キンモクセイ(金木犀)の季節|剪定から庭での地植えや鉢植えでの育て方まで

キンモクセイ(金木犀)とは

学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus 科名:モクセイ科 分類:常緑小高木 原産地:中国 花期:9-10月 キンモクセイは秋になると香りの良い花を咲かせるモクセイ科の常緑高木です。光沢のある葉が密集するような樹形なので、お庭の目隠しとしてよく植えられます。 花が咲くと、その香りに誘われてキンモクセイの存在に気付きますが、普段はあまり目立たない庭木です。 キンモクセイは白花を咲かせる同じモクセイ科のギンモクセイ(Osmanthus fragrans)の変種とされています。実は日本にはキンモクセイの雌株というものが存在しません。つまり結実して種子で増えることはありません。日本に現存するキンモクセイは挿し木で増やしたものばかりなのです。
  • 学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus
  • 科名:モクセイ科
  • 分類:常緑小高木
  • 原産地:中国
  • 花期:9-10月

キンモクセイは秋になると香りの良い花を咲かせるモクセイ科の常緑高木です。光沢のある葉が密集するような樹形なので、お庭の目隠しとしてよく植えられます。

花が咲くと、その香りに誘われてキンモクセイの存在に気付きますが、普段はあまり目立たない庭木です。

キンモクセイは白花を咲かせる同じモクセイ科のギンモクセイ(Osmanthus fragrans)の変種とされています。実は日本にはキンモクセイの雌株というものが存在しません。つまり結実して種子で増えることはありません。日本に現存するキンモクセイは挿し木で増やしたものばかりなのです。

目次に戻る≫

キンモクセイ(金木犀)の香りと季節

キンモクセイの花が咲くのは秋、9月の終わりから10月上旬くらい。香りの良い小さなオレンジ色の花を枝の先にも途中にもたわわに咲かせます。

キンモクセイの香りは甘く優しく、鼻腔の奥に残るような印象的な香りです。さらにキンモクセイの香りは風に乗って遠くまで飛んでいきやすいという特徴があります。このせいかキンモクセイの花の姿はあまり記憶にないけど、香りだけは覚えているという人も多いようです。

目次に戻る≫

キンモクセイ(金木犀)の育て方

キンモクセイはお庭や公園、街路樹等、至る所に植えられている常緑高木です。日本の気候に適しているようで、大した世話をせずとも花を咲かせてくれます。

キンモクセイ(金木犀)の植え付け

キンモクセイは春の3~4月くらいに植え付けます。秋でもいいのですが、春の方が植え付け後の生育が良いです。真夏や真冬は根付くまでの負担が大きくなるので避けましょう。根鉢の二回りくらい大きな穴を掘って、腐葉土をたっぷり漉き込んで植え付けます。植え付け後は水たまりが出来るくらいたっぷりと水やりを行い、根を安定させるようにします。

キンモクセイ(金木犀)の日常の管理

キンモクセイは日本の気候に馴染み易く、とても育てやすい庭木です。大した世話をしなくても毎年花を咲かせてくれます。

稀に日当たり、風通しが悪いとカイガラムシがつくことがあります。幹の裏側や枝の下側等を確認し、見付け次第歯ブラシなどでこそぎ落とします。土に落ちたカイガラムシは登ってきません。

目次に戻る≫

キンモクセイ(金木犀)の鉢植えの育て方

キンモクセイは生長が早く高木になるので鉢植えには向かないと言われていますが、鉢植えでも育てることは出来ます。あまり大きくしたくないのであれば適宜剪定を繰り返すことでサイズを管理することも出来ます。

目次に戻る≫

キンモクセイ(金木犀)の植え替え

キンモクセイは根をいじられることを嫌います。庭植えのキンモクセイは根付いてからは植え替えは行わないようにしましょう。

但し鉢植えは長く同じ鉢に植えたままにしておくと、根が詰まったり、土が痩せてしまったりして生育が悪くなります。2~3年、あるいは3~4年に一度くらいの割合で植え替えましょう。1~2回りくらい大きな鉢に根鉢を崩さないように注意しながら植え替えます。植え替え後は鉢の下から水が出てくるくらい、たっぷりと水やりを行います。

キンモクセイ(金木犀)の剪定

キンモクセイの花は、秋に咲いて翌春に花芽が出来るサイクルです。キンモクセイを剪定するなら、花が終わった後から冬の間に済ませましょう。

剪定は大きくなり過ぎた枝先をカットする、または好みの樹形に仕立てるイメージで行います。少し強めに枝を切り詰めても翌春に伸びた枝にまた花芽が出来るので問題ありません。

生長したキンモクセイは、枝が混みあって風通しが悪くなっていることがあります。中の方の不要な枝も間引くように整理します。

株元からヒコバエと呼ばれる小さな新芽が出てきていたら、それも早めに切り詰めましょう。ヒコバエは放っておくと大きく生長してしまいます。

目次に戻る≫

ミドラスで作る、キンモクセイ(金木犀)が香るお庭

キンモクセイがあるお庭を作ってみませんか。キンモクセイが咲く頃は、ちょうど窓を開けて過ごしたくなる季節です。毎朝窓を開けるたびに、お庭で咲いたキンモクセイの香りが流れ込んできたら、それだけで1日を幸せな気分で過ごせそうです。 ミドラスなら、他にもキンモクセイと相性の良いお庭を提案することが出来ます。キンモクセイが香るお庭を、ミドラスと一緒に作りましょう。

キンモクセイがあるお庭を作ってみませんか。キンモクセイが咲く頃は、ちょうど窓を開けて過ごしたくなる季節です。毎朝窓を開けるたびに、お庭で咲いたキンモクセイの香りが流れ込んできたら、それだけで1日を幸せな気分で過ごせそうです。

ミドラスなら、他にもキンモクセイと相性の良いお庭を提案することが出来ます。キンモクセイが香るお庭を、ミドラスと一緒に作りましょう。

目次に戻る≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です