フェイジョア

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

フェイジョアの特徴

花も実も食べられるシンボルツリーに人気の常緑樹

洋風の庭によく合い、シンボルツリーとしても人気の常緑樹です。
樹形がきれいに整いやすく、葉は雰囲気の似たオリーブよりも大きく裏側が白いのが特徴で、赤味がかった幹との取り合わせは抜群のの存在感です。
また、大きくなりすぎず、常緑ということから生垣にも使われます。
実は梨のような味で、すでに落ちている実を収穫しましょう。固いまま収穫した場合は1週間ほど置き、追熟してから食べます。花は甘い香りがし、実と同様食べることが可能。

中高木

常緑樹

花が咲く

実がなる

フェイジョアの育て方

おすすめの栽培環境

日なた

半日陰

関東以南

日当たり・置き場所

日当たりがよく、水はけのよい場所を好みます。防風林になることもあるほど風には強いですが、果実が傷だらけになるので強風が吹き付ける場所に植えたり置いたりするのは避けましょう。塩害に強いので、海の近くなどでも育ちます。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花
結実

育て方のポイント

耐寒性があり塩害や刈り込みにも強い樹木で、初心者でも育てやすいのが特徴。
実を付けるためには1種類ではうまく受粉ができないため、違う品種のものを植える必要があるので気を付けましょう。
乾燥を嫌うので、夏は朝夕2回の水やりが必要です。剪定は3月〜4月。伸びすぎた枝葉を間引くように剪定してあげましょう。

フェイジョアの基本データ

名称
フェイジョア
学名

Acca sellowiana,Feijoa sellowiana

科名
フトモモ科
樹高
2m〜3m
剪定時期
3月〜4月
開花時期
6月〜7月
結実期
10月〜12月
  • 監修者:佐々木知幸
造園家・樹木医。千葉大学園芸学部卒。森林生態学を専攻し、フィールドワークの知見を生かした庭づくりを手がける。 自然観察会を年間50回以上開催し、樹木をはじめ自然の楽しさを広める活動を続けている。

おすすめの記事