落ち着いた空間を作り出す和風モダンな庭のすすめ

日本庭園に佇む灯篭と手水鉢

日本の庭の美しさを現代風にアレンジした和モダンな庭は、すっきりと落ち着いた空間を作り出します。砂利を敷き、石を組み、余分なものを置かず、植物もできるだけ最小限にするので、雑草がひどくて手がつけられない、土の部分をなるべく少なくしたいといった庭の困りごとを解決できます。また日本庭園は北向きに作られることも多く、日があまり当たらない場所こそ似合う庭なのです。

日本庭園と苔

和モダンな庭にするためのポイント

シンプルでモダンな印象の庭を作るためには、色味のベースをなるべく少なくして直線的で無機質なデザインにします。そこに、和のアイテムや和の植物を配することで、クールでありながらも繊細で美しい和モダンの庭を作り出すことができます。

和風のアイテムを使う…茶室などで使われるつくばいや灯篭、陶器の水がめといったアイテムを据えたり、竹や石材、木材など自然の素材で作られた仕切りなどを使用するとより雰囲気がでます。

日本の美しい四季を感じられる植物を…1本でも樹形がきれいなものを選びましょう。イロハモミジ、ヒメシャラ、ハナミズキ、サルスベリ、サツキ、梅、桃、ツバキなど。低木や地被は日陰でも育ちやすいツワブキ、コケ、シダなど。

ちょっと個性的な植栽やアイテムを取り入れる…和のエレメントだけにこだわらず、レンガや枕木を使ったり、植栽にサボテンやオーストラリアプランツなどの個性的な植物を植えると空間が引き締まり、モダンな雰囲気を作り出します。

和風庭園と坪庭

和モダンな坪庭を作ってみる

四季折々の樹木のうつろいを家にいながらにして楽しめることが坪庭の醍醐味です。住まいに坪庭を作ると、その分住居の面積が狭くなってしまいますが、実は坪庭を作ったほうが空間に広がりをもたらす効果があります。光が入ることや、壁がないことで圧迫感がなくなり、視覚的に広がりを感じられるからです。また、緑があることでリラックス効果をもたらします。大きな庭を作ることができなくても、浴室や和室、寝室などの掃き出し窓やフィックス窓の向こう側に坪庭を作れば、まるで生きている絵画のように室内空間を彩ってくれます。

和モダンな玄関アプローチ

砂利を使って作る和モダンなアプローチ

お庭の困りごとのひとつに、アプローチの雑草がすぐに生えてきたり、土壌が表面に出ているので靴が汚れてしまうなどといったことを聞きます。アプローチに砂利を敷くことで、その悩みを解決することができます。写真のお宅では、黒の那智黒石を敷いて白の踏み石を斜めに据え、メリハリのある和モダンデザインのアプローチを完成させました。雨に濡れるとアプローチが黒く光って見え、晴れの日との景観の変化をもたらしています。

砂利の種類・効果

色や形などさまざまなので、そのお庭に合った雰囲気の砂利を選びます。一般的によく使われるのは化粧砂利で、中でも那智黒砂利や伊勢砂利などが和風の庭に使われます。また、小さな砂利は踏むと音がなるので防犯効果にも役立ちます。

砂利の敷き方

砂利を敷くだけでは防草効果は完全ではありません。砂利の間から雑草が生えると逆に砂利が邪魔になって除去しにくくなってしまいます。そのため、砂利を敷く前には雑草を根っこから除去することが大切です。特にスギナや笹など、繁殖力の強い草がある場合は残さないように注意しましょう。雑草をしっかりと除去したうえで固く整地してから防草シートを敷きます。防草シートを敷き詰める際に、設備枡(雨水、汚水)や建物基礎との境目は出来るだけ隙間なく敷かないと隙間から雑草が出てきます。きちんと整地がされていないと、せっかく砂利を敷いても地面が見えてしまったり、雨が降ったりすると砂利が沈み、高低差ができてしまいます。また、砂利を敷くときに地面が平らになっていないと、雨などで砂利自体が流れてしまうことがあります。土地がのり面になっているときには、土止めをする必要もあったりと、なかなか大変なことも多いものです。

ミドラスでは、雑草対策から和モダンなお庭のご提案・施工までを行っております。お庭のリノベーションは、専門の業者に任せてしまうのが安全で便利です。どうぞお気軽にお問合せください。

 

和モダンのお庭事例

ミドラスでは、現代風にアレンジした和モダンのお庭をいくつも手掛けています。実際の事例はこちらからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です