暑い夏の夜の過ごし方~お庭で食べる夕飯のご提案~

最近の夏は、じっとしているだけで汗が噴き出してくるような暑さです。太陽が沈み始め、夜が近づいてくると少しほっとしますよね。風が昼間の湿気を洗い流してくれ、空気に優しさすら感じます。夏は夜が魅力的な季節です。
夏にお庭で涼を取るのは、変わらない日本の夏の過ごし方。昔は、縁側で夕食後の西瓜を食べたりお庭で花火をしたり、そんな風に夏の夜を過ごしたものでした。
そんな昔の夏の夜の過ごし方に倣うように、お庭で夏の夜を過ごしませんか。

家の中は生活する場所、お庭は眺めたりお庭いじりをしたり時々出る場所。そんな風に考えてませんか。もったいない!お庭もお家の一部です。お庭を壁のないリビング、つまりアウトドアリビングとして見直してみてください。 お庭をアウトドアリビングとして使ってみると、単純に生活スペースが広がるだけでなく、お庭と共に生活している実感を得られるようになります。 また、天井も壁もない場所で過ごす開放感を得られます。エアコンではない自然の風を楽しむことがどんなに体に心地いいかを思い知らされます。自然と一体化する心地好さや幸福感は、キャンプに行かなくても、こんなに近くにあるんです。 夕飯だっていつもと同じメニューでも、いつもと違う場所で食べることで新鮮さが出ます。子供たちはイレギュラーが大好きです。夕飯の時間を楽しんでくれるようになります。つまりお庭をアウトドアリビングにすることは、家族がそろって食事を楽しむ機会が増えるということに繋がります。 お庭をアウトドアリビングとして使えるのは気温が高い時期だけの楽しみです。

お庭はアウトドアリビングという考え方

家の中は生活する場所、お庭は眺めたりお庭いじりをしたり時々出る場所。そんな風に考えてませんか。もったいない!お庭もお家の一部です。お庭を壁のないリビング、つまりアウトドアリビングとして見直してみてください。
お庭をアウトドアリビングとして使ってみると、単純に生活スペースが広がるだけでなく、お庭と共に生活している実感を得られるようになります。
また、天井も壁もない場所で過ごす開放感を得られます。エアコンではない自然の風を楽しむことがどんなに体に心地いいかを思い知らされます。自然と一体化する心地好さや幸福感は、キャンプに行かなくても、こんなに近くにあるんです。
夕飯だっていつもと同じメニューでも、いつもと違う場所で食べることで新鮮さが出ます。子供たちはイレギュラーが大好きです。夕飯の時間を楽しんでくれるようになります。つまりお庭をアウトドアリビングにすることは、家族がそろって食事を楽しむ機会が増えるということに繋がります。
お庭をアウトドアリビングとして使えるのは気温が高い時期だけの楽しみです。

お庭で夕飯を食べ、食後の時間をゆったり過ごすと、夜風の心地好さを感じることでしょう。植物と土は空気を冷やします。アスファルトやコンクリートのように熱を保つようなことはありません。室内のエアコンも使用しなくなりますから、室外機の熱風も出てこなくなります。土と植物があるお庭は夜になると思っていた以上に涼しいことを実感します。お庭はますます居心地のいい場所となっていきます。 家族みんながお庭で過ごす時間を楽しめるようになると、自然とみんなでお庭の話をするようになるでしょう。夏の夜のお庭でゆったりとした時間を過ごしながら「次は何を植えようか」なんて会話ができるようになったら素敵ですね。

ますますお庭を植物でいっぱいにしたくなる!そのわけは?

お庭で夕飯を食べ、食後の時間をゆったり過ごすと、夜風の心地好さを感じることでしょう。植物と土は空気を冷やします。アスファルトやコンクリートのように熱を保つようなことはありません。室内のエアコンも使用しなくなりますから、室外機の熱風も出てこなくなります。土と植物があるお庭は夜になると思っていた以上に涼しいことを実感します。お庭はますます居心地のいい場所となっていきます。
家族みんながお庭で過ごす時間を楽しめるようになると、自然とみんなでお庭の話をするようになるでしょう。夏の夜のお庭でゆったりとした時間を過ごしながら「次は何を植えようか」なんて会話ができるようになったら素敵ですね。

お庭で夕飯を食べるのはとっても簡単なことです。テーブルとイスを出して、夕飯を並べるだけ。動かせるような軽量のテーブルとイスがなかったら、お庭にブルーシートを敷いてみませんか。キャンプのような気分を味わえて、子供たちも大喜びです。  暗い中では食事はできませんから、明かりも必要です。室内で使っている動かすことのできる照明で十分です。コードさえ引いてこれれば問題ありません。照明を外に出したままにしたければ、屋外用の防水加工された照明をご用意ください。 照明だけではなく、キャンドルを点すのも素敵ですよ。キャンドルの優しい明かりは心を落ち着かせてくれます。 あとは虫除けさえ用意すれば、もう完璧です。

とっても簡単なアウトドアリビングの準備

お庭で夕飯を食べるのはとっても簡単なことです。テーブルとイスを出して、夕飯を並べるだけ。動かせるような軽量のテーブルとイスがなかったら、お庭にブルーシートを敷いてみませんか。キャンプのような気分を味わえて、子供たちも大喜びです。

暗い中では食事はできませんから、明かりも必要です。室内で使っている動かすことのできる照明で十分です。コードさえ引いてこれれば問題ありません。照明を外に出したままにしたければ、屋外用の防水加工された照明をご用意ください。
照明だけではなく、キャンドルを点すのも素敵ですよ。キャンドルの優しい明かりは心を落ち着かせてくれます。
あとは虫除けさえ用意すれば、もう完璧です。

お庭にウッドデッキを貼ってみましょう。屋外なのに、まるでフローリングの床のようなイメージになります。さらに室内がフローリングなら、室内の板の向きとウッドデッキの板の向きを同じ方向に揃えます。窓の出入りする高さとウッドデッキの高さを揃えるのもおすすめです。(お家を立てる際に検討が必要 掃出しがフラットになる専用サッシである必要があります。)こうすることによって、外と中との一体感が強調されます。 お庭イコール外という概念が無くなっていくので、さらに家族が気軽に集まりやすい場所になり、室内から眺めた時のイメージも変わります。また、室内の床とウッドデッキに繋がりを作ることで、室内も広くなったように感じられます。

ちょっと上級なアウトドアリビングの作り方
お庭にウッドデッキを貼ってみましょう。屋外なのに、まるでフローリングの床のようなイメージになります。さらに室内がフローリングなら、室内の板の向きとウッドデッキの板の向きを同じ方向に揃えます。窓の出入りする高さとウッドデッキの高さを揃えるのもおすすめです。(お家を立てる際に検討が必要 掃出しがフラットになる専用サッシである必要があります。)こうすることによって、外と中との一体感が強調されます。
お庭イコール外という概念が無くなっていくので、さらに家族が気軽に集まりやすい場所になり、室内から眺めた時のイメージも変わります。また、室内の床とウッドデッキに繋がりを作ることで、室内も広くなったように感じられます。

お庭で過ごす時間をさらに幸せにしてくれる魔法をお伝えします。それは、「収穫」です。お庭で摘んだハーブやフルーツをさっと洗って食卓へ運びましょう。わさわさ伸びるローズマリーを摘み取ってお肉と一緒にグリルしたり、香りいっぱいのバジルをちぎって、トマトと一緒にパスタに和えたり、デザートにはブルーベリーの実を摘んで食べたり。 目の前に生えているものを自分の手で摘んで食べる、とても幸せで大切なことです。この大切なことを家族みんなで分かち合えます。

お庭で過ごす時間をもっと幸せにする収穫の楽しみ
お庭で過ごす時間をさらに幸せにしてくれる魔法をお伝えします。それは、「収穫」です。お庭で摘んだハーブやフルーツをさっと洗って食卓へ運びましょう。わさわさ伸びるローズマリーを摘み取ってお肉と一緒にグリルしたり、香りいっぱいのバジルをちぎって、トマトと一緒にパスタに和えたり、デザートにはブルーベリーの実を摘んで食べたり。
目の前に生えているものを自分の手で摘んで食べる、とても幸せで大切なことです。この大切なことを家族みんなで分かち合えます。

グランピングやバーベキューのような仰々しいことは必要ありません。ただ自宅のお庭で夕飯を食べるだけです。それだけのことが家族みんなを楽しい気分にしてくれます。いつかみんなが成長して家族揃って食事をする機会が減ったとしても、お庭で食事をした、その時間の楽しい記憶は残ります。 お庭はアウトドアリビングです。お庭で過ごす時間が増えるとお庭への愛着が湧いてきます。お庭で過ごす時間を増やしてみませんか。

お庭で夕飯を食べるだけで幸せになれます
グランピングやバーベキューのような仰々しいことは必要ありません。ただ自宅のお庭で夕飯を食べるだけです。それだけのことが家族みんなを楽しい気分にしてくれます。いつかみんなが成長して家族揃って食事をする機会が減ったとしても、お庭で食事をした、その時間の楽しい記憶は残ります。
お庭はアウトドアリビングです。お庭で過ごす時間が増えるとお庭への愛着が湧いてきます。お庭で過ごす時間を増やしてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です