【NEW】花壇の作りかた|レイアウト編

「既存の花壇スペースはあるんだけど、どう作っていいかわからない」「もっとおしゃれな花壇にしたい」というお悩みをお持ちのお家は多いのではないでしょうか。

何を植えていいのかわからないときや、どう作っていいのかわからない時などに参考にしていただけるようなベーシックな花壇のレイアウト方法のご紹介です。

センスのいい花壇てどんな花壇?

最初に、「センスのいい花壇」とはどんな花壇でしょう。人が見たときにセンスがいい、おしゃれと感じる花壇とは、テーマが明確であること。まとまりがあることです。人の感性に響くものとは、まず調和が取れていること、その上で独創性を感じられるものです。

作りたい花壇のイメージを決める

作りたい花壇のイメージを固めていきましょう。これが、独創性を感じさせるポイントです。まだ明確なイメージではなくてもいいです。例えば、「色は白とグリーンでまとめたい」、「多肉植物などのテクスチャーやフォルムの面白いものが好き」、「草花を使ったナチュラルな雰囲気」など、ぼんやりとしたイメージで構いません。具体的に植えたい植物が数種類あれば、それでもいいでしょう。

作りたい花壇のイメージを固めていきましょう。これが、独創性を感じさせるポイントです。まだ明確なイメージではなくてもいいです。例えば、「色は白とグリーンでまとめたい」、「多肉植物などのテクスチャーやフォルムの面白いものが好き」、「草花を使ったナチュラルな雰囲気」など、ぼんやりとしたイメージで構いません。具体的に植えたい植物が数種類あれば、それでもいいでしょう。

レイアウトは図形で考える

既存の花壇スペースに対して、どんな風に植物を植えていくかを考えていきます。これが調和をとるポイントになります。

立面、平面に分けてそれぞれイメージをしてから組み合わせていくと、矛盾のないレイアウトが決まりやすくなります。立面、平面のイメージの順番はどちらが先でも構いません。

立面でイメージする

最初に高低を決めます。花壇スペースを眺めながらイメージしましょう。全てが低い草花で揃っていると、畑のような平坦な景色になってしまいます。 背の高いものばかりだと圧迫感が出てしまいます。高・中・低のバランスを取るようにイメージしましょう。

最初に高低を決めます。花壇スペースを眺めながらイメージしましょう。全てが低い草花で揃っていると、畑のような平坦な景色になってしまいます。

背の高いものばかりだと圧迫感が出てしまいます。高・中・低のバランスを取るようにイメージしましょう。

平面でイメージする

一度花壇を平面にして、図形を並べて考えるとレイアウトがしやすくなります。1mを5cmと考えて、図面にしてみるとイメージがわきやすくなります。レイアウトは大きさの違う円で考えます。この大きさの違う円を並べることによって、花壇にバランスよく収まるサイズのイメージが固まります。

植栽の比率の基本

実際に植える植物の基本の比率は、低木1:多年草(宿根草)1:一年草1です。低木と多年草(宿根草)を植えることで四季を通じて植栽が安定し、花壇を管理をしやすくなります。 ただし、植えっぱなしの植物はやがて姿を変えて、こちらの意図せぬ形に変化していきます。そこに植え替えが出来る一年草を混ぜることで、理想の形を維持しやすくなります。また一年草は、毎年気に入ったものに植え替え出来るので、気分転換にもなります。 この、低木1:多年草(宿根草)1:一年草1の比率をベースに組み立てていくと、バランスよくまとめられます。

実際に植える植物の基本の比率は、低木1:多年草(宿根草)1:一年草1です。低木と多年草(宿根草)を植えることで四季を通じて植栽が安定し、花壇を管理をしやすくなります。

ただし、植えっぱなしの植物はやがて姿を変えて、こちらの意図せぬ形に変化していきます。そこに植え替えが出来る一年草を混ぜることで、理想の形を維持しやすくなります。また一年草は、毎年気に入ったものに植え替え出来るので、気分転換にもなります。

この、低木1:多年草(宿根草)1:一年草1の比率をベースに組み立てていくと、バランスよくまとめられます。

低木とは

概ね人の身長以下の樹木を低木と呼びます。園芸分類では3m以下の樹木を指します。常緑と落葉があります。落葉樹は、果実や紅葉を楽しめるものが多く、常緑樹は冬でもグリーンを絶やさないので花壇が寂しくならないという、それぞれのメリットがあります。

高さがあり安定感があるので、花壇全体の雰囲気を作るのに重要な役割を果たします。

宿根草・多年草とは

多年草とは、一年で枯れずに数年育ち続ける植物の総称です。その中でも夏や冬に地上部が枯れ、根が何年も残り続けるものを宿根草と呼びます。

毎年株で大きくなるようなものばかりですので、生長を見越してゆったりとスペースを確保しましょう。安定して長く生長してくれるので、花壇の雰囲気を安定させてくれます。

一年草とは

文字通り一年で枯れてしまう植物です。花を咲かせ結実した後、枯れてしまいます。

模様替えのような気分で季節ごとにお花を入れ替えられます。ちょっとした気分転換にもなります。この一年草で色や雰囲気をがらりと変えることが出来ますので、一年草を上手に取り入れれば飽きの来ない花壇を作ることが出来ます。

おしゃれの基本は引き算

レイアウトが決まったら、実際に植える植物を決める作業です。図鑑を眺めたり、好きなウェブサイトを見たりして植物を選んでいきます。実際に園芸店やホームセンターに足を運んでその場で選んでいくのもいいでしょう。 常緑の植物と落葉する植物のバランスも考えながら。冬に寂しくなりすぎないように、常緑の植物もしっかり入れます。 一番大切なことはあれもこれもと欲張って、複数の種類を選び過ぎないことです。せっかくの花壇ですから、いろんな植物を植えたくなるのが心情というものですが、まとまりが悪くなり、調和が崩れてしまいます。 複数候補から絞り切れなくなってしまったら、一度全部を並べてみて引き算をしていきましょう。 レイアウトを上手に考えて、毎日眺めたくなるような、素敵な花壇を作りましょう。

レイアウトが決まったら、実際に植える植物を決める作業です。図鑑を眺めたり、好きなウェブサイトを見たりして植物を選んでいきます。実際に園芸店やホームセンターに足を運んでその場で選んでいくのもいいでしょう。

常緑の植物と落葉する植物のバランスも考えながら。冬に寂しくなりすぎないように、常緑の植物もしっかり入れます。

一番大切なことはあれもこれもと欲張って、複数の種類を選び過ぎないことです。せっかくの花壇ですから、いろんな植物を植えたくなるのが心情というものですが、まとまりが悪くなり、調和が崩れてしまいます。

複数候補から絞り切れなくなってしまったら、一度全部を並べてみて引き算をしていきましょう。

レイアウトを上手に考えて、毎日眺めたくなるような、素敵な花壇を作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です