
1m〜1.5m
剪定時期
5月〜6月
開花時期
4月〜6月
  • 監修者:佐々木知幸
造園家・樹木医。千葉大学園芸学部卒。森林生態学を専攻し、フィールドワークの知見を生かした庭づくりを手がける。 自然観察会を年間50回以上開催し、樹木をはじめ自然の楽しさを広める活動を続けている。

お庭に植えたい植物のキーワード一覧はこちら