施工事例No:25398

真砂土舗装と砂利敷きで和風モダンなお庭

Before

施工事例before画像

After

施工事例after画像

お客様のご要望

家の建て替えに伴い、お庭づくりも一から考えたいとミドラスにお問い合わせ頂きました。
以前からお庭にあった植物や和風テイストの置物を活かしつつ、新築のお家に合う木漏れ日が美しいお庭にリニューアルしました。

1 雨の後もすぐにお庭に出たくなる空間へ

施工事例詳細画像
施工事例詳細画像
施工事例詳細画像

日当たりが悪く土がむき出しの状態だったお庭。雨が降るとぬかるむため、使い勝手も悪く景観もあまり良くない状態でした。今回、歩いても靴が汚れないように通路を整備。モダンな木柵調の室外機カバーを設置し、通路脇は砂利舗装することで雰囲気の良い空間に変わりました。

2 奥行を感じる演出

玄関脇からお庭へとつながる通路を整備。自然とお庭への誘導ができます。お庭の通路はあえて曲線の形にすることで奥行きを演出。通路脇の植栽は、緑を感じながら庭を通り抜けられるように計画しました。

3 既存樹木や置物を活かしたお庭

通路の舗装には自然な風合いが出る土舗装を使用して、無機質にならないよう考慮。歩きやすく掃除も楽な仕上げです。
もともとお庭にあった石臼や水鉢を活かし、既存樹木を剪定してすっきりと整え、日陰でも楽しめるカラーリーフを中心とした植栽を施しました。

4 雑草対策と季節を感じる植栽スペース

建物外周部(主庭の反対側)はベースを砂利にすることで雑草対策を行っています。砂利を敷くことにより、建物への泥ハネ抑制効果も期待。土の部分も残し、施主様ご要望のハナミズキなどを植える植栽スペースをつくりました。季節ごとに咲くお花や豊かな緑を楽しんでいただけます。

5 ミドラスからの提案

お家の建て替え後、庭だけがそのままになっているため庭作りの提案をしてもらいたい、というご相談でした。お庭のみ変わらずに取り残されている印象でしたので、新築されたお家の玄関アプローチから庭につながる動線を整備し、庭の景観を良くして庭と家がしっかりとなじんでつながるプランをご提案。既存樹木や和風の置物を活かし、あまり日が当たらない場所でも明るい雰囲気を楽しめる斑入りや銅葉などのカラーリーフを中心に、季節ごとに観賞できる草花を組み合わせて植栽をつくりました。木漏れ日が美しい、柔らかい自然な風合いを感じる和風モダンテイストのお庭に変わりました。

施工 2018年08月/東京都大田区
施工価格

50〜75万円

素材

砂利

サイズ

約46㎡

施工場所

犬走り

園路

キーワード

真砂土(まさ土)

お問い合わせの前に外構工事の
費用やサービスについて詳しく知りたい方はこちら

人気の施工事例から見つける