MIDOLAS

LOGIN

お庭・外構リノベの基礎知識

01.お庭・外構リノベの基礎知識

「何から手をつければよいやら・・・」「どこに頼めばいいの?」「どのぐらい費用がかかるのかわからず不安」と放置気味のお庭やおうち周りのエクステリアはありませんか?
まずはお庭づくりや外構工事の進め方を、各ステップのポイントも交え、わかりやすく解説していきます。

Step.01 まずはイメージや
目的を固めよう

庭づくりであれば「過ごす場所」なのか、「家から眺めたい場所」なのかの2点から、外構であれば「工事する場所」と「叶えたい機能」などを、おおまかに整理しておきます。

お庭づくりの場合
お庭を過ごす場所として考える場合

だれとどのようにして過ごすのか、どんな時間帯に利用したいかなどを整理しておきます。
理想のシーンを思い浮かべることで、水栓がほしい、棚がほしいなど具体的に欲しい機能がわかります。ウッドデッキやパーゴラなど、大がかりな造作がある場合は、会社選びにも関わってきますので、最初に要望をまとめておくことが肝心です。
どこから出入りするかの確認も忘れずにしておきましょう。

お庭を眺めたい場所として考える場合

四季を楽しめるお庭や、夜に映えるお庭など、いつ・どこから眺めるのか、どのように見せたいのかをまずはイメージしておきます。

Point お庭のメンテナンスについて

どんな植物でも必ずお手入れは必要です。メンテナンスは自分でどのくらいできるかイメージしておきましょう。
お手入れの許容範囲に応じて植栽の種類・量を考えると、後々お手入れのストレスが少なくおすすめです。
水やり、剪定、害虫対策、落ち葉掃除はどれくらいなら無理なくできるか、お手入れは自分達でやるかプロに頼むつもりかどうかも検討しておくとプランを決めるときの判断基準になります。
背伸びせずにありのままを伝える準備をしておきましょう。

外構工事の場合

外構工事はまず、工事する場所と叶えたい機能を整理することから始めます。
例えば、
・外から家の中が見えないようにしたい
・玄関が道路に接しているので、こどもが道路に飛び出さないようにしたい
・古くなった門柱を新しくしたい
といった欲しい機能を整理するだけで、ざっくりとした施工プランが決められます。

施工事例を見ながらイメージに合うお庭のデザインや、設置したいアイテムのデザインや素材などをメモしておくのも良い方法です。

施工事例
Step.02 予算や工事完了時期を
検討しよう

お問い合わせ時に予算はどのぐらいで検討しているか、どのぐらいの時期に工事がしたいか、
あらかじめ考えておくと良いでしょう。

予算について

工事費用は資材費や作業をする工賃以外にもかかる場合があります。
また、金額が決まる基本的な考え方を知ることで工事の優先順位が考えやすくなります。

Point 予算は正直に伝えよう

「とりあえず上限予算より低めに伝えよう…」初めての相談、心配だからそう考える方もいますよね。
プラン内容は予算に大きく左右されるので正しい予算を伝えないと、ご要望の優先順位の整理からスタートするため最適なプランになるまで遠回りすることに。
上限予算をはじめに伝えた上で費用を下げるためのアドバイスをもらうのが、納得できる庭づくり・外構工事の近道です。

基本的な考え方は「工事費用の考え方」にまとめましたので、ぜひご覧ください。

工事費用の考え方 施工日について

ご契約後に材料の手配や施工準備などの各種調整を行います(プラン内容による)。そのため、ミドラスでは施工スケジュールの確定までに1〜2週間ほどお時間をいただきます。
スケジュール確定後、すぐに工事を行う場合もあれば、着工までお時間を要する場合もあります。大規模な工事をお考えの場合は早めに問い合わせると良いでしょう。

Point 庭づくりや外構工事は気候に左右されやすい

屋外での作業なので、天気や温度・湿度が工事進捗にも関係してきます。
安定している春や秋は工事件数も多く混雑している時期です。春秋に工事完了を予定している場合は、早めにお問い合わせを始めましょう。
また、真夏や真冬の植栽工事は植え替えた植物が根付きづらく弱りやすいためお勧めしていません。
気候の影響を気にせず工事ができるエクステリアを夏や冬に行うのがスムーズです。

Step.03 依頼先を探して契約

庭づくりやエクステリアを請け負う会社や、地元の造園会社、
ホームセンターなど、対応できるところはいろいろあります。
気になる会社のホームページを見て、好みに合う事例や自分たちが希望するプランの実績が多い会社に絞り、
資料請求などをしてみましょう。
コンタクトをとることで、会社の雰囲気や対応もわかり、依頼先との相性確認もできると思います。
メンテナンスのことを考え、工事後も継続して長く安心して付き合える会社を選ぶと良いでしょう。

Point お問い合わせ時にあると良いもの

・建築図面
・工事したいエリアの写真

ミドラスではお庭づくりと外構工事の両方で複合的な工事が可能なので一括で対応できます。
また、工事後のお客様のお庭や外構の使い勝手や過ごしやすさを踏まえて設計を行いご提案させていただいています。

ミドラスとは
Step.04 施工準備

契約後、材料の手配や施工準備などの各種調整があり、施工日程が確定します。
施工開始日までに、工事に関係ないものや間違えて撤去されて困るものは予め整理しておくと、
工事の際にトラブルにならず困りません。
また、騒音が出る工事が想定される場合は、近隣の方に事前にお話してあると安心です。
ミドラスでは、想定されるお客様には事前にお知らせします。
また、工事当日にも近隣の方へご挨拶に伺いますのでご安心ください。

Point 材料手配はプロに任せよう

外構初心者が自分で手配するのは、トラブルにつながりやすく失敗の元に。
要望に沿った機能性の高い材料の目利きや手配はプロに任せるのが失敗がなく、工事もスムーズで安心です。
ミドラスでは、支給材料(お客様自身で購入した材料)の設置作業は受付ていません。工事の品質、作業費の追加等、ご迷惑をおかけする可能性があるため支給材料の作業はお断りしています。

Step.05 施工
工事の立ち合いについて

通常、着工日の施工内容の最終確認時と、工事完了日のご確認は立ち合いが必要になります。
共働きのご家庭ではずっと立ち合わないと工事が進まないの?お休みの調整はどうしよう?など気になるところだと思います。
ミドラスでは留守中でも工事可能です。
確認事項などは施工担当者からご連絡します。
また、地中状況の確認など、当日でないとわからない重要な確認事項がある場合には、工事現場の立ち合いをお願いする場合がありますが、その際は事前にご相談いたします。

工事時間について

工事開始は8:00~9:00、終了は17:00~18:00が一般的です。交通状況によって前後する場合や、天候・作業進捗によって日程変更や日程延長をする場合があります。

その他の注意事項

工事内容によって、工事車両の駐車スペース確保や資材運搬経路の関係で車の移動をお願いする場合があります。
また、水道・電気の拝借をお願いする場合もあります。
※車の移動、水道・電気をお借りする事が難しい場合は、別途料金がかかる場合があります。

Point 荒れたお庭は工事を2回に分ける
※一回の工事で済む場合もあります

荒れてしまったお庭の場合、土の下まで十分な調査ができないことがあり適した工事・安全な工事が可能かが判断しにくくなります。 下記のように工事を分け、1回目工事後最適なプランに最終調整します。

工事1回目:お庭の整理&調査(除草・選定・不要物の撤去)

工事2回目:理想の空間づくり
スタッフがおすすめの工事の進め方をご提案します。まずはお気軽にご相談ください。

Step.06 施工後

工事完了日は立ち合いで工事箇所の確認をするのが一般的です。
傷や汚れなどの気になる点、間違っている箇所はその場で確認して伝えましょう。
後日の連絡だと説明が難しかったり、施工時のものかどうかがわからずトラブルになりやすいです。
直す場合は日程調整して再度工事の手直しを行います。
ミドラスでは現地での完了確認後、メールでお送りする施工完了確認書にサインしてもらい完了となります。

その他、ミドラスのサービスで気になる点はよくあるご質問にもまとめています。
こちらもご覧ください。

よくあるご質問
02.ミドラスでお請けできない工事
できない範囲

建築確認申請が必要な、屋根があるものや建物の外壁に加工する必要があるものの工事
具体的には
・カーポート
・建物の壁に固定するタイプのオーニングや照明
・建物の壁のコンセント増設
・パーゴラの壁付タイプや固定の屋根があるもの
・擁壁や高さのある土留
また、ミドラスでできない範囲の工事でも同じような機能がご提案できますので、お気軽にご相談ください。

03.工事費用の考え方

「工事費用」には様々な物や作業費用が含まれています。また、金額と見た目や素材、サイズなどの関係性がわかると、お庭や外構づくりの優先順位が立てやすくなるでしょう。
そんな工事に関する「お金」の基本的な考え方を説明します。

04.お庭・外構リノベの用語集

初めての庭づくりや外構工事では聞き慣れない、名前のわからないアイテムや場所が出てきます。
ご相談時にも活用できるよう、写真とテキストで説明します。

ミドラスの施工事例

これまでミドラスが施工した多くの事例をご紹介します。

お庭・外構について
お気軽にご相談ください。