キンカン(金柑/きんかん)

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

キンカン(金柑/きんかん)の特徴

気軽に栽培できる小型の柑橘類

柑橘類の中では小型で、皮ごと生食できる果樹です。甘露煮にもされますが、熟していれば生でも美味しく食べられます。
株もあまり大きくならないので狭いスペースでも育てやすく、気軽に楽しめます。
年に数回開花し、一年中鑑賞できます。

低木

常緑樹

花が咲く

実がなる

キンカン(金柑/きんかん)の育て方

おすすめの栽培環境

日なた

関東以南

日当たり・置き場所

日なたを好みますので、日当りのいい場所で管理をします。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花
収穫

育て方のポイント

年に数回花が咲きますが、株を疲れさせない為に9月以降に咲いた花は、実を実らせないようにします。
あまりたくさん実らせると、翌年はあまり収穫できないので、形のいい大きいものだけを残し、他は摘果するといいでしょう。
剪定は込み合った枝を切り、株の内部の風通しや日当たりを確保します。込み合っていると病害虫の原因となります。

キンカン(金柑/きんかん)の基本データ

名称
キンカン(金柑/きんかん)
学名

Fortunella

科名
ミカン科
樹高
1m〜1.5m
剪定時期
3月〜5月
開花時期
7月〜8月、9月中旬〜10月下旬
結実期
2月〜5月
  • 監修者:佐々木知幸
造園家・樹木医。千葉大学園芸学部卒。森林生態学を専攻し、フィールドワークの知見を生かした庭づくりを手がける。 自然観察会を年間50回以上開催し、樹木をはじめ自然の楽しさを広める活動を続けている。

お庭に植えたい植物のキーワード一覧はこちら