【メディア掲載】SUUMO(スーモ)に『MIDOLAS(ミドラス)』取材記事が掲載されました

庭リフォームでおしゃれなガーデンデザインに!費用や進め方を知ろう

不動産・住宅に関する総合情報サイトSUUMO(スーモ)に、庭・外構エクステリアの相談から設計・施工まで請け負う弊社サービス『MIDOLAS(ミドラス)』のマネージャー伊藤竜弥への取材をまとめた記事「庭リフォームでおしゃれなガーデンデザインに!費用や進め方を知ろう」が掲載されました。

庭リフォームでおしゃれなガーデンデザインに!費用や進め方を知ろう

外構エクステリア・庭リフォームの進め方や費用の目安をミドラスで実際に施工している事例と共に、予算別、使用用途別にご紹介しています。

暮らしを豊かにする植物のある庭、どんな天候でも使いやすい通路、家族みんなで心地よくだんらんできるスペース、すてきな庭リフォームのアイデアなど、ミドラスが日頃からお客様にご提案している外構エクステリア・庭リフォームのポイントを取材いただいています。

外構エクステリアや庭リフォームを検討したいけど、どこから始めてよいか分からず悩んでいる方にとって、知りたいポイントが分かる記事になっています。

是非、ご一読ください。

【メディア掲載】SUUMO(スーモ)に『素敵な中庭づくりに使いやすい植物』についての取材記事が掲載されました

中庭のある家 間取りや、素敵な中庭づくりのコツは?

不動産・住宅に関する総合情報サイトSUUMO(スーモ)の記事「中庭のある家 間取りや、素敵な中庭づくりのコツは?」の中で、庭・外構エクステリアの相談から設計・施工まで請け負う弊社サービス『MIDOLAS(ミドラス)』のマネージャー伊藤竜弥が、『素敵な中庭づくりに使いやすい植物』について取材いただいています。

中庭のある家 間取りや、素敵な中庭づくりのコツは?

中庭に植物を取り入れる時の注意点や中庭づくりに使いやすい植物について、実際の植物の例を交えながら、庭づくりの専門家の視点から素敵な中庭づくりのヒントが分かりやすく解説されています。

間取りに中庭を取り入れたい方や、自然あふれる雰囲気を演出したい方は、是非ご一読ください。

【おすすめ記事付きページサンプル】ガーデニングが楽しくなる!立水栓など水回りアイテムをご紹介

お庭で心地好く過ごす、ガーデニングを楽しむ、どちらも素敵な時間ですね。植物を育てるために必要なお水やり。お水やり作業が楽しくなれば自然とお庭に出る時間も増えるはず。お庭の水回りアイテムについてご紹介します。

お庭で心地好く過ごす、ガーデニングを楽しむ、どちらも素敵な時間ですね。植物を育てるために必要なお水やり。お水やり作業が楽しくなれば自然とお庭に出る時間も増えるはず。お庭の水回りアイテムについてご紹介します。

立水栓

立水栓(りっすいせん)とは、屋外で地面から垂直に立ち上がっている水栓のことを指す言葉です。お庭やカーポートでよく見かけます。庭に水を撒いたり、車を洗ったり、お散歩帰りにペットの足を洗ったり、と用途も多様です。

立水栓(りっすいせん)とは、屋外で地面から垂直に立ち上がっている水栓のことを指す言葉です。お庭やカーポートでよく見かけます。庭に水を撒いたり、車を洗ったり、お散歩帰りにペットの足を洗ったり、と用途も多様です。

外の水道なんて使えればいいなんて言わないでください。立水栓はエクステリアの中で意外と存在感のあるアイテムです。立水栓がおしゃれだとガーデニングも楽しくなります。

立水栓は新しく施工するタイプと、既存の立水栓に被せるカバータイプがあります。カバータイプの立水栓は安価で施工も簡単です。後から模様替えのような気分で交換出来ます。

最近はデザインや色も豊富です。モダンでシンプルなものからクラシカルなもの、ポップな色やナチュラルな色合いのものまで、お庭の雰囲気に合わせて選べます。さらには蛇口が選べるタイプもあるので、自分好みの立水栓が作れます。

立水栓を新たに施工する場合は、専門の業者に依頼しましょう。水回りの工事は事故やトラブルに繋がりやすいのでDIYは危険です。

水栓パン(ガーデンパン)

水栓パンとは、水栓から出てきた水を受ける為の受け皿です。水栓パンは立水栓とセットでお庭の中で存在感があるエクステリアアイテムです。 水栓パンも立水栓と同じくデザインや素材もおしゃれなものが豊富です。ホーローやタイル、ちょっと和の雰囲気を感じるようなデザインなど、立水栓との組み合わせ次第で自分好みの水回りにすることが出来ます。

水栓パンとは、水栓から出てきた水を受ける為の受け皿です。水栓パンは立水栓とセットでお庭の中で存在感があるエクステリアアイテムです。

水栓パンも立水栓と同じくデザインや素材もおしゃれなものが豊富です。ホーローやタイル、ちょっと和の雰囲気を感じるようなデザインなど、立水栓との組み合わせ次第で自分好みの水回りにすることが出来ます。

ホース

お庭で使う散水ホースのことを指します。水栓からホースに繋いでお庭に水を撒きます。水を撒き終わった後のホースの汚れが気になります。これを防ぐ為にリール式のホースをおすすめします。 リール式ホースの他にコイルホースというものがあって、バネのようにくるくる巻かれたようなフォルムをしています。伸縮性で、伸ばして水を撒いたあとは勝手にコイルの状態に戻ってくれるので、リールで巻き取る手間がかかりません。 ノズルも切り替え機能が付いているものを選べば、水やりの時にはシャワー、水圧の強いジェットなどにすればお掃除も一気に出来てとっても便利です。

お庭で使う散水ホースのことを指します。水栓からホースに繋いでお庭に水を撒きます。水を撒き終わった後のホースの汚れが気になります。これを防ぐ為にリール式のホースをおすすめします。

リール式ホースの他にコイルホースというものがあって、バネのようにくるくる巻かれたようなフォルムをしています。伸縮性で、伸ばして水を撒いたあとは勝手にコイルの状態に戻ってくれるので、リールで巻き取る手間がかかりません。

ノズルも切り替え機能が付いているものを選べば、水やりの時にはシャワー、水圧の強いジェットなどにすればお掃除も一気に出来てとっても便利です。

ジョウロ

ジョウロとは、水を溜められる器に取っ手と注ぎ口が付いたような形状の容器です。植物に水やりをする時に使います。バルコニーやスモールガーデンなどはホースよりもジョウロの方が使い勝手が良く便利です。 ジョウロは本当に種類が多く、選ぶのも楽しみの一つです。輸入品も多く、国内のものとは一味違った色や素材が選べるのも魅力です。素材も使いやすいプラスティックから使い込むと味の出るブリキのようなものまで、色もポップなものからシックなものまで、と選択肢も豊富です。 サイズも色々あるので、いくつか持っていて用途によって使い分けるのもいいでしょう。芽吹いたばかりの小さな葉に大きなジョウロでじゃばじゃばと水をかけるのは危険です。小さなジョウロで水やりをしましょう。大小様々なジョウロを色んな色で並べておくのも、それだけで絵になりそうです。

ジョウロとは、水を溜められる器に取っ手と注ぎ口が付いたような形状の容器です。植物に水やりをする時に使います。バルコニーやスモールガーデンなどはホースよりもジョウロの方が使い勝手が良く便利です。

ジョウロは本当に種類が多く、選ぶのも楽しみの一つです。輸入品も多く、国内のものとは一味違った色や素材が選べるのも魅力です。素材も使いやすいプラスティックから使い込むと味の出るブリキのようなものまで、色もポップなものからシックなものまで、と選択肢も豊富です。

サイズも色々あるので、いくつか持っていて用途によって使い分けるのもいいでしょう。芽吹いたばかりの小さな葉に大きなジョウロでじゃばじゃばと水をかけるのは危険です。小さなジョウロで水やりをしましょう。大小様々なジョウロを色んな色で並べておくのも、それだけで絵になりそうです。

ミドラスと水回りをおしゃれにして、水やりを楽しく!

植物を元気に育てる為にとても大切な水やり。暑い季節は特に大切な作業です。せっかくなら楽しみながら続けましょう。毎日の水やりがもっともっと楽しくなるように、水回りアイテムも揃えてみませんか。 ミドラスは水回りもおしゃれにプランニングします。ミドラスと一緒にガーデニングが楽しくなるようなお庭づくりを始めましょう!

植物を元気に育てる為にとても大切な水やり。暑い季節は特に大切な作業です。せっかくなら楽しみながら続けましょう。毎日の水やりがもっともっと楽しくなるように、水回りアイテムも揃えてみませんか。

ミドラスは水回りもおしゃれにプランニングします。ミドラスと一緒にガーデニングが楽しくなるようなお庭づくりを始めましょう!

週刊東洋経済(2020年8月22日号)すごいベンチャー100にミドラスを運営するストロボライトが選出されました。

週刊東洋経済誌の表紙

週刊東洋経済の人気企画「すごいベンチャー100」2020年版にてミドラスの運営会社ストロボライトが選出されました。

弊社代表取締役CEO 石塚のインタビューが掲載されております。

週刊東洋経済誌の表紙

東洋経済ONLINE
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/24390?_ga=2.241710721.2094339596.1597646671-728729953.1592206917

弊社石塚インタビュー
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/24371/

ReBITA「HOWS Renovation Lab.」にて、ミドラスの連載Vol.2が公開されました。

「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに既存建物の改修・再生を手がける
株式会社ReBITA 「HOWS Renovation Lab.」にて、ミドラスの連載記事Vol.2が公開されました。

戸建ての改修を手掛けるHOWS Renovationさん とミドラスでお庭のリノベーションについて考えていく連載企画です。
vol.1では、「グリッドで庭を整理する」というテーマでお話をさせていただきました。
今回のVol.2は「落葉樹とともに秋を迎えて」というタイトルで、ReBITA「HOWS Renovation Lab.」内に公開されました。...more


MIDOLAS事業部ディレクター橋野が、落葉樹との上手な向き合い方
秋・冬のお手入れについてお話しさせていただいております。

▼株式会社リビタ「HOWS Renovation Lab.」
URL:https://hows-renovation.com/lab/
▼記事URL
vol.0:MIDOLAS×HOWS Renovation 連載企画はじまります
vol.1:グリッドで庭を整理する ー MIDOLAS × HOWS Renovation_vol.1
vol.2:落葉樹とともに秋を迎えて-MIDOLAS × HOWS Renovation_vol.2

リフォーム産業新聞に注目企業として掲載されました

庭やオフィスグリーンなどをプロデュースする「MIDOLAS[ミドラス]」、園芸業界最大級のWEBメディア「LOVEGREEN[ラブグリーン]」、全国47都道府県の園芸店・生花店・ホームセンターなどで配布されているフリーペーパー「Botapii[ボタピー]」を運営する株式会社ストロボライト(本社:東京都港区、代表取締役 石塚 秀彦)が、累計10億円調達した庭リノベ会社として、2019年11月11日発行のリフォーム産業新聞(第1384号)に掲載されました。

▼リフォーム産業新聞
URL:https://www.reform-online.jp/
記事URL:ストロボライト、累計10億円調達した庭リノベ会社

ReBITA「HOWS Renovation Lab.」にて、ミドラスの連載がスタート

「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに既存建物の改修・再生を手がける
株式会社ReBITA 「HOWS Renovation Lab.」にて、ミドラスの連載がスタート

「植物と暮らしを豊かに。」をコンセプトとするMIDOLAS(ミドラス)と季節ごとの連載企画をはじめます。
戸建て住宅の魅力の一つは自分たちのお庭が持てること。戸建ての改修を手掛けるHOWS Renovation と緑の専門家ミドラスでお庭のリノベーションについて考えていきます。...more


MIDOLAS事業部ディレクター橋野と戸建ての庭の楽しみ方を考えていく連載となっております。

▼株式会社リビタ「HOWS Renovation Lab.」
URL:https://hows-renovation.com/lab/
記事URL:MIDOLAS×HOWS Renovation 連載企画はじまります

Yahoo!不動産おうちマガジンに庭リノベーションが紹介されました

庭リノベをプロデュースするMIDOLAS[ミドラス]の庭リノベーションが、Yahoo!不動産おうちマガジンに掲載されました。


「グランピング」などのブームもあり、庭の有効活用に注目が集まっています。最近では、従来のガーデニングから一歩進んだ「庭リノベ」も人気。果たして「庭リノベ」とはどんなものなのでしょうか? 庭リノベを専門に行う「MIDOLAS」(株式会社ストロボライト)に聞いてみました。...more


MIDOLAS事業部マネージャーの小林(左)と取締役COOの川上(右)のインタビューも掲載

▼Yahoo!不動産おうちマガジン
URL:https://realestate.yahoo.co.jp/magazine/
記事URL:庭を生まれ変わらせる「庭リノベ」 暮らしやすい庭に生まれ変わった3事例 - 荒れた庭も美しく

リフォーム産業新聞にMIDOLAS,Botapii,LOVEGREENが掲載されました

庭リノベをプロデュースするMIDOLAS[ミドラス]と、フリーペーパーのBotapii[ボタピー]、ボタニカルライフメディアのLOVEGREEN[ラブグリーン]の取り組みの記事が、2018年12月3日発行のリフォーム産業新聞(第1339号)に掲載されました。

▼リフォーム産業新聞
URL:https://www.reform-online.jp/
記事URL:庭リノベのストロボライトの集客アイデアを紹介 無料冊子の累計部数は100万部超え

リフォーム産業新聞にReBITAとの事業提携の記事が掲載されました

庭リノベをプロデュースするMIDOLAS[ミドラス]と、株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、川島純一代表取締役社長)の業務提携の記事が、2018年11月12日発行のリフォーム産業新聞(第1336号)に掲載されました。

▼リフォーム産業新聞
URL:https://www.reform-online.jp/
記事URL:庭リノベ会社のストロボライト、リビタと提携

花卉園芸新聞にMIDOLAS[ミドラス]とReBITAの事業提携の記事が掲載されました

庭リノベをプロデュースするMIDOLAS[ミドラス]と、株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、川島純一代表取締役社長)の庭のリノベーションに関する業務提携の記事が、2018年11月1日発行の花卉園芸新聞(第1731号)に掲載されました。

▼株式会社花卉園芸新聞社
http://www.kakiengei.jp/

庭リノベのMIDOLAS[ミドラス]、創業初となるテレビCMを放映開始

“植物と暮らしを豊かに。”を事業コンセプトに、庭やオフィスグリーンなどをプロデュースする「MIDOLAS[ミドラス]」、園芸業界最大級のWEBメディア「LOVEGREEN[ラブグリーン]」、全国47都道府県の園芸店・生花店・ホームセンターなどで配布されているフリーペーパー「Botapii[ボタピー]」を運営する株式会社ストロボライト(本社:東京都港区、代表取締役 石塚 秀彦)は、創業初となるTVCMを2018年10月15日(月)から放映開始します。

「隣の庭」篇

ミドラスお庭のCM1

ミドラスお庭のCM2

ミドラスお庭のCM3

MIDOLAS[ミドラス]は、庭や植栽の専門業者との窓口を一本化し複雑な手続きをシンプルかつ簡単にした、庭の提案・施工を行うサービスです。

今回、より多くの方にMIDOLAS[ミドラス]を知っていただくために、TVCMを制作しました。CMでは、隣家のきれいな庭を羨ましいと感じたことがきっかけで、自宅の庭の相談を決意するストーリーとなっています。

また、実際にお問い合わせとしても多い「手つかずになってしまった庭のリノベーション」や「お庭の雰囲気をガラッと変えたい」といったお悩みを解決した事例を紹介しています。

これまで関東圏を中心としていた対応エリアは、18年8月より関西圏へとエリア拡大しました。MIDOLAS[ミドラス]は今後も分かりやすく便利な庭のサービス提供や対応エリア充実を目指し、より多くの方に利用しやすいサービスを提供いたします。

■TVCM概要
タイトル:「MIDOLAS 隣の庭」篇
放映開始日:2018年10月15日(月)
放送地域:東京都全域と埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県の一部の約1500万世帯

ミドラスに寄せられる相談で多いのが「ご近所のきれいな庭を見て整えたいと思った」、「前を通る人にも楽しんでもらえる庭にしたい」など、第三者の目を意識したことがきっかけになったという声。

そこで本CMでは、きれいな庭で過ごす隣の家族を見て羨ましく感じ、自分のお庭相談を決意するというストーリー展開にすることで、同様の経験がある方々に親近感を持っていただきつつ、ミドラスのことを知っていただこうと考えています。

またCM放映を通して、ご自身で造園業者を探そうとしている方だけでなく、庭をきれいにしたいけどどうすればいいか分からない、と感じている方にもご相談いただくきっかけとなり、ミドラスを通して庭のある暮らしが豊かで心地よくなることを期待しております。

リノベーション事業を手掛けるReBITAと業務提携

庭リノベをプロデュースするMIDOLAS[ミドラス]を運営する株式会社ストロボライト(本社:東京都港区、代表取締役 石塚 秀彦)は、リノベーションやコミュニティづくりで暮らしを豊かにする場づくりを手掛けている株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川島 純一)と、庭リノベに関する業務提携を行いました。

この業務提携によりReBITAは、MIDOLASの戸建の庭リノベや、マンションのバルコニーガーデニング、インドアグリーンのノウハウを活用し、リノベーション事業の加速と、購入者に対して、入居時及び住んでからのグリーンサポートに対応します。また、オープンハウスや、これからリノベーションをしたい方向けセミナー等で、植物の育て方・飾り方など植物に関する情報が満載のフリーペーパーBotapiiを配布し、植物のある暮らしを提案していきます。

今後MIDOLASはReBITAとの庭リノベ事業に限らず、暮らしを豊かにする場づくりも含めたトータルでのグリーン提案により、両社の事業拡大を進めてまいります。

■株式会社社リビタについて
「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物の改修・再生を手がける会社として設立。「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、一棟、一戸単位のマンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅や商業施設、公共施設の企画・運営、PM・サブリース事業、ホテル事業を手がけています。
現在、一棟まるごとリノベーション分譲事業の企画・供給実績は47棟1,476戸、また運営するシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」シリーズは、都内近郊に19棟 1,229 室(2018年3月時点)。リノベーション分譲事業では、100平米超の面積を有し、立地と資産価値にこだわったマンションを紹介する「R100 TOKYO」や、戸建てリノベーション「HOWS Renovation」も展開。その他、印刷工場をオフィス商業複合施設にコンバージョンした港区海岸「TABLOID」や東京内神田のシェア型複合施設「the C」、大人の部活がうまれる街のシェアスペース「BUKATSUDO」など、暮らしの概念を『働く』『遊ぶ』『学ぶ』などにも領域を広げたプロジェクトの企画・プロデュース・運営も多く手がけています。2016年3月にはホテル事業を開始、全国で「THE SHARE HOTELS」を展開。第一号店「HATCHi 金沢」に続き、2017 年に「LYURO 東京清澄」、「HakoBA 函館」「KUMU 金沢」、2018年に「RAKURO 京都」を開業。

■株式会社リビタ 会社概要
 


 
名称:株式会社リビタ
住所:東京都目黒区三田1‐12‐23MTビル
代表取締役社長:川島 純一
設立:2005 年(2012 年より京王グループ)
資本金:100,000,000円
主要株主:京王電鉄株式会社、東京電力ホールディングス株式会社
URL:https://www.rebita.co.jp/

■住んでからのリビタ
リビタの住まいを選んでいただいた皆さまのための購入者・入居者さま限定サービス。
入居後のリノベーションや住み替えのサポート。
暮らしに役立つアイテムの貸し出し。
リビタのコミュニティ施設の優待利用。
さまざまなサービスで、住んでからの喜びも生み出すお手伝いを行っていきます。
https://www.rebita.co.jp/sundekara/