春の花の咲く順番!球根と草花編

春は一斉にお庭の花たちが咲き始める季節です。一口に春の花と言っても、早春2~3月頃に咲く花、4~5月に咲く花は違います。春のお庭を花でいっぱいにする為に、春の花の咲く順番をご紹介します。

咲いていく順番がわかると、次に咲くお花がわかってわくわくします。春の楽しみが増えますよ。

春の花の咲く順番|球根編

スイセン ■スイセン開花期12月頃~3月 最初に咲く、球根のお花です。12月頃から咲き始める早咲き種もあります。多くの品種は年が明けてから、他の花より少し早めに咲き出すという感じです。 ■クロッカス開花期 2月頃 スイセンと混ざって2月くらいから咲き始めます。黄色や紫の顔の花びらの大きな花を咲かせます。ちょっと寂しくなったお庭の中で、存在感を放ちます。 ■スノーフレーク 開花期 2~3月頃 まだ寒い春の初め、白くスズランを思わせるようなベル状の花を咲かせます。一度植えるとどんどん分球して増えていきます。 ■ムスカリ開花期 2~3月頃 ムスカリが咲き始めたらあとはぐんぐん暖かくなるという知らせ。桜より少し早く咲き始めます。ニラのように広がった葉の間から、紫のつくしのような蕾が上がってきたら、春はもうすぐそこです。 ■フリチラリア 開花期 2~4月頃 バイモユリなどもこの仲間です。真夏の暑さで球根が無くなってしまうことがありますが、春に咲く釣鐘型の花の可愛らしさは他にはない雰囲気があります。 ■チオノドクサ 開花期 3~4月頃 半日陰を好みます。開花期が長いので、落葉低木の足元などに植えておくと、他の植物が芽吹くまでお庭を明るくしてくれます。 ■シラー開花期 4月頃 桜が開花する頃、落葉樹の足元で咲き始めます。色のバリエーションが豊富なシラーは花付きが良く、植えっぱなしで毎年楽しめます。淡いピンクやブルーがかった紫、白などがあります。 ■イングリッシュ・ブルーベル(シラー)開花期 4月頃 桜が終わる頃咲き始めます。文字通りイギリスの山林に自生している球根の花です。他のシラーに比べて華奢な草姿をしています。少し俯くような咲き方が可愛らしい花です。 ■チューリップ 開花期 4月頃 桜が終わった頃に咲き始めます。よく見かける花が大きく華やかなチューリップの他に、草丈の小さな原種系チューリップもあります。原種系チューリップは野花のような趣きがあり、見ているだけで和みます。 ■スズラン開花期 4~5月頃 春の終わり、もうだいぶ暖かくなった頃に咲き始めます。日陰で群生し、優しい香りを漂わせます。花後、放っておくと真赤な実を付けることを知っている人は少ないかもしれません。

スイセン

■スイセン 開花期12月頃~3月

最初に咲く、球根のお花です。12月頃から咲き始める早咲き種もあります。多くの品種は年が明けてから、他の花より少し早めに咲き出すという感じです。

■クロッカス 開花期 2月頃

スイセンと混ざって2月くらいから咲き始めます。黄色や紫の顔の花びらの大きな花を咲かせます。ちょっと寂しくなったお庭の中で、存在感を放ちます。

■スノーフレーク 開花期 2~3月頃

まだ寒い春の初め、白くスズランを思わせるようなベル状の花を咲かせます。一度植えるとどんどん分球して増えていきます。

■ムスカリ 開花期 2~3月頃

ムスカリが咲き始めたらあとはぐんぐん暖かくなるという知らせ。桜より少し早く咲き始めます。ニラのように広がった葉の間から、紫のつくしのような蕾が上がってきたら、春はもうすぐそこです。

■フリチラリア  開花期 2~4月頃

バイモユリなどもこの仲間です。真夏の暑さで球根が無くなってしまうことがありますが、春に咲く釣鐘型の花の可愛らしさは他にはない雰囲気があります。

■チオノドクサ 開花期 3~4月頃

半日陰を好みます。開花期が長いので、落葉低木の足元などに植えておくと、他の植物が芽吹くまでお庭を明るくしてくれます。

■シラー 開花期 4月頃

桜が開花する頃、落葉樹の足元で咲き始めます。色のバリエーションが豊富なシラーは花付きが良く、植えっぱなしで毎年楽しめます。淡いピンクやブルーがかった紫、白などがあります。

■イングリッシュ・ブルーベル(シラー) 開花期 4月頃

桜が終わる頃咲き始めます。文字通りイギリスの山林に自生している球根の花です。他のシラーに比べて華奢な草姿をしています。少し俯くような咲き方が可愛らしい花です。

■チューリップ 開花期 4月頃

桜が終わった頃に咲き始めます。よく見かける花が大きく華やかなチューリップの他に、草丈の小さな原種系チューリップもあります。原種系チューリップは野花のような趣きがあり、見ているだけで和みます。

■スズラン 開花期 4~5月頃

春の終わり、もうだいぶ暖かくなった頃に咲き始めます。日陰で群生し、優しい香りを漂わせます。花後、放っておくと真赤な実を付けることを知っている人は少ないかもしれません。

春の花の咲く順番|草花(宿根草・多年草)編

ヘレボラス(クリスマスローズ)

■ヘレボラス(クリスマスローズ) 開花期 12月、2~3月頃

クリスマスの時期に咲くのはニゲルという品種です。それ以外のヘレボラスの仲間は2~3月頃に開花します。お庭の中で最初に春を知らせてくれる花かもしれません。常緑で半日陰を好み、葉だけでも存在感があるので、お庭に一株は欲しい植物です。

■スミレ  開花期3~ 4月頃

日陰を好む多年草です。みんなが桜に見とれている頃、桜の足元でひっそりと咲いています。代表的な紫以外に薄紫やピンク、白等もあります。こぼれ種でも増えるので、年々場所を移動するように群生します。

■オダマキ 開花期 4~5月頃

桜が終わった頃に咲き始めます。半日陰を好む多年草です。日本に自生するミヤマオダマキの他、セイヨウオダマキやヤマオダマキ等の種類があります。花の形は特徴的で色の種類も多く、なんとも言えない雰囲気の花です。

■イングリッシュラベンダー 開花期 4~5月頃

フレンチラベンダーが四季咲きなのに対し、イングリッシュラベンダーは春に咲きます。ハーブとしてあまりに有名なラベンダー。その香りは甘く香料としても人気です。スミレが終わったあと、次に香りを楽しめる花です。

■ゲラニウム (フウロソウ) 開花期4~5月頃

レース編みのような繊細な印象の葉と小花が可愛い植物です。ゲラニウムには多くの品種があり、色のバリエーションも豊富です。春の庭で風にそよいで揺れている姿が絵になる花です。

春にお花の絶えないお庭をミドラスとつくりませんか?

春のお花を咲く順番にご紹介しました。「クロッカスが咲いたら次ぎはムスカリ、もう桜まであと少し!」なんて思うだけでわくわくします。

お庭に春に咲く球根や草花が植わっているだけで、毎朝窓を開けることが楽しみになりますよ。毎日お庭の花と一緒にこれから来る季節を楽しみに過ごしませんか?ミドラスはそんなお花いっぱいのお庭づくりにご協力します。

“春の花の咲く順番!球根と草花編” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です