マルバノキ

previous arrownext arrow
Slider

マルバノキの特徴

ハート型の可愛い葉っぱが特徴の落葉樹

丸みを帯びたハート型の葉っぱで、紅葉がきれいなのが特徴。株立ちで雑木風のナチュラルなお庭によく似合います。
通常花が咲いてから芽吹くものが多いですが、葉が落ちた後に花が咲く珍しい樹木です。
花は紅色で星形のような形をしていて、マンサクによくにていることからベニマンサクとも呼ばれています。
実もハート型の可愛らしい実がなります。

中高木

落葉樹

花が咲く

紅葉

実がなる

マルバノキの育て方

おすすめの栽培環境

日なた

半日陰

東北~九州

日当たり・置き場所

耐陰性があるので、日陰でも育ちます。
日なたの方が紅葉の色づきがよいですが、日陰だと緑、黄色、赤とゆっくりと変化していく3色の葉の色を楽しむことができます。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花
結実

育て方のポイント

マルバノキは比較的どこの場所でも育つ強い樹木です。
成長がゆっくりなので、邪魔にならない部分以外は剪定をする必要はありません。
自然に樹形も整い、手入れも楽なので、シンボルツリーにもおすすめです。
乾燥しすぎると葉が落ちてしまうので、適度に水やりをし、根元をマルチングしてあげるとよいでしょう。

マルバノキの基本データ

名称
マルバノキ
学名

Disanthus cercidifolius

別名
ベニマンサク
科名
マンサク科
樹高
1m〜3m
剪定時期
12月〜2月
開花時期
10月〜11月
結実期
9月〜10月

おすすめの記事