エゴノキ

previous arrownext arrow
Slider

エゴノキの特徴

枝いっぱいに咲く白い花が美しい落葉樹

エゴノキは下向きに咲く白い花とつり下がるようになる実が特徴。
野趣あふれる樹形で雑木林風のお庭のシンボルツリーによく使われます。実には毒があり、えぐみがあることからこの名がついたといわれています。

中高木

中木

落葉樹

花が咲く

実がなる

エゴノキの育て方

おすすめの栽培環境

日なた

半日陰

北海道南部~九州

日当たり・置き場所

日なた、半日陰を好みます。
ただし強い光で葉が焼けてしまうことがあるので、西日があたらない場所がよいでしょう。寒さにも強い樹種です。

育て方カレンダー

時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植え付け
剪定
開花

育て方のポイント

エゴノキは日なた、半日陰好きな樹木ですが、葉が焼けやすいので西日の強い場所などは避けて植え付けしてあげるとよいでしょう。
湿り気のある土壌を好み、水を必要とするので地植えの場合でも、夏場の渇水などで地面が乾いたらたっぷりとお水をあげてください。

エゴノキの基本データ

名称
エゴノキ
学名

Styrax japonica

別名
ロクロギ、チシャノキ
科名
エゴノキ科
樹高
5m
剪定時期
12月〜2月
開花時期
5月〜6月
  • 監修者:佐々木知幸
造園家・樹木医。千葉大学園芸学部卒。森林生態学を専攻し、フィールドワークの知見を生かした庭づくりを手がける。 自然観察会を年間50回以上開催し、樹木をはじめ自然の楽しさを広める活動を続けている。

おすすめの記事