施工事例No:25453

大切な思い出を受け継ぐお庭リフォーム

Before

施工事例before画像

After

施工事例after画像

お客様のご要望

植木の管理が大変になったお庭をリフォーム。石敷き舗装で雑草の生えにくい手入れの楽なお庭に生まれ変わりました。既存の石材や灯篭、池を活かし、お父様の代に作られたお庭への想いも大切に残しました。

1 お客様の声「元々あるものを活かして思い出のエッセンスを残してくれたのがとても感激しました」

施工事例詳細画像
施工事例詳細画像
施工事例詳細画像
施工事例詳細画像
施工事例詳細画像

嬉しかったのは、父の代からあるものを再利用してくれたことです。全て壊して全く新しくするのではなく、灯篭や石材、池など元あるものを活かして思い出のエッセンスを残してくれたのが感激しました。大きく成長してしまった樹木を何とかしなければと思いながらも、生前父が植えた思い入れのある庭をまっさらにするのはためらいもありました。だから元々ある素材を活かして”庭リノベ”してもらえてすごく変満足しています。

2 グリーン系の植物で植栽

植栽スペースはグリーンのグラデーションカラーでまとめ、クリスマスローズはかわいらしいピンクの花がアクセントに。

3 ガビオンで雰囲気よく目隠し

むき出しに見えていた池に水を送るポンプ。ガビオンという鉄のラックに石を詰めた”石の壁”で目隠しする方法をご提案しました。

4 絶妙なバランスで配置された"鉄平石"

舗装面積を増やし土の部分を少なくすることでローメンテナンスなお庭に。施した舗装は伊勢砂利と鉄平石舗装です。お庭にあった既存の石を再利用して新しい石材と組み合わせています。鉄平石は単純な乱張りではなく、ところどころ目地を横に通して奥行きを出すという職人の技が目を引きます。

5 ミドラスからの提案

譲り受けた実家のお庭に植わっていたモッコウバラや大王松などの庭木。育ち過ぎて隣地へも伸びていました。ミドラスではゼロからお庭を整理してリフォームすることをご提案。
植物を伐採・剪定して整え、土の部分は石敷きと砂利舗装を施します。雑草の生えにくいお手入れの簡単なお庭になりました。
既存の石材を活用し、新しい石材と組み合わせて、職人が石張りを施しました。
池に水を送るポンプをガビオンで目隠ししたり、石灯籠もお父様の代から使っていたものを再利用したりして、昔から思い出の残る素材をうまく引継ぎながら、整ったお庭に生まれ変わりました。

施工 2018年01月/神奈川県鶴見区
施工価格

200万円〜

素材

敷石

砂利

サイズ

約20㎡

目的

雑草対策・雑草が生えにくいお庭

キーワード

乱形石

あなたのお庭はいくら?

かんたん料金シミュレーション

人気の施工事例から見つける