常緑ヤマボウシ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

常緑ヤマボウシの特徴

可憐な白い花、直線的な美しい樹形が長く楽しめる常緑樹

シンボルツリーに良く使われる常緑性のヤマボウシ。自然な雰囲気を楽しめる株立ちが人気です。落葉性のヤマボウシに比べて、小さめの花を密に咲かせるのが特徴。
葉の色は明るい緑色で、秋の終わりにはぶつぶつのついた赤い実がつきます。生でも食べられますが、ジャムにすることもできます。初夏に咲く白い花は花もちが良く、たくさん花をつけた姿は圧巻です。

中高木

常緑樹

花が咲く

紅葉

実がなる

常緑ヤマボウシの育て方

おすすめの栽培環境

日なた

東北以南

日当たり・置き場所

日当たりが良く風通しの良い場所を好みます。半日陰でも育ちますが、花つきが悪くなる可能性があります。また、水はけの良い場所が好きなので、腐葉土や川砂を混ぜた土に植え付けてあげるとよく育ちます。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花
結実

育て方のポイント

常緑ヤマボウシは樹形が整いやすいので、枝が伸びて邪魔になったり、枯れたりした部分以外剪定する必要はありません。もしも剪定する場合は12~2月の寒い時期に行い、花芽を切り落とさないように注意しながら枝の分岐している場所のすぐ上で切るようにします。

常緑ヤマボウシの基本データ

名称
常緑ヤマボウシ
学名

Cornus hongkongensis

別名
ホンコエンシス
科名
ミズキ科
樹高
5m
剪定時期
12月〜2月
開花時期
6月〜8月
結実期
10月〜11月
  • 監修者:佐々木知幸
造園家・樹木医。千葉大学園芸学部卒。森林生態学を専攻し、フィールドワークの知見を生かした庭づくりを手がける。 自然観察会を年間50回以上開催し、樹木をはじめ自然の楽しさを広める活動を続けている。

お庭に植えたい植物のキーワード一覧はこちら