お庭で摘んだ草花で玄関を飾る楽しみ方

玄関はお客様をお迎えする、お家の顔です。ちょっとお花が飾ってあるだけでおもてなしの心が伝わります。それもお庭で摘んだお花をさり気なく飾ってあったら。お家の方のセンスと丁寧な暮らしぶりが伝わるはず。お庭のお花を摘んで、玄関に飾ってみませんか。

切花として玄関に飾る

お庭で摘んだお花を瑞々しい状態で玄関に飾りましょう。大きな花瓶にどっさりとお花を生けるようなことをしなくても、小さなお花やグリーンをちょっとだけ。お庭で摘んだ草花を玄関に飾ることで、お庭とお家の中とに繋がりが出来ます。せっかく好きでお庭に植えた草花ですから、玄関の中でも楽しみたいですよね。

お庭で摘んだお花を瑞々しい状態で玄関に飾りましょう。大きな花瓶にどっさりとお花を生けるようなことをしなくても、小さなお花やグリーンをちょっとだけ。お庭で摘んだ草花を玄関に飾ることで、お庭とお家の中とに繋がりが出来ます。せっかく好きでお庭に植えた草花ですから、玄関の中でも楽しみたいですよね。

小さな草花を薬瓶に飾る

一輪挿しを買いに行ったりする必要はありません。空いた薬瓶や調味料の瓶に1~2本入れておくだけで可愛らしい景色が出来上がります。さらに小瓶を何本かランダムに並べると、野花が踊っているような景色が出来上がり、遊び心のある演出が出来ます。

キャンドルホルダーを使って草花を飾る

キャンドルホルダーもおすすめです。球根付きのムスカリやスイセンをキャンドルホルダーに浅くお水を張って入れておくだけ。球根付きのお花は口の小さな小瓶には入れられないけれど、キャンドルホルダーを使うとちょうどよく納まる上に、可愛らしい演出になります。

雑草を格好良く飾る

エノコログサ(ネコジャラシ)やコバンソウのような雑草と言われるグリーンたちも10本以上をまとめて花瓶にどっさりと生けると、野趣あふれるかっこいい雰囲気が出来上がります。捨てちゃうなんてもったいない、愛すべき草たちです。

コツは草たちをきゅっとねじるように花瓶に入れることです。パスタをお鍋に収めるように。きゅっとねじることで放射状に広がり、きれいな形になります。

飾ることが出来ないお花、「一日花」

お庭で摘んだお花を飾りましょう、と言いましたが、飾れないお花もあります。「飾ったけど枯れちゃった」とショックを受けないためにも、飾ることが出来ないお花をご紹介します。

ここに紹介する植物たちは一日花と言って、一日でお花がしぼんでいまう種類です。せっかく飾ってもすぐに萎れてしまう種類ですから、飾り甲斐がないかもしれません。

■朝顔

■ハイビスカス(フヨウの仲間)

■ノウゼンカズラの仲間

■ツユクサ

等々です。

目次に戻る≫

庭木の枝を飾る

お庭で摘んで玄関に飾れるのは草花だけではありません。庭木の枝をカットして飾りましょう。剪定した際に出た枝を飾れば一石二鳥です。

もちろん花盛りの枝をカットして飾るのも素敵です。お家にある花瓶に大きく生けるのもいいですし、小さくカットした枝だったらワインやブランデー、グラッパなどの空き瓶に生けるのも素敵ですよ。

早春だったら香りの良いロウバイ、ユキヤナギの枝をばさっと大きく生けるのも素敵です。ヤマブキの枝は根元から剪定も兼ねて大きく切って。初夏にはアジサイ、秋には色づいた実物の枝。他にも剪定したオリーブやユーカリの枝等、庭木の枝をさっぱりと生けてみましょう。ちょっとかっこいい玄関になります。

目次に戻る≫

ドライフラワーにして飾る

お庭で摘んだ草花を花瓶に生けて飾る他、ドライフラワーにして飾る方法というのもあります。ドライフラワーになりやすい植物の特徴は水分が少ないこと。とはいえ、植物の含有水分量なんてわかりませんから、気になったものはどんどん吊るしてみましょう。 「花瓶で飾って枯れたらドライにする」という概念は捨てましょう。コツは、ドライフラワーにすると決めたら、最初から吊るすことです。 鮮度が高いうちから乾燥させることできれいな色が残ります。

お庭で摘んだ草花を花瓶に生けて飾る他、ドライフラワーにして飾る方法というのもあります。ドライフラワーになりやすい植物の特徴は水分が少ないこと。とはいえ、植物の含有水分量なんてわかりませんから、気になったものはどんどん吊るしてみましょう。

「花瓶で飾って枯れたらドライにする」という概念は捨てましょう。コツは、ドライフラワーにすると決めたら、最初から吊るすことです。鮮度が高いうちから乾燥させることできれいな色が残ります。

ドライフラワーの作り方

ドライフラワーにしたい草花を、風通し良く直射日光の当たらない場所に吊るします。この時、一束を欲張って大きくしないことです。蒸れて茶色くなってしまったり、カビが生えてしまいます。

目次に戻る≫

押し花にして飾る

お庭で摘んだ草花の飾り方で、一番クラフト感を楽しめるのは押し花ではないでしょうか。押し花にしたら、そこから先は楽しみ方がいっぱいです。 押し花の作り方は、気に入ったお花を半紙などに挟み、重しを載せて置くだけ。一番簡単な飾り方は、押し花をフォトフレームに入れて玄関に置く飾り方です。小さな標本みたいで楽しめますよ。小さなフォトフレームに入れて玄関スペースの壁に掛けるのもおしゃれです。

お庭で摘んだ草花の飾り方で、一番クラフト感を楽しめるのは押し花ではないでしょうか。押し花にしたら、そこから先は楽しみ方がいっぱいです。

押し花の作り方は、気に入ったお花を半紙などに挟み、重しを載せて置くだけ。一番簡単な飾り方は、押し花をフォトフレームに入れて玄関に置く飾り方です。小さな標本みたいで楽しめますよ。小さなフォトフレームに入れて玄関スペースの壁に掛けるのもおしゃれです。

目次に戻る≫

ミドラスで叶える理想的なライフスタイル

自宅のお庭で植物を育てて、摘んだ草花で玄関を飾る。ただそれだけのことなのに、とても丁寧な生活をしているような印象を受けます。お庭に出る時間も増えるし、玄関のお掃除にも自然と意識が行き届くようになるでしょう。 ちょっとしたことで日々の生活が豊かになり、幸せな時間が増えます。そんな理想的なライフスタイルをミドラスと一緒に作りませんか?ミドラスがお客様の希望に寄り添ったお庭をご提案します。

自宅のお庭で植物を育てて、摘んだ草花で玄関を飾る。ただそれだけのことなのに、とても丁寧な生活をしているような印象を受けます。お庭に出る時間も増えるし、玄関のお掃除にも自然と意識が行き届くようになるでしょう。

ちょっとしたことで日々の生活が豊かになり、幸せな時間が増えます。そんな理想的なライフスタイルをミドラスと一緒に作りませんか?ミドラスがお客様の希望に寄り添ったお庭をご提案します。

ミドラスの施工事例はこちらからご覧ください

“お庭で摘んだ草花で玄関を飾る楽しみ方” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です