【スタッフコラム】オフィスバルコニーのお手入れ

オフィスのバルコニーとミモザのお花

週に一回、ガーデニングタイム(通称GT)を設けています。みんなでオフィスのバルコニーへ出て植栽した植物たちのお世話をする時間で、一日中PC作業が主な私たちにとっては息抜きの時間でもあります。

ガーデニングタイムの様子

ガーデニングタイムの様子

伸びすぎた枝や葉を剪定したり、花がらを取ったりして植物たちを綺麗に。みんな自主的に気になった箇所の作業をしています。

植物のお手入れが初めての人もいるので、教えながら作業したり、こんなに育ったね~!とか、もうすぐ花が咲きそうとか、他愛もない話をしながらの時間。暖かくなってきたので、お天気の時はとても気持ちが良いです。

また、切った枝や植物をデスクまわりや玄関に飾って楽しんだりもしているスタッフもいて、捨てずに大事にしている姿に微笑ましくなります。

お気に入りの原種チューリップ

原種のチューリップとヒヤシンスのお花

冬に植えたチューリップやヒアシンスが開花し、バルコニーも春めいてきました。

植物のお世話だけでなく、お花や球根を季節ごとに新しく植えることもします。宿根草だけでは寂しくなる時期があるので、一年草などを植えて彩ります。

季節を身近に感じられるのもガーデニングタイム中の楽しみ。中でも密かにお気に入りの花、原種のチューリップ。華奢な姿と可愛らしいサイズ、繊細そうな見た目なのに植えっぱなしでも毎年ちゃんと花を咲かせてくれる、優秀なコです。

季節の花を使った寄せ植え

季節のお花を使った寄せ植え

編集部メンバーが作成した寄せ植えも季節ごとにいくつか置かれるので、バルコニーはより華やかに。

新しい品種の植物も入っているときもあり、可愛らしい寄せ植えは常に目を楽しませてくれます。

ドライガーデン

アガベやユッカなどが並ぶドライガーデン

木や花だけでなく、ドライガーデンのコーナーも。ここに植わっているのは大きなアガベやユッカ、多肉植物など乾燥に強い植物たち。

管理が楽でいいのですが、痛い。かっこいいけど、痛い。結構トゲが鋭くて、ちょっと注意が必要です。

オフィスのバルコニー

スタッフそれぞれ好きな植物があるので、バルコニー内はサボテンから山野草まで多種多様です。

これからもっと暖かくなると植物たちも生き生きとしてきます。成長の過程を楽しみながら、時には本気で観察するのが醍醐味のガーデニングタイム。

沢山植物があるとその分お世話は必須になりますが、植物が身近にあることで季節を感じられる、ちょっとした贅沢な時間です。

【NEW】自然な石張りのアプローチが導く、雑木風の植栽でつくる心地よいお庭

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

築28年、当初から自分たちでDIYを行ってきたけれど、手入れやメンテナンスが大変になってきたお庭を一新したいとMIDOLASへお問い合わせいただきました。
石張りが続く道の先には、雑木の緑を感じるお庭へと変わりました。

-------------------------------------------------
東京都武蔵村山市 戸建て
【施工内容】石張り舗装、新規植栽、既存物処分、立水栓交換
【広さ】約30㎡
【エリア】主庭
【費用】100万円~
【工期】8日
-------------------------------------------------

施工前の植栽スペース

Before

大きな樹木とDIYのコンクリート平板や資材が積まれていました。

小さな植栽スペースを活用したお庭づくり

After

コンクリート平板、大きくなりすぎた樹木を撤去し、新たに石張りで舗装し安らぎを与える景観としました。

施工前の裏庭

Before

老朽化した立水栓と、DIYで使った平石やレンガが一角に残ったままのお庭。

タイル台で裏庭を活用

After

立水栓の位置を変え、新しいものに交換しました。目隠し用の植栽は撤去し、代わりに目隠しフェンスですっきりとしたスペースに仕上げています。石張りの周りはディコンドラの種を撒いているので、1~2ヶ月程で緑の絨毯が広がります。

MIDOLASからの提案

今回は駐車場から続くエリア、主庭となるリビング前のお庭のスペースづくりをプランニングしました。
大きくなりすぎた植栽や整備途中だった足場をすべて一新し、雑木のような軽やかでリラックスできる景観を目指しました。
幹のラインが美しく見えるようなカラタネオガタマやソヨゴ等を使ってボリュームを出し、足元の下草は手入れの楽な自然とまとまってくれるタイプを中心に選定しています。

【NEW】壁面プランターで季節の草花を楽しめる屋上テラス

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

-------------------------------------------------
東京都大田区 マンション
【施工内容】灌水装置設置、鉢植え植栽、壁付けプランター設置
【広 さ】約35㎡
【エリア】屋上テラス
【費 用】90万円台
【工 期】2日
-------------------------------------------------

施工前の植栽スペース

Before

タイル敷きだった屋上テラス。緑がなく無機質な印象でした。

小さな植栽スペースを活用したお庭づくり

After

壁掛けの植栽プランターで緑のカーテンをつくり爽やかな屋上テラスに。

MIDOLASからの提案

ご家族や友人とテラスで過ごせる空間にというご要望から、居心地のよい空間づくりを心掛けました。タイル敷きだった地面は、人工芝に張替えられ、プランター植栽でグリーンも楽しめる癒しの空間になりました。

小さな植栽スペースを活用したお庭づくり

ここがポイント①

テラスに明るい彩りを添えるプランター植栽。
日当たりが強い屋上では、プランターの水もすぐに乾き水遣りが大変なため、すべてのプランターに自動灌水装置をつけて、水遣りの管理を楽にしています。

小さな植栽スペースを活用したお庭づくり

ここがポイント②

緑を感じられる壁面プランター。
壁にプランターを設置し、ツルニチニチソウとアイビーを混植。
春から初夏にかけて咲くツルニチニチソウの白や淡い紫のお花がテラスで咲き誇ります。

【NEW】お庭のお手入れの頻度って?|雑草・芝刈り編

お庭のお手入れってどのくらいの頻度でしたらいいのか気になりますよね。今回は雑草抜き・芝刈りについて、お庭のお手入れの頻度や時期、コツとタイミングについてご紹介します。

雑草抜きの頻度ってどれくらい?

お庭を持ったら一番の悩み事は雑草抜きではないでしょうか。雑草抜きの頻度とタイミングについてご紹介します。  h3雑草を抜く時期 雑草を抜く時期はいつかと言うと、初春から秋です。雑草は梅雨から夏に旺盛に生育します。 大切なのは、初春にまだ雑草が小さいうちにどんどん抜くことです。小さいうちは根もまだ育っていないので抜くのも簡単。さらに春にあらかた抜いておくと、夏に雑草の数が減るのでさらにお手入れが楽になります。  h3雑草抜きのコツ 雑草抜きのコツは雨の後に作業することです。雨の後は土壌が柔らかくなっているので、軽々と気持ちよく抜けます。 抜いた雑草はその辺に放置してはいけません。雑草は非常に逞しいのでそこから根付いてまた生えてしまうことがあります。速やかに処分してください。 あとは虫と熱中症に気を付けて。水分を補給しながら雑草抜きに励みましょう。

雑草対策も含めてお庭にグラウンドカバーを植えているお家は多いのではないでしょうか。グラウンドカバーの代表と言えば芝生です。この芝生は上手に芝刈りが出来ないとちょっと厄介物です。芝刈りの頻度とタイミング、コツなどをご紹介します。

 

芝刈りの時期

芝が生長するのは夏。冬には茶色くなる高麗芝でも5㎝以上、常緑の西洋芝は15~20cmくらいまで生長します。芝刈りをするなら初夏から夏の終わりまで。

高麗芝でも月に1回は芝刈りをした方がいいでしょう。草丈高く生長する西洋芝なら月に2回くらいは芝刈りが必要です。

 

芝刈りの道具

芝刈りを自宅でするにはどんな道具が必要になるでしょう。必要な道具と主な使い方をご紹介します。

芝刈り機

便利なのは芝刈り機です。軽くて値段も手頃なのは手動の芝刈り機、手間を省いて楽をしたいのであれば電動式の芝刈り機もあります。どちらにしても間に草丈のある強い雑草が入り込むとうまく動かずに、手で取り除くなどの手間がかかります。

鎌やハサミ

完全手動の芝刈り方法です。鎌や芝刈りハサミで芝を刈ります。労力を使う作業ですが、芝生の面積がそんなに広くなければ、一番仕上がりがきれいな方法です。

その他、熊手やブロワー

刈り取った芝をそのままにしておくと、せっかくのグリーンの芝のなかでだんだん茶色くなっていって見苦しいので、熊手でかき集めて捨てる、あるいはブロワーで一気に吹き飛ばすといった仕上げを行います。

ブロワーというのは、お庭のお掃除で活躍してくれる家電です。強い風圧で地面に落ちた枯れ葉や軽いゴミなどを吹き飛ばすことが出来るので、手を使わずに片づけられます。砂利や芝生の中に入り込んだ枯れ葉や細かいゴミを簡単に吹き飛ばして片づけることが出来ます。

 

芝刈りのコツ

芝刈りのコツは伸びすぎないうちに芝刈りをすることです。伸びてしまうと刃に絡みやすくなるし、長くなってから急激に短くすると芝にも負担がかかります。こまめな手入れが大切です。

芝刈りは欲張って一気に刈ろうとすると必ず刃に引っかかってイライラすることになります。早く済ませたい時ほど少しずつ進めましょう。

MIDOLASならお庭のお手入れも任せて安心!

雑草抜きに芝刈り、お庭を持っているといろいろと手間のかかることも多いですよね。お庭のお手入れ、ローメンテナンスなお庭への庭リノベ、どちらもミドラスにご相談ください。 植物が大好きなミドラススタッフがアドバイスをさせていただきます。

雑草抜きに芝刈り、お庭を持っているといろいろと手間のかかることも多いですよね。お庭のお手入れ、ローメンテナンスなお庭への庭リノベ、どちらもミドラスにご相談ください。

植物が大好きなミドラススタッフがアドバイスをさせていただきます。

【NEW】人気のアメリカアジサイ!アナベルの育て方や魅力をご紹介!

アメリカアジサイアナベルをご存知でしょうか。初夏に咲き始め秋までお庭できれいに咲いてくれるアジサイです。とっても人気のアナベル。何がそんなに魅力的なのでしょうか。

今回はアナベルの育て方から楽しみ方、アナベルの魅力をご紹介します。

アナベルの基本情報

学名:Hydrangea arborescens‘Annabelle’ 科名:ユキノシタ科 分類:落葉低木 アナベルは高さが1mを超え、お花の直径も20㎝以上になるアジサイです。「アメリカアジサイ」あるいは「セイヨウアジサイ」と呼ばれています。庭に花が少なくなる初夏から夏の間に咲いてくれるので、お庭に一株あると重宝する存在です。 さらに枯れてもきれい、日本のアジサイと比べ剪定時期に神経質になる必要がない、育て方がとっても簡単と言えば、もう植えない手はありませんよね。 h3ピンクアナベル アナベルはライムグリーンから白の花が咲くアジサイです。そんなアナベルにピンク色の花を咲かせるピンクアナベルが登場しました。育て方や花期はアナベルと同じです。 ピンクアナベルの方が少しお花の直径が小さめですが、その他は育て方などアナベルと何も変わりません。

学名:Hydrangea arborescens‘Annabelle’

科名:ユキノシタ科

分類:落葉低木

アナベルは高さが1mを超え、お花の直径も20㎝以上になるアジサイです。「アメリカアジサイ」あるいは「セイヨウアジサイ」と呼ばれています。庭に花が少なくなる初夏から夏の間に咲いてくれるので、お庭に一株あると重宝する存在です。

さらに枯れてもきれい、日本のアジサイと比べ剪定時期に神経質になる必要がない、育て方がとっても簡単と言えば、もう植えない手はありませんよね。

ピンクアナベル

アナベルはライムグリーンから白の花が咲くアジサイです。そんなアナベルにピンク色の花を咲かせるピンクアナベルが登場しました。育て方や花期はアナベルと同じです。

ピンクアナベルの方が少しお花の直径が小さめですが、その他は育て方などアナベルと何も変わりません。

アナベルの育て方

手間いらずで毎年咲いてくれるアナベルの基本的な育て方を紹介します。

アナベルの植え付け

アナベルは半日陰を好みます。完全に日が当たらないと花芽が形成されませんので、午前中は日が当たるけど午後の西日は当たらないような場所や、真夏の直射日光は遮ってくれるような落葉樹の足元などが向いています。

植え付け時は腐葉土をたっぷりと漉き込んで肥沃な土壌にしましょう。根が土から出ないように、しっかりと植え込みます。植え付け後はすぐにたっぷりと水を与えてください。土と根っこが土中でしっくり馴染むようなイメージで。その後も根付くまでは乾燥させないように表土が乾いたら水を与えます。

 

大切な剪定のタイミング

アナベルの育て方で一番大切なのは剪定のタイミングです。剪定のタイミングは、秋と春の2パターンあります。

秋の剪定

短くカットするなら秋です。アナベルは11月までに剪定すれば、強剪定をしても翌年の初夏にはまた花が咲きます。樹形を整えたい時は11月までに剪定しましょう。

春の剪定

冬の間はアナベルのきれいな枯れ姿を楽しんで春に剪定することも出来ます。その場合は4月くらいまで待って、花芽を確認出来るようになってからです。花芽を避けるように剪定します。

たくさんあるアナベルの魅力

アナベルは何がそんなに魅力なのでしょうか。アナベルの魅力をご紹介します。 h3アナベルの魅力|色の変化 アナベルの最大の魅力は時間の経過と共に変化していく花色です。蕾は平たい半球形で明るいグリーン、それから段々全体的に丸みを帯びていきます。それから真っ白できれいな球形のアジサイになります。 さらに咲き続ける間に白かった花は明るいグリーンへと変化を続け、夏の間はグリーンのまま咲き続けます。

アナベルは何がそんなに魅力なのでしょうか。アナベルの魅力をご紹介します。

アナベルの魅力|色の変化

アナベルの最大の魅力は時間の経過と共に変化していく花色です。蕾は平たい半球形で明るいグリーン、それから段々全体的に丸みを帯びていきます。それから真っ白できれいな球形のアジサイになります。

さらに咲き続ける間に白かった花は明るいグリーンへと変化を続け、夏の間はグリーンのまま咲き続けます。

 

アナベルの魅力|切花でも可愛い

真っ白な状態の時は切るとすぐに水が落ちて萎れてしまいますが、グリーンに変化してからのアナベルはとっても丈夫。お庭から切ってきて花瓶に挿しておくと随分長持ちします。

咲く花の数も多いので、切っても後悔しません。暑い夏の間に庭から切ってきてお部屋に飾りましょう。見ているだけで涼やかな気持ちになれるような爽やかなお花です。

 

アナベルの魅力|ドライフラワー

アナベルのもう一つの魅力はドライフラワーです。アナベルはドライフラワーになりやすいという特徴があります。切り花をそのまま吊るしておけば明るいグリーンを少しくすませながらきれいなドライフラワーになってくれます。

さらには、お庭で咲いたアナベルを夏が終ってもそのままにしておくと、庭に植わった状態できれいなアンティークカラーのドライフラワーになってくれます。その姿がとてもきれいなので、好んで枯れたままのアナベルを残しておくのも楽しみ方の一つです。

ミドラスもおすすめの植物です!

アナベルの魅力を整理しましょう。第一に半日陰のお庭の強い味方だということ。さらに真夏のお花が少なくなって寂しくなりがちなお庭で涼し気に咲いてくれます。剪定時期にも神経質になる必要はありません。 土壌も肥沃な土壌であれば問題なく咲いてくれます。ph値がお花の色に響くような心配はありません。白いふんわりした球形のアジサイは、和にも洋にもどんなお庭にも馴染んでくれます。 アナベルを上手に活かしたお庭づくりはミドラスの得意とするところです。「アナベルのきれいなお庭」とミドラスにご相談ください。

アナベルの魅力を整理しましょう。第一に半日陰のお庭の強い味方だということ。さらに真夏のお花が少なくなって寂しくなりがちなお庭で涼し気に咲いてくれます。剪定時期にも神経質になる必要はありません。

土壌も肥沃な土壌であれば問題なく咲いてくれます。ph値がお花の色に響くような心配はありません。白いふんわりした球形のアジサイは、和にも洋にもどんなお庭にも馴染んでくれます。

アナベルを上手に活かしたお庭づくりはミドラスの得意とするところです。「アナベルのきれいなお庭」とミドラスにご相談ください。

庭木のお手入れ・剪定の頻度ってどれくらい?

シンボルツリーに生垣、目隠し、他にも庭にはたくさんの庭木が植えてあります。庭木ってどれくらいの頻度で剪定したらいいのでしょうか。庭木の剪定の頻度やお手入れについてご紹介します。

庭木の剪定の頻度ってどれくらい?

庭木の剪定頻度ってどれくらいのペースで行えばいいのでしょうか。ちょっと悩むところですよね。 年に何回行うかなど、大体の目安をご紹介します。詳しくはそれぞれの樹種によって違ってきます。シンボルツリーなど大事にしている樹木はプロに相談した方がいいでしょう。 h3落葉樹の剪定頻度 落葉樹の剪定頻度は年に1~2回です。一般的に落葉樹の剪定時期は落葉期です。年に一度、樹形を整えるような大きな剪定はこの時期に行います。ただし、花や果実を楽しむのが目的の場合は、剪定のタイミングによって花芽を切り落としてしまう可能性もあります。調べてから行うようにしてください。 h3常緑樹の剪定頻度 常緑樹の剪定は年に1~2回が目安です。原則として常緑樹は厳寒期も休眠しません。冬は寒さで元気を無くしているので剪定はしない方が賢明です。剪定をするなら生長期の夏を迎える前に大きく樹形を整えるような剪定と、秋に小枝を間引く程度の剪定を行います。 常緑樹も花や果実を楽しむのが目的の庭木の場合は花芽を切らないためにも剪定時期には注意が必要です。

庭木の剪定頻度ってどれくらいのペースで行えばいいのでしょうか。ちょっと悩むところですよね。

年に何回行うかなど、大体の目安をご紹介します。詳しくはそれぞれの樹種によって違ってきます。シンボルツリーなど大事にしている樹木はプロに相談した方がいいでしょう。

落葉樹の剪定頻度

落葉樹の剪定頻度は年に1~2回です。一般的に落葉樹の剪定時期は落葉期です。年に一度、樹形を整えるような大きな剪定はこの時期に行います。ただし、花や果実を楽しむのが目的の場合は、剪定のタイミングによって花芽を切り落としてしまう可能性もあります。調べてから行うようにしてください。

常緑樹の剪定頻度

常緑樹の剪定は年に1~2回が目安です。原則として常緑樹は厳寒期も休眠しません。冬は寒さで元気を無くしているので剪定はしない方が賢明です。剪定をするなら生長期の夏を迎える前に大きく樹形を整えるような剪定と、秋に小枝を間引く程度の剪定を行います。

常緑樹も花や果実を楽しむのが目的の庭木の場合は花芽を切らないためにも剪定時期には注意が必要です。

生垣の剪定頻度

生垣の剪定の頻度はどれくらいでしょう。生垣の剪定の頻度とタイミングについてご紹介します。  h3樹形重視 夏の生長期を迎える前、春のうちに大きく剪定をします。すっきりさせることで夏に枝が暴れるのを防ぐことができ、病害虫の予防にもなります。秋にもう一度、夏に伸びて暴れた枝を整えるための剪定を行います。 お花が咲く樹種なら、せっかくですからお花を楽しんでから切るようにしましょう。  h3迷惑防止重視 実用性重視の剪定も必要です。公道にはみ出すようになったり、近隣の人たちに迷惑がかかるようになったら剪定しましょう。

生垣の剪定の頻度はどれくらいでしょう。生垣の剪定の頻度とタイミングについてご紹介します。

樹形重視

夏の生長期を迎える前、春のうちに大きく剪定をします。すっきりさせることで夏に枝が暴れるのを防ぐことができ、病害虫の予防にもなります。秋にもう一度、夏に伸びて暴れた枝を整えるための剪定を行います。

お花が咲く樹種なら、せっかくですからお花を楽しんでから切るようにしましょう。

迷惑防止重視

実用性重視の剪定も必要です。公道にはみ出すようになったり、近隣の人たちに迷惑がかかるようになったら剪定しましょう。

コニファーの剪定頻度

コニファーの剪定のタイミングは一番の悩みどころではないでしょうか。コニファーは樹形が崩れないので剪定のタイミングの見極めが難しい庭木です。それでも時々は剪定しないと、日の当たらない内側の方の葉が茶色く枯れてきてしまいます。枯れた部分は切り戻しても緑の葉は生えてきません。 風通しが悪いと病害虫も発生しやすくなるので、木を健康に保つためにも1~2年に1度は剪定を行いましょう。  h3コニファーの剪定の時期 コニファーの剪定の時期をご紹介します。 まず先に剪定を行わない方がいいのは夏。コニファーは高温多湿を苦手とする品種が多いので、真夏に剪定を行うとそのまま弱ってしまうことがあります。 同じく極寒期の剪定は避けた方がいいでしょう。それだけ樹木に負担をかけることになります。 理想は新芽が出る頃。強めの剪定を行ってもすぐに新芽が伸びてきて切り口を隠してくれます。  h3コニファーの剪定のコツ コニファーは樹形も崩れないので、剪定するポイントの見極めの難しい樹種です。強めに剪定するとしても葉があるところまでにしましょう。葉がないところまで深く剪定するとそこからはもう新芽が出てこないので、茶色くすかすかした寂しい姿になってしまいます。 コニファーは金属を嫌う性質があると言う話も聞きますが、実際は普通の剪定ハサミや刈り込みハサミで刈り込みます。切り口は茶色くなりますが、春から初夏くらいまでに剪定をすれば剪定してすぐに新芽が伸びてきて切り口を隠してくれます。

コニファーの剪定のタイミングは一番の悩みどころではないでしょうか。コニファーは樹形が崩れないので剪定のタイミングの見極めが難しい庭木です。それでも時々は剪定しないと、日の当たらない内側の方の葉が茶色く枯れてきてしまいます。枯れた部分は切り戻しても緑の葉は生えてきません。

風通しが悪いと病害虫も発生しやすくなるので、木を健康に保つためにも1~2年に1度は剪定を行いましょう。

コニファーの剪定の時期

コニファーの剪定の時期をご紹介します。

まず先に剪定を行わない方がいいのは夏。コニファーは高温多湿を苦手とする品種が多いので、真夏に剪定を行うとそのまま弱ってしまうことがあります。

同じく極寒期の剪定は避けた方がいいでしょう。それだけ樹木に負担をかけることになります。理想は新芽が出る頃。強めの剪定を行ってもすぐに新芽が伸びてきて切り口を隠してくれます。

コニファーの剪定のコツ

コニファーは樹形も崩れないので、剪定するポイントの見極めの難しい樹種です。強めに剪定するとしても葉があるところまでにしましょう。葉がないところまで深く剪定するとそこからはもう新芽が出てこないので、茶色くすかすかした寂しい姿になってしまいます。

コニファーは金属を嫌う性質があると言う話も聞きますが、実際は普通の剪定ハサミや刈り込みハサミで刈り込みます。切り口は茶色くなりますが、春から初夏くらいまでに剪定をすれば剪定してすぐに新芽が伸びてきて切り口を隠してくれます。

ミドラスは庭木の剪定だって得意です!

大事な庭木の剪定についてお悩みなら、ミドラスに相談してみませんか。ミドラスならその樹種ごとに最適なお手入れ方法をアドバイスしています。

どうしたらいいのかな、と考えているなら一度ミドラスにご相談ください。きっとお役に立てます!

駐車場の小さなスペース花壇とリビング前の庭づくり

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

-------------------------------------------------
埼玉県志木市 戸建て
【施工内容】新規植栽、立水栓設置、タイル台設置
【広 さ】約10㎡
【エリア】建物外周部
【費 用】80万円台
【工 期】5日
-------------------------------------------------

施工前の植栽スペース

Before

雑然と鉢植えが置かれていた駐車場の植栽花壇。

小さな植栽スペースを活用したお庭づくり

After

新たに立水栓を設置。シンボルツリーのアオダモと下草類を植え、斑入りの葉など明るい印象の植物が際立つスペースができました。

施工前の裏庭

Before

リビング前のお庭。BBQができるような場所を作りたいというご要望でした。

タイル台で裏庭を活用

After

タイルで装飾した台を設置し、平らな場所を確保。リビングからの出入りも楽になり、お庭を楽しめる空間の完成です。

MIDOLASからの提案

今回は駐車場から建物外周部の植栽、リビング前のお庭のスペースづくりをプランニングしました。
隣家がせまり、暗くなりがちだったお庭を、使いやすく落ち着ける空間となるよう計画。建物外周部の植栽は手入れのしやすい植物をメインに、明るい雰囲気のある斑入りの下草などで華やかに彩りました。

小さな植栽スペースを活用したお庭づくり

ここがポイント①

全体的にナチュラルな雰囲気になるよう白い花が咲く木や、シルバーリーフのシロタエギク、明るいグリーンのフィリフェラや斑入りのマートルなどの下草で心惹かれる花壇に。
シンボルツリーにはアオダモを選定し、涼し気な枝ぶりと葉、春先に咲く白い花を楽しむことができます。

ハーブや宿根草を織り交ぜた彩り豊かなお庭

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

-------------------------------------------------
千葉県流山市 戸建て
【施工内容】既存樹木伐採、土壌改良、新規植栽、ステップ新設
【費 用】25-50万円
【広 さ】約20㎡
【エリア】玄関アプローチ、主庭
【工 期】2日
-------------------------------------------------

施工前のお庭

Before

花壇の中の植物が伸び切って、まとまりのない印象に感じられます。

レンガ造りお庭と花壇植栽

After

土壌改良を行い、ハーブや宿根草を織り交ぜた植栽で彩り豊かな花壇に。

施工前のエントランス植栽

Before

コニファーと紅葉が植わっており、洋風の外観に合うような植栽をご希望でした。

ナチュラルテイストのシンボルツリーとエントランス植栽

After

外壁に映えるオリーブとアナベルを植栽。足元の草花がさりげない華やかさでエントランスを飾ります。

MIDOLASからの提案

エントランスに植わっていたコニファーと紅葉を伐根して、洋風の住居に合うオリーブの木をシンボルツリーとして植えました。お庭の花壇とエントランスの植栽は、ナチュラルな雰囲気の草花でまとめています。

レンガ造りお庭と花壇植栽

ここがポイント①

リビングから眺められるレンガ造りのお庭。
以前から植わっていた樹木は生かしつつ、カラーリーフなどを取り入れました。花がない時期も彩り豊かなお庭を楽しめます。

ナチュラルテイストのシンボルツリーとエントランス植栽

ここがポイント②

シンボルツリーと下草類はナチュラルガーデンをイメージした植栽に。
下草類には管理が比較的楽なハーブや宿根草などを植えて華やかさをプラス。お花も咲く植物を選ぶことで季節を感じられるエントランスになります。

【スタッフコラム】生活を豊かにする植物とスタッフのあれこれ。

オフィスの江戸切子と植物

会社で生まれた、植物との和む時間を紹介するこのコーナー。
今日は、素敵なモノたちを机周りに置いているミドラスマネージャー小林にまつわるエピソードを紹介したいと思っています。

小林の机の上のモノたち

サフランとヒヤシンスの球根

勤務中、だいたいいつも忙しなく動いている小林。

ちゃきちゃきと仕事をこなすので、男気に溢れているかと思いきや、結構かわいいもの好き。可愛いもの、と一口に言っても様々あるものの、植物の中では繊細で小さいものが好きなのでは、と勝手に勘ぐっています。

江戸切子とシッサスの根

開花したサフランのお花

なぜかと言うと、、、それは江戸切子に入ったシッサスの水差しにまつわるエピソードから。

小林がふと「いまちょっといい?」と江戸切子のコップを持ちながら話しかけてきたときの話。「なんでしょう?」と聞くと、「水耕栽培していたシッサスの根が出てきたの!」と嬉しそうに報告をしてくれました。ふむふむ、と思いシッサスの茎下部分を見てみる。すると、、

 

開花したサフランのお花

 

透明で猫の毛ほどのサイズの根がちょびっとだけ顔を出している。その根があまりにも透明でか弱く見えたため、つい「これって根ですよね…?」と聞いてしまったほど。

そんなはかなげな根も2週間ほど経つとしっかりとした根が出てきます。

ミニ盆栽のユキノシタ

オフィスのヒヤシンス球根とサボテン

可愛らしい小さな鉢に、これまた可愛い小さな葉。

極小葉のユキノシタ。

少しじめっとした場所が好きなユキノシタに、外出から帰ってくるたびに霧吹きでシュッシュッと水を吹きかけている姿を何度も見たことがあります。

小さいけれどひとつの世界をまとったユキノシタ。

小さな世界を大切にすることは、ひとつひとつを大切にすること。
本当に豊かな時間は細やかで丁寧な時間の中から生まれるのかもしれない、とそう感じた社内での一コマ。

 

お花見の季節!

ソメイヨシノの花

東京は3月21日に開花宣言がありましたね。

ここ、白金台でもソメイヨシノが咲きはじめました。

桜を見ると嬉しくなると同時に、そのはかなさに少し悲しくなる季節でもあります。

だからこそ気持ちのいい気候の中、淡い桜を満喫したくなります。

家族と、友だちと、大好きな人たちと素敵な春の日をお過ごしください。

門柱・門回りの素材とデザイン例をご紹介!

門柱・門回りはお家の顔です。門回りの雰囲気で住んでいる人の印象も変わってきます。それだけではありません。他にも境界を明確にする、プライバシーを守る、何より防犯という大切な役目も担っています。 機能性にも優れていて、しかもデザインも素敵な門柱・門回りの見つけ方をご紹介します。

門柱・門回りはお家の顔です。門回りの雰囲気で住んでいる人の印象も変わってきます。それだけではありません。他にも境界を明確にする、プライバシーを守る、何より防犯という大切な役目も担っています。

機能性にも優れていて、しかもデザインも素敵な門柱・門回りの見つけ方をご紹介します。

門柱・門回りとは

「門柱」は「もんちゅう」と読みます。単純に門の両脇の柱のことだけではなくて、門扉回りの壁面も含まれます。 最近は明確に門を作らないオープンな外構も増えてきているので、門は無いけど門柱のみというパターンも増えてきました。

「門柱」は「もんちゅう」と読みます。単純に門の両脇の柱のことだけではなくて、門扉回りの壁面も含まれます。

最近は明確に門を作らないオープンな外構も増えてきているので、門は無いけど門柱のみというパターンも増えてきました。

 

門柱・門回りの役割

門柱・門回りは何のために必要なのかという、ベーシックな役割を再考してみましょう。

第一に境界を示す役割を果たしています。「ここから我が家の敷地です」というお知らせの為に門を設置します。つまりそれは、他者が勝手に入ってこないようにするという防犯の役割も果たしています。

それからプライバシーの保護です。郵便物などは門柱のポストに配達されます。玄関のドアからの出入りの際に周囲からの目隠しになるように、また家の中が丸見えにならないように設置します。

さらにどんなデザイン、雰囲気にするかでお家の印象のみならず、住んでいる人のイメージまで左右します。

門柱・門回りのデザインや素材例

門柱・門回りのデザインや素材についてご紹介します。 デザインとは、計画や設計を指します。つまり、どのような形状や構成にするか、ということです。 素材はウッドやレンガ、コンクリートなどの門柱・門回りを作る材質そのものです。どの素材を使用するかによって印象や雰囲気が変わってきます。 素材もデザインも最初に、用途、目的、雰囲気といった出来上がりのイメージを固めてから選んでいくと失敗がありません。  h3門柱・門回りのデザイン例 門柱・門回りのデザインには大きく分けて2つあります。最近人気のオープンなデザインと、反対にクローズドなデザインです。 h4オープンな門柱・門回りのデザインとは オープンなデザインの門回りは門柱のみで構成されていたりと、完全に門が閉まらないような構造になっています。海外の住宅に多く見られるデザインで、開放的で広々とした印象を与えます。 h4クローズドな門柱・門回りのデザインとは クローズドなデザインは防犯、プライバシーの保護といった面を重視する方におすすめです。門柱に合わせてしっかりと閉じることが出来る門も作ります。 かと言って完全に閉じてしまうわけではなく、門部分をアイアンにして抜け感を楽しんだり、躯体と合わせた素材で作ることで広さや奥行を感じさせることも出来ます。

門柱・門回りのデザインや素材についてご紹介します。

デザインとは、計画や設計を指します。つまり、どのような形状や構成にするか、ということです。

素材はウッドやレンガ、コンクリートなどの門柱・門回りを作る材質そのものです。どの素材を使用するかによって印象や雰囲気が変わってきます。

素材もデザインも最初に、用途、目的、雰囲気といった出来上がりのイメージを固めてから選んでいくと失敗がありません。

門柱・門回りのデザイン例

門柱・門回りのデザインには大きく分けて2つあります。最近人気のオープンなデザインと、反対にクローズドなデザインです。

オープンな門柱・門回りのデザインとは

オープンなデザインの門回りは門柱のみで構成されていたりと、完全に門が閉まらないような構造になっています。海外の住宅に多く見られるデザインで、開放的で広々とした印象を与えます。

クローズドな門柱・門回りのデザインとは

クローズドなデザインは防犯、プライバシーの保護といった面を重視する方におすすめです。門柱に合わせてしっかりと閉じることが出来る門も作ります。

かと言って完全に閉じてしまうわけではなく、門部分をアイアンにして抜け感を楽しんだり、躯体(くたい)と合わせた素材で作ることで広さや奥行を感じさせることも出来ます。

門柱・門回りの素材例

門柱・門回り作りのなかで素材は重要です。素材によって印象や雰囲気といったものに違いが出てきます。デザインは機能性、素材は雰囲気やイメージを作るものだと理解してください。それぞれの素材の特徴や、演出できる雰囲気をご紹介します。

レンガやタイル、石貼り

ナチュラルな雰囲気作りを意識するなら、レンガやタイル、石貼りです。ヨーロッパの田舎に特に天然石やアンティークレンガなどを使用すると、個々が微妙に不揃いなことからさらに自然な印象を強調できます。

ウッド

温かみを強調したいなら、素材はウッドがいいでしょう。最近は耐久性の高い人工木も豊富です。色や質感で雰囲気も変わってきます。深く濃いこげ茶色は重厚感を、白っぽい木材でナチュラルな感じを、アイボリーやグレーでシャビ―な雰囲気も。好きな雰囲気を先に決めておくと選びやすくなります。

アイアン

アイアンは重厚感のある印象を与えます。さらにロートアイアンなど曲線のきれいなものはクラシカルな印象になります。

コンクリート

コンクリートのシャープな直線はモダンな雰囲気をつくるのにぴったりです。グレイッシュな白は少し冷たい印象も与えます。

また、コンクリートの門柱・門回りは和モダンな雰囲気にも良く似合います。

金属製

ステンレスなど無機質な印象の金属は、無駄を省いたスタイリッシュな雰囲気を演出するのにぴったりな素材です。硬い直線と光る金属の組み合わせは暖かさとは無縁のシャープな印象を人に与えます。

塗装材仕上げ

壁を塗装材で仕上げることを指します。塗装材仕上げは、塗り方、色、素材感を好みに調整できるので、非常にバリエーション豊富です。つまり、とても個性豊かな仕上げが可能となります。

門柱・門回りもミドラスなら素敵に仕上げます!

門柱・門回りはそのお家の顔となる場所です。雰囲気作りは慎重に行いたいですよね。 大切なのは躯体との調和、周囲の景色との調和です。どんな建造物も植物が加わると、自然と周囲の景色と調和します。 ミドラスなら、モダンなデザインでもナチュラルなデザインでも、その雰囲気に合わせてベストな植栽のご提案ができます。周りの景色と調和したセンスのいい門柱・門回りを一緒に作りませんか。 ミドラスにご相談ください。

門柱・門回りはそのお家の顔となる場所です。雰囲気作りは慎重に行いたいですよね。

大切なのは建物との調和、周囲の景色との調和です。どんな建造物も植物が加わると、自然と周囲の景色と調和します。

ミドラスなら、モダンなデザインでもナチュラルなデザインでも、その雰囲気に合わせてベストな植栽のご提案ができます。周りの景色と調和したセンスのいい門柱・門回りを一緒に作りませんか。

ミドラスにご相談ください。

お庭で気軽に出来る!ポタジェガーデンの作り方|ハーブ編

家庭菜園、エディブルガーデン、ポタジェガーデン、色んな呼び方がありますが、ポタジェガーデンとは具体的にどういう意味なのでしょうか。 今回は特にハーブにフォーカスして、ポタジェガーデンで育ててみたい、育てやすいハーブをご紹介します。

家庭菜園、エディブルガーデン、ポタジェガーデン、色んな呼び方がありますが、ポタジェガーデンとは具体的にどういう意味なのでしょうか。

今回は特にハーブにフォーカスして、ポタジェガーデンで育ててみたい、育てやすいハーブをご紹介します。

ポタジェガーデンとは

フランス発祥の家庭菜園です。野菜畑によく見られる畝(うね)を作ったりしません。普通の花壇と同じように彩りやバランスを考えて植えます。観賞用の木も草花も、収穫を目的とした果樹や野菜、ハーブも、すべて混植するのがポタジェガーデンの特徴です。 狭い日本のお庭で作りやすいスタイルであり、育てる喜び、見る楽しみ、食べる幸福感を実感できる理想的なお庭です。 食用にされているハーブは、花が可愛い種類も多いんです。食用、観賞用と区別せずに、すべてを楽しめるポタジェガーデンにトライしてみましょう。

フランス発祥の家庭菜園です。野菜畑によく見られる畝(うね)を作ったりしません。普通の花壇と同じように彩りやバランスを考えて植えます。観賞用の木も草花も、収穫を目的とした果樹や野菜、ハーブも、すべて混植するのがポタジェガーデンの特徴です。

狭い日本のお庭で作りやすいスタイルであり、育てる喜び、見る楽しみ、食べる幸福感を実感できる理想的なお庭です。

食用にされているハーブは、花が可愛い種類も多いんです。食用、観賞用と区別せずに、すべてを楽しめるポタジェガーデンにトライしてみましょう。

ポタジェガーデンで育てやすいハーブをご紹介

ポタジェガーデンは特別なことをする必要はありません。いつもの花壇にちょっとずついろんなハーブをプラスして植えていくだけです。なかでも日本のお庭で育てやすいハーブをご紹介します。

ポタジェガーデンは特別なことをする必要はありません。いつもの花壇にちょっとずついろんなハーブをプラスして植えていくだけです。なかでも日本のお庭で育てやすいハーブをご紹介します。

育てやすいハーブ

育てやすくて食べやすい、身近なハーブをご紹介します。

バジル

一年草

春から夏の終わりが出回り期です。イタリア料理で有名な香りの良いハーブ。水はけが良ければあまり土壌を選びませんで、育てるのもとっても簡単。

摘んだ葉っぱをフレッシュのままちぎって、トマトと一緒にサラダにしても、ジェノベーゼソースにしても。夏の間にたくさん収穫したら乾燥させて保存もできます。

コモンタイム

多年草

初夏には小さなお花も咲かせる多年草です。ほふく性のクリーピングタイムと木立性のコモンタイムがあり、食用になるのはコモンタイムです。食用目的で植える場合はコモンタイムを選んでください。

乾燥させてブーケガルニに使用したり、フレッシュのまま魚のグリルに添えたり、指で揉んで香りを出してからスープに入れたり、使い方はたくさんあります。

ミント

宿根草

春に芽吹き、夏の間は旺盛に生育します。気温が下がると徐々に枯れたようになりますが、翌春また芽吹いてきます。痩せ地でも育つ強健種です。

フレッシュで摘んで飲み物やデザートに乗せます。ミントをふんだんに使うモロッコティーはあまりに有名です。他にもひき肉と一緒にこねてコロッケにしたり、お肉に添えるミントソースにも変身します。

パクチー(コリアンダー)

一年草

香りが特徴的なハーブです。夏が生育期ですが、高温多湿に弱いので日本の夏が苦手です。風通しの良い場所で夏越しさせましょう。

ヨーロッパからアジアまで様々な国で使用されてきたので、エスニックから洋風までレシピも多用です。フレッシュの葉を薬味にして、根っこを煮込んでスープのお出汁に、根から葉まで無駄なく使いきれます。

ルッコラ

一年草

ゴマに似た香りを持つハーブです。強健で育てやすいのも特徴です。

主に葉をフレッシュでサラダにして食べます。葉が生長しすぎて硬くなってしまったら、茹でてスープに入れたり、ソテーにしても楽しめます。

花が可愛いハーブ

見て楽しんで食べられて、花まで可愛いハーブのご紹介です。 チャイブ 多年草 ネギの仲間の多年草です。伸びても20~30㎝の小さなアサツキのような見た目です。初夏に直径1㎝くらいの赤紫色のネギ坊主のような花を咲かせます。 チャイブは刻んでスープに浮かべたり、お刺身やカルパッチョの薬味にも利用できます。一家に一株あって後悔することはないハーブです。

見て楽しんで食べられて、花まで可愛いハーブのご紹介です。

チャイブ

多年草

ネギの仲間の多年草です。伸びても20~30㎝の小さなアサツキのような見た目です。初夏に直径1㎝くらいの赤紫色のネギ坊主のような花を咲かせます。

チャイブは刻んでスープに浮かべたり、お刺身やカルパッチョの薬味にも利用できます。一家に一株あって後悔することはないハーブです。

ナスタチウム

一年草

別名キンレンカ。鮮やかなオレンジ色や黄色、赤などの花を初夏から秋まで咲かせるハーブです。大きく鮮やかな色で目を楽しませてくれます。

花も葉も食べられるので、サラダを鮮やかにする彩りとして欠かせません。

ボリジ

一年草

夏の暑さで枯れていくタイプの一年草です。春から夏にかけて青い星形の可愛らしい花を咲かせます。

花は飲み物やデザートに浮かべたり、若い葉はサラダとしても食べられます。

コンパニオンプランツをご紹介

コンパニオンプランツってご存知ですか?一緒に植えておくと、お互いに良い影響を与え合う植物の組み合わせです。ポタジェガーデンを作るなら、ちょっと覚えておきたい豆知識です。

コンパニオンプランツってご存知ですか?一緒に植えておくと、お互いに良い影響を与え合う植物の組み合わせです。ポタジェガーデンを作るなら、ちょっと覚えておきたい豆知識です。

コンパニオンプランツの組み合わせ例

コンパニオンプランツの具体的な組み合わせのご紹介です。

ミニトマト×バジル

バジルがミニトマトにとって過度な水分を吸い取ってくれます。

ズッキーニ×マリーゴールド

マリーゴールドが虫を呼び寄せ、ズッキーニの結実を促します。

イチゴ×ニンニク

ニンニクがイチゴに付きやすい害虫を忌避してくれます。

ミドラスと一緒に楽しみがいっぱいのお庭づくりをしましょう!

ポタジェガーデンを作って、お庭にテーブルとイスを出して食事を楽しむ。お庭の手入れをしながら実った野菜を収穫してキッチンに戻る。生活が豊かになるような楽しみがいっぱいのポタジェガーデンはとっても簡単に出来るんです。 ミドラスにご相談いただけたら、ライフスタイルに沿ったポタジェガーデンのご提案ができます。ミドラスと一緒に気軽にポタジェガーデンを始めてみませんか。

ポタジェガーデンを作って、お庭にテーブルとイスを出して食事を楽しむ。お庭の手入れをしながら実った野菜を収穫してキッチンに戻る。生活が豊かになるような楽しみがいっぱいのポタジェガーデンはとっても簡単に出来るんです。

ミドラスにご相談いただけたら、ライフスタイルに沿ったポタジェガーデンのご提案ができます。ミドラスと一緒に気軽にポタジェガーデンを始めてみませんか。

【インタビュー】 ハーブやイロハモミジで季節を感じる オープンな玄関アプローチ

昨年8月に新居を建てられたN様。
トップ

雨が降っても土が流れ出る心配がなくなりました!

コウライシバのグラウンドカバーで悩みを解決

昨年8月に新居を建てられたN様。手付かずのままのお庭は雨が降ると大量に土が道路にまで流出して困られていたそう。このお庭をどうにかしたいと検索したところミドラスを見つけられご連絡頂きました。

N様がお庭に求められたものは季節感。春は花、秋には紅葉といったものを感じられるようにしたい。また、近所の人も植栽が楽しめるように、オープンな感じにしたいという要望がありました。ミドラスではまず、土が流れ出さないようにコウライシバを張ることを提案。また既存のヤマボウシと対になるようにイロハモミジをシンボルツリーに据えました。玄関までの枕木と芝、樹木の様相がぴったりと外観の雰囲気に合ったお庭が出来上がりました。

 

芝生の庭

\ 施主様の声 /

「『みどりと暮らす。』というサイトの雰囲気やコンセプトにひかれて依頼することを決めました。住まいの外観とぴったりあった雰囲気にしてもらい、満足しています」

白い外壁に赤色の玄関ドアと郵便ポスト。シンプルでスタイリッシュな外観は住宅街の中でも目を引く存在感があります。そんな素敵な外観に合った植栽を作りたいと思われていたN様。
「家を新築した時にお庭は自分自身でやろうと思っていました。クラピアやチョコレートアジュガなど自分の好きな植物を植えていましたが、大雨が降ると土が流れてしまうので困ってしまって。主人と二人で土止めなどもしてみましたが、最終的にはプロに頼もうということになりました。サイトで探していたときに、ホームページの雰囲気や『みどりと暮らす。』という言葉にピンと来たのはミドラスだけでした。実際来ていただいた女性ディレクターの小林さんとお話したときも、話しやすく、こちらの意図もすぐに汲んでくれたので、迷いなくにミドラスに依頼しようと決めることができました」。
N様の求めた自然風な植栽は、住まいの外観と違和感なく溶け込み、もともとそうであったかのようにぴったりと合った雰囲気を作り出すことができました。
-------------------------------------------------
埼玉県新座市 戸建て N邸
【施工内容】植栽
【広さ】  26㎡
【エリア】 玄関アプローチ
【費用】  約30万円
【家族構成】ご夫婦
-------------------------------------------------

施工前の庭

Before

新築後、お庭には枕木とヤマボウシが植栽されていましたが、土部分はむき出しのまま足元が悪くなりやすかったそう。

施工後の庭

After

勾配になっている部分にコウライシバを張り土が流れ出さないようにし、シンボルツリーとなるイロハモミジやローズマリーなどを植栽しました。

point
01

コウライシバのグラウンドカバー

施工前

【地面がむき出しのままの庭】
雨が降ると地面が流れ出してしまうほど吸水性が悪かったお庭。
クラピアなどを植えてみましたが、大雨が降るとまた流れ出してしまう土に自分での施工を断念し、プロの手に頼むことを決意。

芝張り

【1枚ずつ丁寧に敷かれた芝】
勾配になっているアプローチの枕木部分にコウライシバを張り、土壌が流れてしまう問題を解決。「職人さんが一人で黙々と、丁寧に芝を張ってくれた姿が嬉しかった。おかげで土が流出しなくなりました」とN様。

芝張り後

【ご近所も楽しめるオープン外構】
道路から玄関までの距離が比較的あり、すでに枕木も設置されていたN邸。そのイメージに合わせて芝だけでなく奥様が好きなハーブ系の植物を植えることを提案。ハーブに囲まれた小道を歩いていけるようなイメージのアプローチになり、近所の人の目も楽しませくれます。

point
02

家庭菜園の周りに踏み石を置いて使いやすく

家庭菜園スペース

小松菜や水菜、サンチュなどが植わっている家庭菜園の花壇。その周りには踏み石をランダムに置くことを提案しました。お庭の景観のちょっとしたアクセントにもなり、家庭菜園の手入れをするときも靴が汚れずにすみ重宝しているそうです。

レモングラス・ハーブ
植栽作業

完工後のお庭に訪問しました!


会話風景

お庭が完成してから約3カ月後、お庭の様子を伺いに行ってきました。冬だったので、芝は休眠中。樹木も葉を落としていましたが、イロハモミジはかわいい新芽を付けていました。
「剪定をしたときに、幹から水分が滴ってきたんです。こんなに枯れたように見えても、植物はきちんと力を蓄えているんだなと思いました。新芽も膨らんできて、春が来るのが待ち遠しいです」。自然が身近に感じられ、家に帰ってくるのが楽しみになったと言われます。また、これから日陰の部分には多肉植物を植えたり、道路からのアイストップになる場所に枕木の塀を作ったりしたいとお庭の構想も膨らんでいるようです。

春の花の咲く順番!球根と草花編

春は一斉にお庭の花たちが咲き始める季節です。一口に春の花と言っても、早春2~3月頃に咲く花、4~5月に咲く花は違います。春のお庭を花でいっぱいにする為に、春の花の咲く順番をご紹介します。 咲いていく順番がわかると、次に咲くお花がわかってわくわくします。春の楽しみが増えますよ。

春は一斉にお庭の花たちが咲き始める季節です。一口に春の花と言っても、早春2~3月頃に咲く花、4~5月に咲く花は違います。春のお庭を花でいっぱいにする為に、春の花の咲く順番をご紹介します。

咲いていく順番がわかると、次に咲くお花がわかってわくわくします。春の楽しみが増えますよ。

春の花の咲く順番|球根編

スイセン ■スイセン開花期12月頃~3月 最初に咲く、球根のお花です。12月頃から咲き始める早咲き種もあります。多くの品種は年が明けてから、他の花より少し早めに咲き出すという感じです。 ■クロッカス開花期 2月頃 スイセンと混ざって2月くらいから咲き始めます。黄色や紫の顔の花びらの大きな花を咲かせます。ちょっと寂しくなったお庭の中で、存在感を放ちます。 ■スノーフレーク 開花期 2~3月頃 まだ寒い春の初め、白くスズランを思わせるようなベル状の花を咲かせます。一度植えるとどんどん分球して増えていきます。 ■ムスカリ開花期 2~3月頃 ムスカリが咲き始めたらあとはぐんぐん暖かくなるという知らせ。桜より少し早く咲き始めます。ニラのように広がった葉の間から、紫のつくしのような蕾が上がってきたら、春はもうすぐそこです。 ■フリチラリア 開花期 2~4月頃 バイモユリなどもこの仲間です。真夏の暑さで球根が無くなってしまうことがありますが、春に咲く釣鐘型の花の可愛らしさは他にはない雰囲気があります。 ■チオノドクサ 開花期 3~4月頃 半日陰を好みます。開花期が長いので、落葉低木の足元などに植えておくと、他の植物が芽吹くまでお庭を明るくしてくれます。 ■シラー開花期 4月頃 桜が開花する頃、落葉樹の足元で咲き始めます。色のバリエーションが豊富なシラーは花付きが良く、植えっぱなしで毎年楽しめます。淡いピンクやブルーがかった紫、白などがあります。 ■イングリッシュ・ブルーベル(シラー)開花期 4月頃 桜が終わる頃咲き始めます。文字通りイギリスの山林に自生している球根の花です。他のシラーに比べて華奢な草姿をしています。少し俯くような咲き方が可愛らしい花です。 ■チューリップ 開花期 4月頃 桜が終わった頃に咲き始めます。よく見かける花が大きく華やかなチューリップの他に、草丈の小さな原種系チューリップもあります。原種系チューリップは野花のような趣きがあり、見ているだけで和みます。 ■スズラン開花期 4~5月頃 春の終わり、もうだいぶ暖かくなった頃に咲き始めます。日陰で群生し、優しい香りを漂わせます。花後、放っておくと真赤な実を付けることを知っている人は少ないかもしれません。

スイセン

■スイセン 開花期12月頃~3月

最初に咲く、球根のお花です。12月頃から咲き始める早咲き種もあります。多くの品種は年が明けてから、他の花より少し早めに咲き出すという感じです。

■クロッカス 開花期 2月頃

スイセンと混ざって2月くらいから咲き始めます。黄色や紫の顔の花びらの大きな花を咲かせます。ちょっと寂しくなったお庭の中で、存在感を放ちます。

■スノーフレーク 開花期 2~3月頃

まだ寒い春の初め、白くスズランを思わせるようなベル状の花を咲かせます。一度植えるとどんどん分球して増えていきます。

■ムスカリ 開花期 2~3月頃

ムスカリが咲き始めたらあとはぐんぐん暖かくなるという知らせ。桜より少し早く咲き始めます。ニラのように広がった葉の間から、紫のつくしのような蕾が上がってきたら、春はもうすぐそこです。

■フリチラリア  開花期 2~4月頃

バイモユリなどもこの仲間です。真夏の暑さで球根が無くなってしまうことがありますが、春に咲く釣鐘型の花の可愛らしさは他にはない雰囲気があります。

■チオノドクサ 開花期 3~4月頃

半日陰を好みます。開花期が長いので、落葉低木の足元などに植えておくと、他の植物が芽吹くまでお庭を明るくしてくれます。

■シラー 開花期 4月頃

桜が開花する頃、落葉樹の足元で咲き始めます。色のバリエーションが豊富なシラーは花付きが良く、植えっぱなしで毎年楽しめます。淡いピンクやブルーがかった紫、白などがあります。

■イングリッシュ・ブルーベル(シラー) 開花期 4月頃

桜が終わる頃咲き始めます。文字通りイギリスの山林に自生している球根の花です。他のシラーに比べて華奢な草姿をしています。少し俯くような咲き方が可愛らしい花です。

■チューリップ 開花期 4月頃

桜が終わった頃に咲き始めます。よく見かける花が大きく華やかなチューリップの他に、草丈の小さな原種系チューリップもあります。原種系チューリップは野花のような趣きがあり、見ているだけで和みます。

■スズラン 開花期 4~5月頃

春の終わり、もうだいぶ暖かくなった頃に咲き始めます。日陰で群生し、優しい香りを漂わせます。花後、放っておくと真赤な実を付けることを知っている人は少ないかもしれません。

春の花の咲く順番|草花(宿根草・多年草)編

ヘレボラス(クリスマスローズ)

■ヘレボラス(クリスマスローズ) 開花期 12月、2~3月頃

クリスマスの時期に咲くのはニゲルという品種です。それ以外のヘレボラスの仲間は2~3月頃に開花します。お庭の中で最初に春を知らせてくれる花かもしれません。常緑で半日陰を好み、葉だけでも存在感があるので、お庭に一株は欲しい植物です。

■スミレ  開花期3~ 4月頃

日陰を好む多年草です。みんなが桜に見とれている頃、桜の足元でひっそりと咲いています。代表的な紫以外に薄紫やピンク、白等もあります。こぼれ種でも増えるので、年々場所を移動するように群生します。

■オダマキ 開花期 4~5月頃

桜が終わった頃に咲き始めます。半日陰を好む多年草です。日本に自生するミヤマオダマキの他、セイヨウオダマキやヤマオダマキ等の種類があります。花の形は特徴的で色の種類も多く、なんとも言えない雰囲気の花です。

■イングリッシュラベンダー 開花期 4~5月頃

フレンチラベンダーが四季咲きなのに対し、イングリッシュラベンダーは春に咲きます。ハーブとしてあまりに有名なラベンダー。その香りは甘く香料としても人気です。スミレが終わったあと、次に香りを楽しめる花です。

■ゲラニウム (フウロソウ) 開花期4~5月頃

レース編みのような繊細な印象の葉と小花が可愛い植物です。ゲラニウムには多くの品種があり、色のバリエーションも豊富です。春の庭で風にそよいで揺れている姿が絵になる花です。

春にお花の絶えないお庭をミドラスとつくりませんか?

春のお花を咲く順番にご紹介しました。「クロッカスが咲いたら次ぎはムスカリ、もう桜まであと少し!」なんて思うだけでわくわくします。

お庭に春に咲く球根や草花が植わっているだけで、毎朝窓を開けることが楽しみになりますよ。毎日お庭の花と一緒にこれから来る季節を楽しみに過ごしませんか?ミドラスはそんなお花いっぱいのお庭づくりにご協力します。

春の花の咲く順番!つる植物と花木編

春は一斉にお庭の花たちが咲き始める季節です。一口に春の花と言っても、早春2~3月頃に咲く花、4~5月に咲く花は違います。春のお庭を花でいっぱいにする為に、春の花の咲く順番をご紹介します。 気が付いたら咲いていた、なんてことの無いように春の花の咲く順番をおさらいしましょう。

春は一斉にお庭の花たちが咲き始める季節です。一口に春の花と言っても、早春2~3月頃に咲く花、4~5月に咲く花は違います。春のお庭を花でいっぱいにする為に、春の花の咲く順番をご紹介します。

気が付いたら咲いていた、なんてことの無いように春の花の咲く順番をおさらいしましょう。

春の花の咲く順番|つる植物編

■スイカズラ(ハニーサックル)開花期 4~5月頃 桜が咲き終わって気温も安定して暖かくなってきた頃、スイカズラは咲き始めます。ずっとそこにとどまりたくなるような優しい甘い香りを放ちます。花は咲き始めの白から黄色に変化していきます。花の蜜を吸うと甘いので「吸い葛」が名前の由来です。

スイカズラ

■ハーデンベルギア 開花期 3~4月頃

春、桜と同じくらいに咲き始めるつる植物です。葉は大きく光沢があるグリーンで、花色は白と紫があります。半常緑性で冬に地上部が枯れることがありますが、春にはまた芽吹いてきます。ラティスなどに絡み、大きくたわわに花を咲かせる姿は圧巻です。

■ハゴロモジャスミン 開花期 4月頃

桜が咲き始めてから、追いかけるように咲き始めます。外側がピンク色の白い花を咲かせます。圧倒的な甘い香りが印象的です。常緑で丈夫、生長も早いので庭や生垣としても良く使用されます。

■スイカズラ(ハニーサックル)開花期 4~5月頃

桜が咲き終わって気温も安定して暖かくなってきた頃、スイカズラは咲き始めます。ずっとそこにとどまりたくなるような優しい甘い香りを放ちます。花は咲き始めの白から黄色に変化していきます。花の蜜を吸うと甘いので「吸い葛」が名前の由来です。

■フジ開花期 4~5月頃

スイカズラより少し遅れて藤が咲き始めます。紫や白の他にピンクの花が咲く種類もあります。藤は近くで確認すると淡い芳香があり、藤棚の下にいると風に乗ってきた藤の香りを楽しむことも出来ます。

■カロライナジャスミン開花期 4~5月頃

香りの良い花が次々と咲く季節です。スイカズラ、藤と同じ頃にカロライナジャスミンも開花します。カロライナジャスミンも甘く芳香のある黄色の花をいっぱいに咲かせます。

■クレマチス 開花期 4~10月頃

クレマチスは冬咲き種を除いて、桜が咲き始めた頃から開花し始めます。四季咲き性の品種は真夏を休んで秋にも花を咲かせてくれます。咲き方も色も豊富で飽きることのない花です。

春の花の咲く順番|花木編

桜(サクラ)開花期4月頃 ここでいう桜はソメイヨシノを指しています。関東では3月後半から4月上旬に開花します。横に枝を張った樹形にたわわに花を咲かせる姿は美しく、桜の花の開花を春の始まりとしている日本人は少なくありません。雨や風に弱くすぐに散ってしまう儚さも桜の魅力です。

ソメイヨシノ

■梅(ウメ) 開花期2月頃

お正月が終わってぼんやりしているうちに梅は咲き始めます。梅が開花する頃はまだまだ寒くて、春は実感出来ません。でももう、あっという間に暖かくなるよというお知らせだと思って、短い春を堪能する心構えをしてください。

■ミモザ 開花期3月頃

まだ寒い2月くらいからミモザの蕾は、今か今かと春を待ち侘びるように膨らんでいきます。遠くから見ると咲いているのかと見紛うくらいに黄色に蕾を染め上げて、3月頃に花を咲かせます。河津桜の開花より少し遅れて咲くというイメージです。ミモザの花には芳香もあり、昔から香料とされてきました。春の陽射しを浴びて、ふわふわと柔らかい羽毛のような花を枝いっぱいに咲かせる姿は見とれるくらいの美しさです。

■コブシ 開花期3月頃

桜より一足早く小ぶりなモクレンのような白い花を枝いっぱいに咲かせます。高木の枝先に花を咲かせるので、白い花が真っ青な空に浮かぶようで美しい花です。

■桜(サクラ) 開花期4月頃

ここでいう桜はソメイヨシノを指しています。関東では3月後半から4月上旬に開花します。横に枝を張った樹形にたわわに花を咲かせる姿は美しく、桜の花の開花を春の始まりとしている日本人は少なくありません。雨や風に弱くすぐに散ってしまう儚さも桜の魅力です。

■ジューンベリー 開花期4月頃

桜と同じ頃、あるいは桜よりほんの少しだけ早くに小さな桜のような白い花を咲かせます。花の後に出てくる葉は丸みを帯びていて柔らかく明るいグリーンをしています。ジューンベリーは初夏に赤黒く熟す果実も楽しみの1つです。

■モクレン 開花期4月頃

コブシの少し後、桜も散った4月半ばに咲き始めます。赤紫色の大きな花を咲かせます。木の上の方に花を咲かせるので香りを楽しむのが難しいのですが、爽やかな芳香があります。

■モッコウバラ 開花期4~5月頃

モッコウバラが咲く頃には春真っ盛りという感じです。桜が終わり、他のバラよりも一足早くモッコウバラは咲き始めます。花色は黄色あるいは白。生長が早く大きくなる常緑のツルバラです。アーチなどに大きく絡ませると息を飲むような美しさです。

■カリン、マルメロ 開花期4~5月頃

桜やジューンベリーの少し後に咲き始めます。花色は白かピンク。秋には果実も収穫出来ます。カリンは果実酒に、マルメロは甘く煮込んでジャムに出来ます。

■バラ 開花期5月頃

バラが咲き始める頃は、ほとんどの人が薄着になっています。それくらい春の暖かさが安定してからバラは咲き始めます。バラは花の美しさもそうですが、香りも素晴らしいのが特徴です。

ミドラスとつくる、季節を感じるお庭

モッコウバラ

どの花が口火を切るのだろうというくらい、一斉に春の花は咲き始めます。次々と咲いていくので追いかけられないくらいです。

春は花でいっぱいになるお庭を作ってみませんか?植物が大好きなスタッフばかりのミドラスですから、春の花を楽しめるお庭をご提案出来ます。

お庭のイメージをどんどんお伝えください。ミドラススタッフが希望に寄り添えるお庭をデザインします。

生垣や目隠しになる樹木!人気のトキワマンサクなど

生垣って何でしょう?どんな生垣がベストでしょうか?生垣で最近人気のトキワマンサクとはどんな樹木なのでしょうか?目隠しや生垣におすすめの樹木をご紹介します。

生垣って何でしょう?どんな生垣がベストでしょうか?生垣で最近人気のトキワマンサクとはどんな樹木なのでしょうか?目隠しや生垣におすすめの樹木をご紹介します。

生垣とは

まず、生垣とは何でしょう?生垣とは「植物で作る垣根」です。ではでは、垣根とは何でしょう?垣根とは「敷地を隔てる境界線」です。隣家や道路等、他の敷地との境目に作ります。 垣根は、金属製フェンスだったり、コンクリートブロックやレンガだったり、竹や木製のフェンスだったり、植物で作る生垣だったりします。生垣は、敷地の内側と外側を隔てるものであり、敷地内のプライバシーを守る為に存在します。

生垣に向いている樹木の条件

境界線の役割とプライバシー保護の機能が必要なため、生垣に利用される樹種は一年中緑を絶やさない常緑樹が好まれます。秋冬になって落葉してしまっては、外側から自宅が丸見えになってしまいます。目隠しの役割となると、常緑であると同時に葉の密度が高いことも大切な条件になってきます。

生垣の利点は植物であることです。緑の葉で人の目を休ませ、風を通し、殺風景になりがちな垣根を、優しい雰囲気にしてくれます。

こんなにある!生垣におすすめの樹木

日本の風土に合っていて、丈夫でしっかりと生垣の役目を果たしてくれる、おすすめの樹木をご紹介します。

一般住宅の道路面や隣地側との境界で利用できるような、刈り込めば1.0~1.5mに抑えることが出来る樹木です。

■トキワマンサク

マンサク科常緑低木。春に花を咲かせる庭木です。放っておくと枝が暴れますが、葉の密度が高く花も可愛いので人気の庭木です。

■シルバープリペット(シルバープリべット)

モクセイ科半落葉~常緑低木。斑入りの小さな葉が密集するようなフォルムが可愛い庭木です。冬は、関東以西では少し葉の数を減らす程度です。寒冷地では落葉します。枝も細く華奢な樹形で人気があります。

■マサキ

ニシキギ科常緑高木。昔から生垣に好まれる丈夫で育てやすい樹木です。キンマサキやギンマサキは、葉に斑が入っていて明るく柔らかい印象になります。

■ヒノキ’レイランディー’

ヒノキ科常緑高木。育てやすいコニファーです。放っておいても円柱形に樹形が整っていくので手間があまりかかりません。刈り込むことで葉の密度が高くなるので、適宜剪定を行ってください。

■ボックスウッド

ツゲ科の常緑低木。明るいグリーンの光沢のある丸い葉が可愛らしい樹木です。生長が遅く、さらに丈夫なので、生垣としてよく使用されます。

初夏の新芽が柔らかい時期にツゲノメイガが付くことがあります。ツゲノメイガは主に新芽を食害します。放っておくと丸坊主にされてしまいますので、見つけ次第薬剤を散布してください。

トキワマンサクが人気の理由

■名前:トキワマンサク ■科名:マンサク科トキワマンサク属 ■分類:常緑低木 ■花期:4~5月 トキワマンサクはたまご型の小さな葉と、春に咲くブラシのような、房飾りのような、小さな花が可愛い庭木です。グリーンの葉にグリーンがかった黄色の花が咲くトキワマンサクと、ピンク色の花が咲くベニバナトキワマンサクがあります。 トキワマンサクが人気の理由は、花が咲く生垣であることと育てやすいことからでしょう。特にベニバナトキワマンサクは、葉も紫がかったボルドー色で光沢があり、花色は鮮やかなピンクで、一年を通して楽しめる庭木です。

■名前:トキワマンサク

■科名:マンサク科トキワマンサク属

■分類:常緑低木

■花期:4~5月

トキワマンサクはたまご型の小さな葉と、春に咲くブラシのような、房飾りのような、小さな花が可愛い庭木です。グリーンの葉にグリーンがかった黄色の花が咲くトキワマンサクと、ピンク色の花が咲くベニバナトキワマンサクがあります。

トキワマンサクが人気の理由は、花が咲く生垣であることと育てやすいことからでしょう。特にベニバナトキワマンサクは、葉も紫がかったボルドー色で光沢があり、花色は鮮やかなピンクで、一年を通して楽しめる庭木です。

トキワマンサクのように、花が咲く生垣

トキワマンサクは花が咲く生垣としてして最近人気が出てきています。人気ということは、どこのお家にもあるもの、ということになります。 トキワマンサクのようにお花も楽しめて、他のお家と差を付けられるような生垣はいかがですか?花が楽しめるおすすめの生垣をご紹介します。

トキワマンサクは花が咲く生垣としてして最近人気が出てきています。人気ということは、どこのお家にもあるもの、ということになります。

トキワマンサクのようにお花も楽しめて、他のお家と差を付けられるような生垣はいかがですか?花が楽しめるおすすめの生垣をご紹介します。

■クチナシ

アカネ科の常緑低木。英名のガーデニアという名前に聞き覚えのある方も多いのではないしょうか。初夏に咲く真っ白な花の豊潤な香りは、香水の原料としても人気です。稀にコスカシバという蛾の幼虫の被害に遭うことがあります。樹木周辺に虫の糞が落ちていたら、幹や枝を探して、見付け次第捕殺します。

■ギンバイカ(マートル)

フトモモ科の常緑低木です。春に梅の花によく似た真っ白な花を咲かせます。秋になると真っ黒に熟す、オリーブのような果実も魅力の一つです。ハーブとしても人気があり、葉を指で揉むと爽やかな芳香がします。斑入り葉の品種もあり、グリーンの葉よりも軽やかな印象になります。

■アセビ

ツツジ科アセビ属の常緑低木。春、梅が咲き終わった頃にカンザシのような房飾りのような花を、たっぷりと枝の先に咲かせます。鼻を近づけると僅かに芳香があります。

漢字で書くと馬酔木。馬がこの樹木の葉を食べると酔ったようになることから付いた名前だそうです。

■フェイジョア

フトモモ科の常緑低木。オリーブのような、少しシルバーがかったグリーンの葉が特徴的です。葉の形はたまごのような丸みを帯びた楕円形です。春から初夏にかけて咲く花はちょっと肉厚な梅の花のようにも見えます。

生垣として植えたフェイジョアは花が終わったら剪定をします。放っておくと枝が暴れますが、結実を楽しめることもあります。

ミドラスで生垣にも差を付けませんか?

ブロック塀やラティスフェンス、アイアンフェンス、垣根はどうしても無機質な素材のものになりがちです。無機質な素材の垣根と、生垣を合わせるのもいいでしょう。

ミドラスならライフスタイルに寄り添い、建物のテイストや用途に合わせた生垣をご提案できます。生垣もちょっと周りに差をつけたい方は、是非ミドラスにご相談ください。きっと素敵な植栽をご提案します。

【スタッフコラム】きょうのお出かけ|公園

オフィス近くの公園と桜

ミドラスオフィスから歩いてすぐにあるこちらの公園。

徒歩1分、オフィスから目と鼻の先にあるので、出社の際や帰るときは、公園を通って季節感やその時の空気を感じています。

春の香り!そうだ、公園にランチしにいこう…!

晴れた日の公園でランチ

季節が変わる啓蟄(けいちつ)のころ。

何日か前から雨が続き、久しぶりの晴れ間が嬉しかった日。
この日は肌にあたる日の光も、空の青さも、風のぬくもりもすべてが嬉しくて、ついスキップしたくなるような春の空気感。

お昼になると、別の部署の人たちと誘い合って、公園でランチしよう!という話になりました。
ちょうど、家から大きなクロワッサンを持ってきていた日だったので、お肉とサラダを入れて自作のサンドイッチを抱えて(お皿のまま)公園にいきました。

晴れた日にみんなで楽しいランチを

春の風を感じにランチを持って公園へ

季節のうつろいを感じるのは香りから

公園の河津さくら

公園の河津さくら

季節が春になり始めた、と感じたのは、2月の下旬ころ。

二十四節気では雨水にあたり、「降る雪が雨へと変わり、雪解けが始まる頃」と言われています。年が明けてから晴れ間続きだった関東でも、このころには雨が降りました。

それからというもの、暖かくなったり寒くなったりを繰り返して、今日は日の光が穏やかな春の日。
私たち人間が冬だと思っているころにも植物や地球は動いていて、いつの間にか私たちにも優しいぬくもりや風を感じさせてくれます。

出会いと別れの春の日。
成長の喜びも、これまでの出来事もすべてが思い出されるこの季節だからこそ心に浮かぶあんなことやこんなこと。
たくさんの人のそんな気持ちを感じながら今日という春の日も心穏やかに。

春の香りがほんのりと届いてくるこの季節、皆さまも素敵な時間をお過ごしください。

目隠しフェンスと人工芝で心からリラックスして過ごせるお庭

人工芝と目隠しフェンスのあるお庭

隣家との境がオープンで視線が気になっていたお庭。目隠しフェンスを設置して、一緒に暮らしている愛犬と遊べるようなお庭にしたいとMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
隣家との間を目隠しフェンスで遮ることで、リラックスして過ごせるお庭が完成しました。
-------------------------------------------------
戸建て
【施工内容】目隠しフェンス設置、防草シート+人工芝敷き、花壇新設、新規植栽
【広 さ】約50㎡ フェンス30m
【エリア】主庭・建物外周部
【費 用】190万円台
【工 期】8日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

愛犬が安心して遊べるようにメインのお庭と建物外周部に人工芝を設置。視線が気になるポイントに目隠しフェンスを設置して、プライベートな空間が保てるようにしました。

施工前のお庭

Before

施工前のお庭。開放的な一方、視線が気になる状態でした。

人工芝と目隠しフェンスのあるお庭

After

新たに目隠しフェンスを設置して人工芝を敷くことで見た目にも美しく、ローメンテナンスでくつろげる空間になりました。

人工芝と目隠しフェンス設置後の建物外周部
目隠しフェンスと建物外周部のある裏庭

ここがポイント①

愛犬が走り回れるように、建物外周部にも人工芝を張って目隠しフェンスを設置しました。
プライベートな空間をつくることで周囲を気にせず、安心して遊べるお庭になります。

お庭のレンガ花壇と人工芝

ここがポイント②

お庭に設置したレンガ花壇。
人工芝との境はアンティーク調のレンガで境界を作り、花壇のスペースを作りました。メンテナンスが楽な人工芝は画一的になりやすいので、花壇を設置することで植物との豊かな時間を楽しめるようにしています。

機能的でありながら木のぬくもりを感じる玄関アプローチ

優しい雰囲気の新築玄関アプローチ

新築で家を購入された施主様。外構で土のままになっている部分をきれいに整えたいとMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
既存門柱の解体から始まり、新たな門柱・花壇を設置。カーポートの拡張とエントランススペースをトータルでプランニングし、機能的でありながら柔らかい雰囲気の玄関アプローチが完成しました。
-------------------------------------------------
埼玉県越谷市 戸建て
【施工内容】花壇・門袖・手すり設置、新規植栽、防草シート+化粧砂利敷き、芝張り、門塀解体、照明移設
【広 さ】約14㎡
【エリア】玄関アプローチ
【工 期】3日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

カーポートは車を3台置くことができるよう、既存の門柱を解体してスペースを確保。カーポートとして拡張した以外の場所には花壇を設け、その周辺は芝生を植え付けました。カーポートのコンクリートのすき間は防草シートと化粧砂利敷きですっきりと整え、洗練された印象になるよう計画。住居の雰囲気に合った柔らかい色合いの門袖を設置し、優しい空間の玄関アプローチとなるよう心掛けました。

施工前の玄関横植栽

Before

施工前のエントランススペース。門柱がカーポートに近接しており、車3台を置けるスペースはありませんでした。

施工後の玄関横植栽花壇

After

門柱を解体して新しく正面左に移設。植栽スペースの一部はコンクリートで舗装し、カーポートスペースを確保することで車3台を置くことができる場所になりました。

施工前の玄関横植栽

Before

既存の門柱と植栽があった施工前のエントランス横。

施工後の玄関横植栽花壇

After

門柱は解体して場所を確保。花壇を新設して周辺は芝生で覆いました。カーポートスペースを広く取る目的で奥はコンクリート敷きにしています。

新築門袖と植栽

ここがポイント①

新たに設置した門袖と植栽。
住居の印象を左右する玄関アプローチだからこそ、ひとつひとつの設備や植栽にも気を配りたいもの。
門袖はシンプルに、美しさが際立つタイプを使用。住まいの外観に合わせて、アースカラーの色合いを選びました。

玄関アプローチと植栽花壇

ここがポイント②

玄関横は花壇を設置して、その周辺を芝生で覆いました。
生き生きとした緑が芽吹く季節には、優しい色彩の植物が咲く花壇になります。

植栽一例

ここがポイント③

ライトアップされた花壇と住居。
花壇には照明を取り付け、夜になるとライトアップして植栽を明るく照らします。
植物の存在感を引き立たせること加えて、光と影の印影から奥行を演出することができます。

季節ごとに咲く瑞々しい植物を楽しめるやすらぎの空間

石畳と植栽で庭リノベ

もともと庭木の種類が豊富にあった和風住宅のお庭。雑草とお手入れに困りMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
趣のある石畳で通路スペースを確保し、そっと寄り添うように植栽を配置。季節ごとに瑞々しい植物を楽しめるやすらぎの空間になりました。
-------------------------------------------------
埼玉県越谷市 戸建て
【施工内容】石張り、新規植栽、ウッドチップ敷き、砕石
【広 さ】約16㎡
【エリア】主庭・建物外周部
【費 用】20万円台
【工 期】2日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

雑草対策をしながらポイントとしてお花も楽しみたいというご要望から、全体を整えながらお庭づくりを行いました。雑草でお困りだった建物外周部は、砂利敷きで明るい印象になるよう計画。リビングから眺められるお庭は、心が落ち着ける空間となるようプランニングしました。

施工前のお庭の様子

Before

飛び石が配置されていた施工前のお庭。

石畳と植栽で庭リノベ

After

飛び石は移設し、石畳とウッドチップを敷きました。雨でもぬかるみを気にすることなく歩けるお庭に。すっきりと整備され、お庭の印象が一新されました。

雑草のある施工前のお庭

Before

雑草が生えてお困りだった建物外周部。

砂利敷きですっきり雑草対策

After

砂利敷きで雑草対策を。明るく整った印象になりました。

植栽と敷石で庭リノベ

ここがポイント①

正方形の石畳を少しずつずらしながら配置。
雑草対策と共にお手入れができるスペースをつくります。花壇を形成する既存の石積みとの間は意図的に空間をつくり、植栽スペースにしました。

植栽一例
植栽一例

ここがポイント②

石畳に寄り添うように配置された植栽。
リビングから見えるお庭が、心落ち着く空間となるよう可憐な植物を植えました。
季節ごとに開花するので一年中お花を楽しむことが出来ます。

砂利敷きですっきり防草対策

ここがポイント③

砕石砂利での雑草対策。
砕石砂利と防草シートで雑草対策をしました。砕石砂利は、足で踏む際に音が鳴るため、防犯としても効果的です。
雑草で大変だった建物外周部が、見た目もすっきりと整いました。

施工の様子

施工時の様子
施工時の様子
施工時の様子

お庭で摘んだ草花で玄関を飾る楽しみ方

玄関はお客様をお迎えする、お家の顔です。ちょっとお花が飾ってあるだけで、おもてなしの心が伝わります。それもお庭で摘んだお花をさり気なく飾ってあったら。お家の方のセンスと丁寧な暮らしぶりが伝わるはず。お庭のお花を摘んで、玄関に飾ってみませんか。

玄関はお客様をお迎えする、お家の顔です。ちょっとお花が飾ってあるだけでおもてなしの心が伝わります。それもお庭で摘んだお花をさり気なく飾ってあったら。お家の方のセンスと丁寧な暮らしぶりが伝わるはず。お庭のお花を摘んで、玄関に飾ってみませんか。

切花として玄関に飾る

お庭で摘んだお花を瑞々しい状態で玄関に飾りましょう。大きな花瓶にどっさりとお花を生けるようなことをしなくても、小さなお花やグリーンをちょっとだけ。お庭で摘んだ草花を玄関に飾ることで、お庭とお家の中とに繋がりが出来ます。せっかく好きでお庭に植えた草花ですから、玄関の中でも楽しみたいですよね。

お庭で摘んだお花を瑞々しい状態で玄関に飾りましょう。大きな花瓶にどっさりとお花を生けるようなことをしなくても、小さなお花やグリーンをちょっとだけ。お庭で摘んだ草花を玄関に飾ることで、お庭とお家の中とに繋がりが出来ます。せっかく好きでお庭に植えた草花ですから、玄関の中でも楽しみたいですよね。

小さな草花を薬瓶に飾る

一輪挿しを買いに行ったりする必要はありません。空いた薬瓶や調味料の瓶に1~2本入れておくだけで可愛らしい景色が出来上がります。さらに小瓶を何本かランダムに並べると、野花が踊っているような景色が出来上がり、遊び心のある演出が出来ます。

キャンドルホルダーを使って草花を飾る

キャンドルホルダーもおすすめです。球根付きのムスカリやスイセンをキャンドルホルダーに浅くお水を張って入れておくだけ。球根付きのお花は口の小さな小瓶には入れられないけれど、キャンドルホルダーを使うとちょうどよく納まる上に、可愛らしい演出になります。

雑草を格好良く飾る

エノコログサ(ネコジャラシ)やコバンソウのような雑草と言われるグリーンたちも10本以上をまとめて花瓶にどっさりと生けると、野趣あふれるかっこいい雰囲気が出来上がります。捨てちゃうなんてもったいない、愛すべき草たちです。

コツは草たちをきゅっとねじるように花瓶に入れることです。パスタをお鍋に収めるように。きゅっとねじることで放射状に広がり、きれいな形になります。

飾ることが出来ないお花、「一日花」

お庭で摘んだお花を飾りましょう、と言いましたが、飾れないお花もあります。「飾ったけど枯れちゃった」とショックを受けないためにも、飾ることが出来ないお花をご紹介します。

ここに紹介する植物たちは一日花と言って、一日でお花がしぼんでいまう種類です。せっかく飾ってもすぐに萎れてしまう種類ですから、飾り甲斐がないかもしれません。

■朝顔

■ハイビスカス(フヨウの仲間)

■ノウゼンカズラの仲間

■ツユクサ

等々です。

庭木の枝を飾る

お庭で摘んで玄関に飾れるのは草花だけではありません。庭木の枝をカットして飾りましょう。剪定した際に出た枝を飾れば一石二鳥です。

もちろん花盛りの枝をカットして飾るのも素敵です。お家にある花瓶に大きく生けるのもいいですし、小さくカットした枝だったらワインやブランデー、グラッパなどの空き瓶に生けるのも素敵ですよ。

早春だったら香りの良いロウバイ、ユキヤナギの枝をばさっと大きく生けるのも素敵です。ヤマブキの枝は根元から剪定も兼ねて大きく切って。初夏にはアジサイ、秋には色づいた実物の枝。他にも剪定したオリーブやユーカリの枝等、庭木の枝をさっぱりと生けてみましょう。ちょっとかっこいい玄関になります。

ドライフラワーにして飾る

お庭で摘んだ草花を花瓶に生けて飾る他、ドライフラワーにして飾る方法というのもあります。ドライフラワーになりやすい植物の特徴は水分が少ないこと。とはいえ、植物の含有水分量なんてわかりませんから、気になったものはどんどん吊るしてみましょう。 「花瓶で飾って枯れたらドライにする」という概念は捨てましょう。コツは、ドライフラワーにすると決めたら、最初から吊るすことです。 鮮度が高いうちから乾燥させることできれいな色が残ります。

お庭で摘んだ草花を花瓶に生けて飾る他、ドライフラワーにして飾る方法というのもあります。ドライフラワーになりやすい植物の特徴は水分が少ないこと。とはいえ、植物の含有水分量なんてわかりませんから、気になったものはどんどん吊るしてみましょう。

「花瓶で飾って枯れたらドライにする」という概念は捨てましょう。コツは、ドライフラワーにすると決めたら、最初から吊るすことです。鮮度が高いうちから乾燥させることできれいな色が残ります。

ドライフラワーの作り方

ドライフラワーにしたい草花を、風通し良く直射日光の当たらない場所に吊るします。この時、一束を欲張って大きくしないことです。蒸れて茶色くなってしまったり、カビが生えてしまいます。

押し花にして飾る

お庭で摘んだ草花の飾り方で、一番クラフト感を楽しめるのは押し花ではないでしょうか。押し花にしたら、そこから先は楽しみ方がいっぱいです。 押し花の作り方は、気に入ったお花を半紙などに挟み、重しを載せて置くだけ。一番簡単な飾り方は、押し花をフォトフレームに入れて玄関に置く飾り方です。小さな標本みたいで楽しめますよ。小さなフォトフレームに入れて玄関スペースの壁に掛けるのもおしゃれです。

お庭で摘んだ草花の飾り方で、一番クラフト感を楽しめるのは押し花ではないでしょうか。押し花にしたら、そこから先は楽しみ方がいっぱいです。

押し花の作り方は、気に入ったお花を半紙などに挟み、重しを載せて置くだけ。一番簡単な飾り方は、押し花をフォトフレームに入れて玄関に置く飾り方です。小さな標本みたいで楽しめますよ。小さなフォトフレームに入れて玄関スペースの壁に掛けるのもおしゃれです。

ミドラスで叶える理想的なライフスタイル

自宅のお庭で植物を育てて、摘んだ草花で玄関を飾る。ただそれだけのことなのに、とても丁寧な生活をしているような印象を受けます。お庭に出る時間も増えるし、玄関のお掃除にも自然と意識が行き届くようになるでしょう。 ちょっとしたことで日々の生活が豊かになり、幸せな時間が増えます。そんな理想的なライフスタイルをミドラスと一緒に作りませんか?ミドラスがお客様の希望に寄り添ったお庭をご提案します。

自宅のお庭で植物を育てて、摘んだ草花で玄関を飾る。ただそれだけのことなのに、とても丁寧な生活をしているような印象を受けます。お庭に出る時間も増えるし、玄関のお掃除にも自然と意識が行き届くようになるでしょう。

ちょっとしたことで日々の生活が豊かになり、幸せな時間が増えます。そんな理想的なライフスタイルをミドラスと一緒に作りませんか?ミドラスがお客様の希望に寄り添ったお庭をご提案します。

ミドラスの施工事例はこちらからご覧ください

日陰の玄関やお庭を植物で素敵に!シンボルツリーとマテリアル編

日陰の玄関のシンボルツリー

「うちは日陰だから…」というお声をよく耳にします。日陰にネガティブなイメージを持っていませんか。

日陰でも育つ木、日陰じゃないと育たない植物ってたくさんあるんです。そんな日陰が大好きな植物の中から厳選してシンボルツリーにおすすめの植物をご紹介します。

日陰の玄関やお庭の盲点になりがちなポイントの植物以外の解決方法についてもお話します。

シンボルツリーにおすすめ!日陰でもグリーンがきれいな樹木

葉の色や樹形を楽しむタイプの樹木です。常緑樹は一年中緑を絶やさず、寂しくなりません。落葉樹は冬に葉を落とし、下の草花に日が降り注ぐようになり、庭を明るくしてくれます。

葉の色や樹形を楽しむタイプの樹木です。常緑樹は一年中緑を絶やさず、寂しくなりません。落葉樹は冬に葉を落とし、下の草花に日が降り注ぐようになり、庭を明るくしてくれます。

常緑樹

■シマトネリコ

風に揺れる華奢な葉が美しい常緑高木です。日向から半日陰で育ちます。株立ちで植えると、より華奢な印象になります。生育が早く、大きくなるので、まめな剪定が必要です。

ビバーナム・ティヌス

光沢のある濃いグリーンの葉がきれいな常緑低木です。大きくなっても2~3m程度なので管理がしやすい樹木です。

春には白い小さな花を、秋には光沢のある濃い青の実をつけるので、一年を通して楽しめます。

落葉樹

ナツハゼ

ツツジ科の落葉低木です。半日陰を好みます。強い陽射しが苦手で、葉焼けすることもあります。ブルーベリーと同じツツジ科の樹木なので、葉や樹形もブルーベリーに似ています。秋に赤く紅葉する葉は、紅葉したブルーベリーを思わせる可愛らしさです。

■ヒメシャラ

ツバキ科ツバキ属の落葉高木です。華奢な印象の樹形と風にそよぐ柔らかい葉が印象的な落葉高木です。株立ちで植えるとより華奢な印象を強調出来ます。日当たりの良い半日陰が適しています。

シンボルツリーにおすすめ!日陰でも花を楽しめる樹木

日陰向きの樹木ですが、花を咲かせるにはある程度の日照が必要です。ここで紹介している樹木は、午前中は日が当たる明るい半日陰くらいを好む種類です。

日陰向きの樹木ですが、花を咲かせるにはある程度の日照が必要です。ここで紹介している樹木は、午前中は日が当たる明るい半日陰くらいを好む種類です。

常緑樹

■カラタネオガタマ

モクレン科の常緑高木です。寺院などに植えられていることの多い常緑高木です。半日陰程度で咲く花には、マグノリアの仲間特有の芳香があります。その香りはバナナのようだとも梨のようだとも言われています。

ついつい前で足を止めてしまうほどのうっとりするような甘い香りです。

■キンモクセイ

モクセイ科の常緑高木です。秋になると圧倒的な香りを放つことで有名な花木です。葉の密度が高く、目隠しにも向いています。

日当たりが良い方が花付きは良くなります。

落葉樹

■ハナミズキ

ミズキ科の落葉高木です。放っておくと10mくらいにまで生長するので、適宜剪定が必要です。春に咲く花には白とピンクがあり、秋には真赤な実が付きます。春の花、秋の果実、紅葉と四季を通して楽しめます。

■ナツツバキ(シャラ)

ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木です。明るい半日陰に向いています。柔らかく明るいグリーンの葉と、光沢のある幹が特徴的です。枝が広がらない樹形なので、狭い場所にも向いています。夏には椿に似た白い花を咲かせます。

シンボルツリーにおすすめ!日陰でも果実を楽しめる樹木

果樹にはお日様が必要!なんて概念は覆しましょう。

半日陰でも結実する樹木をご紹介します。強い直射日光が当たるような場所よりも、半日陰くらいの場所を好む樹木です。

常緑樹

■ビワ

バラ科の常緑高木です。葉が大きく密度高く茂る樹木です。放っておくと背が高くなるので、適宜剪定が必要です。冬に香りの良い白い花を咲かせ、初夏に結実します。ビワの実を楽しみたければ、樹の上の方には日が当たるような場所がいいでしょう。

落葉樹

■ジューンベリー

バラ科の落葉樹です。セイヨウザイフリボクという和名もあります。比較的日当たりが悪くても結実します。乾燥が苦手なので半日陰くらいの場所を好みます。春には小さな白い桜のような花を咲かせ、初夏に結実します。

果実は赤というより黒に近いくらいまで熟した方が甘味が強くなります。ただ、収穫のタイミングをしっかり見計らわないと、ちょうどおいしくなった頃に鳥に食べられてしまうこともあります。

日陰の玄関のその他の解決方法

日陰の玄関やお庭の、植物以外での解決方法をご紹介します。 日当たりが悪いと水はけも悪く、コケが生えてきたり、冬には土壌が凍結なんていうトラブルも起こりがち。日陰のトラブルを解決しましょう。

日陰の玄関やお庭の、植物以外での解決方法をご紹介します。

日当たりが悪いと水はけも悪く、コケが生えてきたり、冬には土壌が凍結なんていうトラブルも起こりがち。日陰のトラブルを解決しましょう。

コケが生えないようにする方法

玄関はお家の顔。アプローチ部分の舗装は透水性のあるものを選び、水が溜まらないようにしましょう。

花壇もレイズドベッドにしたり、地際から上げるように作ることで、排水層を確保して水はけを良くすることができます。また育てられる植物の幅も広がります。

凍り付かないようにする方法

最初に基礎を厚めに施工する、また、水を吸いやすい材料は避けて施工することで、土中の水分が凍ってしまうという事象を避けることが出来ます。

施工場所や土壌によっては、寒冷地用の材料を使うなどの工夫も必要になります。

 

ミドラスならそれぞれのお家、それぞれの日陰ときちんと向き合い、ベストなプランを考えることが出来ます。スタッフ全員が植物が大好きなミドラスですから、「日当たりの悪い玄関」を、「日陰を楽しむ玄関」に変身させてしまいます。 日陰の玄関やお庭に悩んでいるなら、ミドラスに相談してみませんか?

ミドラスならそれぞれのお家、それぞれの日陰ときちんと向き合い、ベストなプランを考えることが出来ます。スタッフ全員が植物が大好きなミドラスですから、「日当たりの悪い玄関」を、「日陰を楽しむ玄関」に変身させてしまいます。

日陰の玄関やお庭に悩んでいるなら、ミドラスに相談してみませんか?

ミドラスの施工事例はこちらからご覧ください

日陰の玄関やお庭を植物で素敵に!草花編

日陰の玄関やお庭に悩んでいませんか?「日陰だから花が咲かない」というお声をよく耳にします。 待ってください。日陰だから出来ることっていっぱいあるんです。特に可憐な草花は日陰が大好きな種類がいっぱい。日陰だから出来る森の奥のような繊細な雰囲気のお庭づくりを楽しんでみませんか。

日陰の玄関やお庭に悩んでいませんか?「日陰だから花が咲かない」というお声をよく耳にします。

待ってください。日陰だから出来ることっていっぱいあるんです。特に可憐な草花は日陰が大好きな種類がいっぱい。日陰だから出来る、森の奥のような繊細な雰囲気のお庭づくりを楽しんでみませんか。

日陰の玄関を彩る高さのある植物

日陰のスペースで元気よく育ってくれる、高さのある植物をご紹介します。高木の足元に、建物の壁際に。少し高さのあるものを植えることで立体感が出てきます。

日陰のスペースで元気よく育ってくれる、高さのある植物をご紹介します。高木の足元に、建物の壁際に。少し高さのあるものを植えることで立体感が出てきます。

グリーンだけで景色が出来る

■クジャクシダ

ホウライシダ科のシダ植物です。手のひらのように大きく葉を広げるのが可愛いらしい特徴です。冬には地上部が無くなりますが、春から初秋まできれいなグリーンを楽しめます。

■シルバープリペット

モクセイ科の半落葉~常緑低木です。細く華奢な枝ぶりと小さな白斑の入った葉が可愛らしい樹木です。半日陰でも育ちます。暗いスペースが明るくなるような木です。

■アカンサス

キツネノマゴ科の常緑の多年草です(一部落葉種もあります)。光沢のある大きな葉と夏に開花する大きな花穂が印象的な植物です。オーナメンタルプランツとしても活躍してくれます。落葉樹の下などの半日陰で良く育ちます。

 

日陰でも花が楽しめる

■アメリカアジサイ・アナベル

アジサイ科の西洋アジサイです。日本のアジサイと大きく違うところは、剪定時期が秋まで、と長いところ。初夏には白い毬のような花を咲かせ、徐々にグリーンへと色を変えていきます。秋になってドライフラワーのようになるまで楽しめます。

グリーンに色づいた頃に切ってドライフラワーにすれば、きれいなグリーンを長く楽しめます。

■アガパンサス

ユリ科の植物です。日向から半日陰まできれいに咲いてくれます。初夏に咲く白や薄紫の花は涼やかで、目から涼を与えてくれます。

■リグラリア

キク科の多年草です。初夏から秋に黄色の花を咲かせます。密度高く茂った葉の間からすっと伸ばした花茎の先に花を咲かせます。

日陰の玄関を彩る草花

日陰でも育つ、日陰じゃないと育てられない、そんな日陰が大好きな草花たちの紹介です。山野に咲いているような楚々とした趣の花、ヨーロッパの森の奥を思わせるような可憐な花。日陰が大好きな草花は可愛らしいものばかりです。

日陰でも育つ、日陰じゃないと育てられない、そんな日陰が大好きな草花たちの紹介です。山野に咲いているような楚々とした趣の花、ヨーロッパの森の奥を思わせるような可憐な花。日陰が大好きな草花は可愛らしいものばかりです。

足元を明るくしてくれるグリーンたち

■アジュガ

シソ科多年草です。グラウンドカバーとしても多用されます。地下茎で地際を覆うように良く増えます。色のバリエーションも豊富で、春に咲く紫やピンクの花も可愛らしく、ファンの多い植物です。

■ヒューケラ

ユキノシタ科の常緑多年草です。和名はツボサンゴ。色のバリエーションが非常に豊富で、シェードガーデンで大活躍してくれます。葉はこんもりと繁り、春には小さな花穂が開花します。冬はボリュームが少し減りますが、一年中お庭を彩ってくれる優秀な選手です。

■クサソテツ

イワデンダ科のシダ植物です。春に出回る山菜「こごみ」は、実はこのクサソテツの新芽です。日本の山野に自生する植物ですから、日本の気候で良く育ちます。

明るいグリーンの葉を地際から放射状に広げるので、暗くなりがちな日陰のお庭に明るさとボリュームを出してくれます。

■ギボウシ

キジカクシ科の宿根草です。英名はHosta(ホスタ)、日本原産で海外で多くの園芸品種が作られた逆輸入植物です。冬は地上部がなくなりますが、春から秋までは葉を、初夏には花が楽しめます。

■アルケミラモリス

バラ科の多年草です。ハーブの「レディスマントル」という名前の方が馴染みがある方も多いかもしれません。黄緑と括ってしまってはもったいない、明るくきれいなグリーンの葉が美しい多年草です。

春に咲くライトグリーンの小花もさることながら、アルケミラモリスの一番の美しさは、雨の後、葉の上に残った雨粒が太陽に輝く姿です。

日陰で花を楽しめる草花

■クリスマスローズ

キンポウゲ科の常緑多年草です。シェードガーデンを代表するような存在のクリスマスローズ。葉は常緑で初春には可憐な花が咲きます。花は色、咲き方、共にバリエーションが豊富で、クリスマスローズのコレクターもいるほどです。直射日光が苦手なので、落葉樹の下などが向いています。

■ムスカリ

ユリ科の球根植物です。半日陰が好きな球根植物です。春にブドウを逆さにしたような青紫の花を咲かせます。毎年分球で増えます。群生する姿が可愛らしく、植えて良かったという気持ちにさせられます。

■シラー

ユリ科の球根植物です。俯くように咲く花姿が可愛らしい花です。ピンクや紫、淡い紫等、色のバリエーションも豊富です。

落葉樹の足元などに植えておくと春に可愛らしい姿を見せてくれます。

■スミレ

スミレ科スミレ属の多年草です。日本原産の可憐な花、スミレ。木洩れ日程度の半日陰でも良く開花します。多年草で、さらにこぼれ種でも増えます。種を遠くまで飛ばすので、気が付くと年々咲く場所が移動していたりします。

■アスチルベ

ユキノシタ科の多年草です。花穂の色は白からピンク、赤など豊富です。花期は、真夏を休んで初夏から秋ですが、花の無い季節も葉を楽しめる植物です。

日陰だからこそ素敵な玄関を!ミドラスなら作れます。

garden_contents_16127_04

狭い日本のなかで日陰を避けては生きられません。日陰にネガティブなイメージを持ってしまわないで、日陰の魅力に気付いてください。

日陰じゃないと育てられない植物と仲良くなって、周りが羨むようなシェードガーデンを作ってみませんか?ここに上げた植物は、ごくごく一部です。日陰が大好きで魅力的な植物はもっともっといっぱいあります。

植物が大好きなミドラススタッフなら、きっとイメージにあったご提案が出来ます。日陰でお悩みなら、ミドラスにご相談ください。

家族とともに成長していく雑木風のお庭

新築住宅と芝生のお庭

新築住宅で家を建てて以降、手つかずのままだったお庭。
道路からの目隠しも含めて、雑木風の緑を楽しめるお庭にしたいというご要望でした。土のままになっていた部分に植栽を施し、季節感がありながらナチュラルな雰囲気の目隠しもできるお庭が完成しました。
-------------------------------------------------
千葉県佐倉市 戸建て
【施工内容】レンガ花壇新設、新規植栽
【広 さ】約12㎡
【エリア】主庭
【費 用】25-50万円
【工 期】2日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

土のままになっていた部分には、植栽を楽しんで頂ける花壇を新設。植栽スペースと芝生の境界線はレンガで曲線を描きやわらかい雰囲気を演出しました。植栽はカーポートとデッキ付近に香りのする樹木を配置し、雑木風の植栽に。

施工前のお庭の様子

Before

芝生が敷かれ、一角が土のまま残っていたお庭。

花壇を形成した施工後のお庭

After

レンガで花壇を形成して雑木風の植栽を。植物の成長を見越して間隔を空けて植えてあります。時間の経過とともに緑豊かな植栽花壇になります。

植栽一例

ここがポイント

植栽は季節を感じられる樹木と草花を。
お子様と一緒にお花を植えて楽しんで頂けるよう、花壇の中はスペースを空けてあります。土に触れた時の感触や植物の質感、成長してお花が咲いた時の喜びを感じて頂けると嬉しいです。

植物との豊かな時間を過ごせるすっきりと整ったお庭

玄関アプローチの植栽

台風の影響で木が横倒しになってしまったお庭。樹木の手入れも含めてお庭を整えたいとMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
玄関アプローチとお庭をトータルでプランニングすることで、すっきりと整った植物との豊かな時間を過ごしていただける空間となりました。
-------------------------------------------------
戸建て
【施工内容】砂利敷き、樹木の剪定、花壇設置、新規植栽
【広 さ】約30㎡
【エリア】玄関アプローチ・主庭
【工 期】1日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

お庭を整理することに加えて、駐輪スペースも作りたいというご要望から、玄関アプローチには砂利敷きで自転車を置くスペースを確保。台風で傾いてしまった樹木は支柱を立てて傾きを直し、すっきりと見える空間づくりを心掛けました。新たな植栽は、手間をかけずに楽しめる植栽と香り豊かなハーブを。お庭全体をトータルでプランニングしています。

施工前の玄関アプローチ植栽

Before

植栽に覆われていた施工前の玄関アプローチ。

伐採・剪定後の玄関アプローチ植栽

After

既存樹木と花壇を撤去して駐輪スペースを作りました。剪定も行い、すっきりとした玄関アプローチとなりました。

倒木してしまっている樹木とお庭

Before

台風の影響で樹木が傾いてしまった施工前のお庭。

花壇のある芝敷きのお庭

After

傾いてしまった樹木には、支柱を立てました。お庭の一角を花壇にすることで植物のもつ香りや彩り、季節のうつろいを感じられます。

玄関アプローチ横の植栽

ここがポイント①

玄関アプローチ横の植栽スペース。
植栽スペースが広いと日々のお手入れが大変に感じるもの。
そんな時、比較的管理しやすい植栽を選定することで、植物を育てる楽しさを感じることができます。

花壇植栽

ここがポイント②

お庭の一角に新設したレンガ花壇。
暖色系の色味の異なるレンガをランダムに配置することで、柔らかい印象を演出します。
植栽は色も香りも楽しめるハーブを植えて、植物との時間を豊かにする空間づくりをしました。

このお庭の植物をピックアップ

ラベンダー

ラベンダー

ローズマリー

ローズマリー

チャービル

チャービル

ラムズイヤー

ラムズイヤー

テラスで目隠しとしても使えるオリジナルベンチプランター

ベンチプランターの植栽

向かいのマンションからの目線を気にせず、プライベートな空間としてテラスを楽しめるようにしてほしいとMIDOLASにご依頼いただきました。
ご要望を踏まえ、ベンチとしても利用可能な特注プランターを設置しました。
-------------------------------------------------
東京都世田谷区 戸建て
【施工内容】オリジナルベンチプランター設置、既存植物植え替え
【広 さ】約20㎡
【エリア】屋外テラス
【費 用】75-100万円
【工 期】1日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

プライベートな空間の中でBBQなどを楽しみたいというご要望を叶えるため、目隠しにもなるようベンチプランターを設計しました。もともと別々の鉢に植えられていた植物を新設のベンチプランターへ植え替え、くつろぎとリラックスの空間になるようプランニング。ベンチプランターの色味は明るく暖かみのあるライトブラウンを使用。柔らかい印象のベンチでくつろぎの時間を過ごして頂けます。

施工前のテラス

Before

施工前のテラス。フェンスの一本一本が細く間隔も広いため、開放的ではあるものの隣家からの視線も気になります。

ベンチプランター設置後のテラス

After

目隠しを兼ねたベンチプランターを設置。既存のプランター植栽をまとめることによって、すっきりとした印象になりました。

ベンチプランターの組み立て
ベンチプランターの組み立て

ここがポイント①

快適に使って頂けるよう、少しの狂いも許されないベンチプランターの組み立て。目隠しもしたい、植栽も植えたい、テラスでゆっくりと過ごせるようなベンチが欲しい。そんなご要望をひとつにまとめて形にしたのがこのベンチプランターです。
ご自身でDIYすることが難しいものでも、MIDOLASでは施主様の声を丁寧に汲み取り、実現させていきます。

ベンチプランターの植栽

ここがポイント②

既存の植栽を移植したプランター部分。
心を込めて育ててきた植物は、何にも増してかわいいもの。既存の樹木やお花を活用してほしいという施主様のお気持ちを反映して、ベンチの上部はプランターになっています。
大切に育ててきた植物を眺めながら、リラックスした時間を過ごして頂けると嬉しいです。

施工の様子

施工時の様子
施工時の様子
施工時の様子

優しい色合いのレンガ舗装と芝生の映えるお庭

ミドラスの施工事例
レンガ舗装と芝生の玄関アプローチ

以前から植わっていた植物を取り除き、芝生のきれいなすっきりとしたお庭にしたいとMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
砂利敷きだったお庭を芝生とレンガで整え、カントリー調の柔らかい印象のお庭になりました。
-------------------------------------------------
神奈川県横浜市 戸建て
【施工内容】既存樹木の伐採・伐根、芝生工事、レンガ敷き、自然石舗装
【広 さ】約26.5㎡
【エリア】主庭・玄関アプローチ
【費 用】75-100万円
【工 期】6日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

植木鉢や自転車を置くスペースも確保したいとのご要望から、機能的かつ芝生のもつ青々とした美しさも楽しんで頂けるお庭づくりをご提案しました。以前からあった樹木の一部は残しつつ、レンガは複数の色味を使用。色の異なるレンガをランダムに置くことで柔らかい印象のお庭になります。

施工前の砂利敷きのお庭

Before

砂利敷きと花壇スペースのみのお庭。

レンガ舗装と芝生の玄関アプローチ

After

花壇のスペースは樹木の一部を残し、ブロック沿いの日陰部分はレンガ舗装に。自転車や植木鉢などを置ける機能的なスペースになっています。砂利敷きだった部分は芝生を植えて緑豊かに。

レンガ舗装と芝生の玄関アプローチ

ここがポイント①

芝生の緑と暖色系のレンガの美しいお庭。
芝生は三種混合芝(西洋芝)を使用。
夏場の高温多湿が苦手な西洋芝を、生育適温が異なる三種を組み合わせて植えることで、一年中緑が楽しめるお庭になります。
定期的なメンテナンスは必要ですが、一年を通して青々とした芝を楽しんで頂けるのは混合芝ならではの魅力です。

レンガ舗装と芝生

ここがポイント②

アプローチ舗装は色幅のある自然石を2サイズ織り交ぜて使用。
色幅が大きく、明るい色合いが楽しげな雰囲気を演出します。緑豊かなお庭によく似合う舗装です。

施工の様子

施工時の様子
施工時の様子
施工時の様子

国内外のお客様をお迎えするにふさわしい和風庭園づくり

苔と白玉砂利が美しい日本庭園

京都市でゲストハウスをオープンされる施主様。ご自身で防草シートと白玉砂利を敷かれるも、仕上がりに満足できず、MIDOLASへお問い合わせ頂きました。
お悩みであった高いブロック塀の存在感もカバーし、深い緑の苔と白い砂利のコントラスが美しい和風庭園に生まれ変わりました。
-------------------------------------------------
京都府京都市 戸建て
【施工内容】砂利敷き直し、植栽
【広 さ】約15㎡
【エリア】主庭
【費 用】50-75万円
【工 期】2日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

国内外のお客様をお迎えする大切な空間となる場所。京都を観光しに来るお客様のためにお庭を整えたいという施主様のお気持ちを最大限に反映できるよう、和風庭園の要素を表現した内容に。高いブロック塀が気になるというお悩みに対し、背の高い樹木や、足元の彩りに目線を促す工夫をして計画しました。

防草シートと白玉砂利が敷かれたままのお庭

Before

施主様ご自身で防草シートと白玉砂利を敷かれた状態のお庭。高いブロック塀が気になる空間でした。

苔と白玉砂利が美しい日本庭園

After

和風庭園でよく使用される寒水石という砂利を敷き、植栽や石材を施した後のお庭。天然竹の庭園灯に照らされて浮き上がる苔と寒水石の白さが美しいお庭となりました。
ブロック塀の存在も自然にカバーされています。

日本庭園の施工

ここがポイント①

苔を中心に、和風の植栽で趣のあるお庭に。
白い寒水石で整った足元に、苔で複数の島をつくり、足元の彩りに目が行くようなイメージでお庭づくりを行いました。

苔と白玉砂利が美しい日本庭園

ここがポイント②

高さのある樹木で、ブロック塀を自然にカバー。
灯篭・水鉢・石材など、あちらこちらに風情を散りばめ、ブロック塀の存在が気にならないよう配慮しました。
天然竹の庭園灯は職人の手作りで、趣深い空間を演出しています。

施工の様子

日本庭園施工時の様子
日本庭園施工時の様子
日本庭園施工時の様子
日本庭園施工時の様子

ナチュラルな雰囲気で目隠しできる植栽花壇

敷石と植栽を設置したお庭

戸建てに引っ越された施主様。生活する中でお庭をリフォームしたいと思い立ちMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
土のままになっていたお庭に植栽を施し、植物の豊かな色彩を楽しめるお庭へと変わりました。
-------------------------------------------------
戸建て
【施工内容】新規植栽、敷石設置、既存樹木の伐採
【広 さ】約15㎡
【エリア】主庭
【費 用】25-50万円
【工 期】1日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

土のままになっていたお庭を目で見て楽しんで頂けるよう、カラフルな植栽で華やかに。隣地との目隠しとして常緑の植栽花壇を設置しました。

施工前、土のままだったお庭

Before

雨が降ると土が流れ出てしまっていたお庭。

植栽と敷石を設置したお庭

After

新たに植栽して敷石を設置。奥にコハウチワカエデを植え、木々の高低差を出すことでお庭の奥行きを感じられます。常緑で季節に応じたお花が咲く植物を選定し、一年中楽しむことができるお庭が出来上がりました。

施工後の植栽花壇の様子

ここがポイント①

隣家との目隠しとして設置した植栽花壇。
植物の成長を見越して植栽しているため少し空間が目立ちますが、成長期には生き生きとした葉を展開させ、地面を覆います。
目隠しとしての植栽は、隣家にも圧迫感を与えることなく自然な印象を与えられます。

植栽一例

ここがポイント②

植栽は、斑入りのものや葉がグラデーションになっている植物を植えました。単一色だと寂しくなりがちなお庭も、豊かな色合いの植栽で彩ることで植物の美しさと色鮮やかさを楽しんで頂けます。

優しい光が差し込む季節感のあるお庭

優しい光が差し込む季節感のあるお庭

築15年のお庭をリフォームしたいとのことでMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
日陰で暗くなりがちなお庭を明るく季節感のあるお庭にしたいというご要望から、お庭をスッキリさせ居場所をつくることを主眼にお庭のリフォームを行いました。
-------------------------------------------------
東京都目黒区 戸建て
【施工内容】既存樹木の伐採・伐根、新規植栽、敷石
【広 さ】約20㎡
【エリア】主庭
【費 用】100万円-
【工 期】5日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

すっきりとした印象のお庭になるよう、既存樹木の伐採・伐根を行いました。敷石を規則的に配置することで動線を確保し、お庭で過ごしやすい環境を作ります。
お庭にいることが心地よくなるような優しい光が入ってくる明るい庭になりました。

施工前の木が茂ったお庭

Before

草木が覆い、日光を遮っていた施工前のお庭。

優しい光が差し込む季節感のあるお庭

After

既存樹木を伐採・伐根し、明るい光の入るお庭になりました。敷石で動線が確保されたことによってお庭の空間にも広がりが生まれました。

優しい光が差し込む季節感のあるお庭

ここがポイント①

日が差し込むよう、既存樹木を伐採伐根して整理したお庭。広いお庭だったため、お手入れが少しでも楽になることも配慮しお庭づくりを行いました。敷石は動線を確保するだけでなく、雑草対策にもなります。

敷石とナチュラルテイストの植栽
お庭で楽しむ鳥かご

ここがポイント②

敷石の間はカラフルな植栽で彩りを。
鳥が遊びに来るようなお庭にしたいというご要望があったため、バードハウスも設置。
お庭にいる時間が心地よい時間となるよう、自然の中にいるような空間づくりを心掛けました。

砂利敷きと平石で広がるお庭の活用スペース

砂利敷きと敷石のスペース

台風で建築時に植えたコニファーが倒れてしまい、伐採撤去したことを機会にお庭をすっきりさせたいとMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
防草対策を兼ねた砂利敷きと平石ですっきりと整ったお庭になりました。
-------------------------------------------------
東京都世田谷区 戸建て
【施工内容】防草シート+砂利・平石設置、新規植栽
【広 さ】約10㎡
【エリア】建物外周部
【工 期】3日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

すっきり整えることがご要望だったため、お手入れが比較的楽になるようなお庭づくりをご提案。防草シートと砂利で雑草対策を行い、管理の楽なお庭づくりを目指しました。平石の周辺には植物を植えてナチュラルな印象になるようプランニングしています。

施工前の建物外周部

Before

施工前のお庭。地面がむきだしの状態で石がゴロゴロしています。

敷石と砂利敷きのお庭

After

砂利敷きと平石を設置したことによりすっきりとした印象になりました。

敷石と砂利敷き

ここがポイント①

ウッドデッキから一段下がった場所。お庭のスペースを持て余すことなく活用して頂けるよう平石を設置し、平らな場所をつくりました。
平石のすき間には、控え目だけどカラフルな植物を植栽。日の光の中で揺れている植物の爽やかさや、新芽の色合いの美しさなどを感じて頂けると嬉しいです。

防草シートと砂利敷きで雑草対策

ここがポイント②

地面のままになっていた建物外周部を防草シートと砂利で覆いました。活用することが少ない建物外周部は気づくと雑草が生えてお手入れが大変だったりするもの。防草シートと砂利敷きは雑草によるお手入れの手間を省き、すっきりとした印象を保つことができます。

ウッドデッキをくつろげる空間にするインターロッキング舗装

インターロッキング舗装と花壇のあるお庭

ご自身でウッドデッキを設置された施主様。デッキ以外のお庭の施工をお願いしたいとMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
ウッドデッキの空間がくつろぎとリラックスの時間となるよう、隣家との間に目隠しを設置し、緑を見ながらゆったりと時間を過ごせるお庭に生まれ変わりました。
-------------------------------------------------
東京都練馬区 戸建て
【施工内容】目隠しフェンス・花壇の設置、新規植栽、インターロッキング舗装
【広 さ】約10㎡
【エリア】主庭
【費 用】50-75万円
【工 期】2日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

ウッドデッキ以外のお庭に雑草が生えないようにという施主様のご要望から、インターロッキングで舗装し雑草が生えにくい環境づくりをしました。お庭の統一感を図るため、花壇を形成するレンガ縁石はインターロッキングと同素材のものを。お庭に出てくつろげる空間となるようプランニングしました。

施工前の主庭

Before

施主様ご自身で敷かれた防草シートと砂利があった施工前のお庭。

目隠しフェンスのあるインターロッキング舗装のお庭

After

インターロッキングと目隠しフェンス、花壇の色味がうまく調和し、優しい雰囲気のお庭になりました。

ウッド調の目隠しフェンスと花壇

ここがポイント①

お庭でくつろぎの空間をつくる際、気になるのはプライベートな空間を保てるかどうか。今回はウッド調のフェンスを使用して視線を遮断しプライベート空間を守ります。
フェンスのみだと圧迫感もあるため、フェンス前に木を数本植栽。シャクナゲとハイノキを植えてナチュラルな目隠しとするほか、足元には丈夫で管理のしやすい植栽をしました。

インターロッキング舗装と花壇のあるお庭

ここがポイント②

花壇とウッドデッキ以外の土が露出してしまう箇所はインターロッキングで舗装し、なるべく雑草の生えない環境づくりを。お手入れが楽になるとともに、雨の後にぬかるむ心配もなくお庭を楽しんで頂けます。

このお庭の植物をピックアップ

シャクナゲ

シャクナゲ

クリスマスローズ

クリスマスローズ

ギボウシ

ギボウシ

ヒューケラ

ヒューケラ

新しい生活を彩るお庭づくりと玄関アプローチ植栽

新築住居の庭づくり
玄関アプローチの植栽

新築購入後、土がむき出しのままになっていたお庭。花壇などを作って整えたいとMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
暖かい色味の砂利を使った優しい印象のお庭が完成しました。
-------------------------------------------------
埼玉県草加市 戸建て
【施工内容】砂利敷き+防草シート、花壇新設、新規植栽
【広 さ】約8㎡
【エリア】主庭、玄関アプローチ
【費 用】25-50万円
【工 期】1日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

新築を購入されてから手を入れていない状況だったので、まずはお庭を整えることを優先した環境づくりをご提案。お花や樹木と一緒に暮らす環境を整えるため、花壇の新設と新規植栽を施しました。花壇以外の場所は雑草による手間を減らすため、防草シートと砂利敷きで管理が楽なお庭を目指します。

手つかずで土のままだった主庭

Before

新築住宅を購入されてから手つかずのままだったお庭。土がむき出しの状況です。

ガーデニングが楽しめるシンボルツリーのある主庭へ

After

花壇を新設して、砂利を敷いた後のお庭。暖色系の砂利が温かみを感じさせます。

シンボルツリーのある花壇とお庭

ここがポイント①

生活を彩るガーデニングの時間。せっかくお庭をつくるなら季節の草花を楽しんで頂きたく、ピンコロ石で囲った花壇を新設しました。植栽の内容はローズマリー、セージ、ラベンダーなど料理やスワッグに使って楽しめるハーブを。シンボルツリーはオリーブの木を植えて花が咲く楽しみ、果実が実る楽しみを感じて頂ける内容にしました。

玄関アプローチの植栽一例
玄関アプローチの植栽一例

ここがポイント②

こちらは玄関アプローチ横の植栽です。土のままになっていた箇所を豊かな植栽で彩ります。植栽と石をMIXした配置は、季節感を演出しつつ出来るだけ雑草などの手間を省くための提案です。

このお庭の植物をピックアップ

ローズマリー

ローズマリー

ラムズイヤー

ラムズイヤー

ラベンダー

ラベンダー

セージ

セージ

家族でつくる、くつろぎと愉しみのお庭

レンガ舗装で活用範囲の広がるお庭

新築後そのままになっていたお庭。植栽が楽しめるナチュラルなお庭にしたいとMIDOLASへご相談頂きました。
レンガで舗装したくつろぎのエリアと新規の植栽でさまざまな楽しみ方のできるお庭へと生まれ変わりました。
-------------------------------------------------
東京都小金井市 戸建て
【施工内容】新規植栽、レンガ舗装
【広 さ】約20㎡
【エリア】主庭、玄関アプローチ
【費 用】25-50万円
【工 期】2日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

新しく作るお庭がくつろぎと愉しみの空間となるよう、レンガ舗装でBBQなどができるスペースを作りながら目隠しとして植栽を設けました。エントランス横の植栽花壇はシックな色合いの植栽を。家の周囲を豊かな色合いの植栽が彩ってくれます。

手つかずで土のままだった主庭

Before

新築後そのままになっていたお庭。広いスぺ―スに2本のコニファーがありました。

レンガ舗装でくつろぎと愉しみのお庭へ

After

目隠しとして植栽を増やし、活動スペースとしてレンガ舗装を行いました。BBQやお子様のプール、くつろぎのスペースとしてお使い頂けます。

施工前のエントランス横

Before

エントランス横の植栽スペースです。新築を建てた時からコニファーが植えられていました。

カラフルな植栽が彩るエントランス横花壇

After

2本のコニファーは主庭に移植し、草花を楽しめるエリアへ。カラフルな植栽で心躍るエントランスとなりました。

レンガ舗装でくつろぎと愉しみのお庭へ
主庭の植栽
主庭の植栽

ここがポイント①

既存のコニファー2本を活かし、追加でソヨゴなどの高木をリビングの正面に目隠しとして植えました。高木の隣は低木と下草類で抜け感を出し、ナチュラルな印象を演出。室内からも楽しめるよう彩りのある植栽も植えました。

暖かな色味のレンガ舗装

ここがポイント②

柔らかい印象を与えるレンガ舗装は、ご家族とのくつろぎと愉しみのスペースとして設置。夏季にBBQやお子様が遊べるプールを出す場所として活用できるとともに、雑草対策も兼ねています。

シックな色味のエントランス横花壇

ここがポイント③

エントランスに通じる花壇はお客様をお迎えして家族を迎え入れる暖かい場所。少しでも華やかでリラックスできる場所となるよう彩りがありながらも落ち着く色合いの植物を植えました。ハーブも植えているため、収穫の楽しさも感じて頂けます。

毎日目にするエントランスだからこそこだわりたい植栽、日々の生活の中でご家族や道行く人の心を癒すエントランス植栽になれば嬉しいです。

施工の様子

施工の様子
施工の様子
施工の様子

2018/12/6 Yahoo!不動産おうちマガジンにMIDOLAS[ミドラス]庭リノベーションが紹介されました

庭リノベをプロデュースするMIDOLAS[ミドラス]の庭リノベーションが、Yahoo!不動産おうちマガジンに掲載されました。


「グランピング」などのブームもあり、庭の有効活用に注目が集まっています。最近では、従来のガーデニングから一歩進んだ「庭リノベ」も人気。果たして「庭リノベ」とはどんなものなのでしょうか? 庭リノベを専門に行う「MIDOLAS」(株式会社ストロボライト)に聞いてみました。...more


MIDOLAS事業部マネージャーの小林(左)と取締役COOの川上(右)のインタビューも掲載

▼Yahoo!不動産おうちマガジン
URL:https://realestate.yahoo.co.jp/magazine/
記事URL:庭を生まれ変わらせる「庭リノベ」 暮らしやすい庭に生まれ変わった3事例 - 荒れた庭も美しく

2018/12/3 リフォーム産業新聞にMIDOLAS[ミドラス]とBotapii[ボタピー]、LOVEGREEN[ラブグリーン]の取り組みが掲載されました

庭リノベをプロデュースするMIDOLAS[ミドラス]と、フリーペーパーのBotapii[ボタピー]、ボタニカルライフメディアのLOVEGREEN[ラブグリーン]の取り組みの記事が、2018年12月3日発行のリフォーム産業新聞(第1339号)に掲載されました。

▼リフォーム産業新聞
URL:https://www.reform-online.jp/
記事URL:庭リノベのストロボライトの集客アイデアを紹介 無料冊子の累計部数は100万部超え

2018/11/12 リフォーム産業新聞にMIDOLAS[ミドラス]とReBITAの事業提携の記事が掲載されました

庭リノベをプロデュースするMIDOLAS[ミドラス]と、株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、川島純一代表取締役社長)の業務提携の記事が、2018年11月12日発行のリフォーム産業新聞(第1336号)に掲載されました。

▼リフォーム産業新聞
URL:https://www.reform-online.jp/
記事URL:庭リノベ会社のストロボライト、リビタと提携

2018/11/1 花卉園芸新聞にMIDOLAS[ミドラス]とReBITAの事業提携の記事が掲載されました

庭リノベをプロデュースするMIDOLAS[ミドラス]と、株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、川島純一代表取締役社長)の庭のリノベーションに関する業務提携の記事が、2018年11月1日発行の花卉園芸新聞(第1731号)に掲載されました。

▼株式会社花卉園芸新聞社
http://www.kakiengei.jp/

2018/10/10 庭リノベのMIDOLAS[ミドラス]、創業初となるテレビCMを放映開始

“植物と暮らしを豊かに。”を事業コンセプトに、庭やオフィスグリーンなどをプロデュースする「MIDOLAS[ミドラス]」、園芸業界最大級のWEBメディア「LOVEGREEN[ラブグリーン]」、全国47都道府県の園芸店・生花店・ホームセンターなどで配布されているフリーペーパー「Botapii[ボタピー]」を運営する株式会社ストロボライト(本社:東京都港区、代表取締役 石塚 秀彦)は、創業初となるTVCMを2018年10月15日(月)から放映開始します。

「隣の庭」篇

ミドラスお庭のCM1

ミドラスお庭のCM2

ミドラスお庭のCM3

MIDOLAS[ミドラス]は、庭や植栽の専門業者との窓口を一本化し複雑な手続きをシンプルかつ簡単にした、庭の提案・施工を行うサービスです。

今回、より多くの方にMIDOLAS[ミドラス]を知っていただくために、TVCMを制作しました。CMでは、隣家のきれいな庭を羨ましいと感じたことがきっかけで、自宅の庭の相談を決意するストーリーとなっています。

また、実際にお問い合わせとしても多い「手つかずになってしまった庭のリノベーション」や「お庭の雰囲気をガラッと変えたい」といったお悩みを解決した事例を紹介しています。

これまで関東圏を中心としていた対応エリアは、18年8月より関西圏へとエリア拡大しました。MIDOLAS[ミドラス]は今後も分かりやすく便利な庭のサービス提供や対応エリア充実を目指し、より多くの方に利用しやすいサービスを提供いたします。

■TVCM概要
タイトル:「MIDOLAS 隣の庭」篇
放映開始日:2018年10月15日(月)
放送地域:東京都全域と埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県の一部の約1500万世帯

ミドラスに寄せられる相談で多いのが「ご近所のきれいな庭を見て整えたいと思った」、「前を通る人にも楽しんでもらえる庭にしたい」など、第三者の目を意識したことがきっかけになったという声。

そこで本CMでは、きれいな庭で過ごす隣の家族を見て羨ましく感じ、自分のお庭相談を決意するというストーリー展開にすることで、同様の経験がある方々に親近感を持っていただきつつ、ミドラスのことを知っていただこうと考えています。

またCM放映を通して、ご自身で造園業者を探そうとしている方だけでなく、庭をきれいにしたいけどどうすればいいか分からない、と感じている方にもご相談いただくきっかけとなり、ミドラスを通して庭のある暮らしが豊かで心地よくなることを期待しております。

2018/ 9/26 リノベーション事業を手掛けるReBITAと業務提携

庭リノベをプロデュースするMIDOLAS[ミドラス]を運営する株式会社ストロボライト(本社:東京都港区、代表取締役 石塚 秀彦)は、リノベーションやコミュニティづくりで暮らしを豊かにする場づくりを手掛けている株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川島 純一)と、庭リノベに関する業務提携を行いました。

この業務提携によりReBITAは、MIDOLASの戸建の庭リノベや、マンションのバルコニーガーデニング、インドアグリーンのノウハウを活用し、リノベーション事業の加速と、購入者に対して、入居時及び住んでからのグリーンサポートに対応します。また、オープンハウスや、これからリノベーションをしたい方向けセミナー等で、植物の育て方・飾り方など植物に関する情報が満載のフリーペーパーBotapiiを配布し、植物のある暮らしを提案していきます。

今後MIDOLASはReBITAとの庭リノベ事業に限らず、暮らしを豊かにする場づくりも含めたトータルでのグリーン提案により、両社の事業拡大を進めてまいります。

■株式会社社リビタについて
「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物の改修・再生を手がける会社として設立。「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、一棟、一戸単位のマンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅や商業施設、公共施設の企画・運営、PM・サブリース事業、ホテル事業を手がけています。
現在、一棟まるごとリノベーション分譲事業の企画・供給実績は47棟1,476戸、また運営するシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」シリーズは、都内近郊に19棟 1,229 室(2018年3月時点)。リノベーション分譲事業では、100平米超の面積を有し、立地と資産価値にこだわったマンションを紹介する「R100 TOKYO」や、戸建てリノベーション「HOWS Renovation」も展開。その他、印刷工場をオフィス商業複合施設にコンバージョンした港区海岸「TABLOID」や東京内神田のシェア型複合施設「the C」、大人の部活がうまれる街のシェアスペース「BUKATSUDO」など、暮らしの概念を『働く』『遊ぶ』『学ぶ』などにも領域を広げたプロジェクトの企画・プロデュース・運営も多く手がけています。2016年3月にはホテル事業を開始、全国で「THE SHARE HOTELS」を展開。第一号店「HATCHi 金沢」に続き、2017 年に「LYURO 東京清澄」、「HakoBA 函館」「KUMU 金沢」、2018年に「RAKURO 京都」を開業。

■株式会社リビタ 会社概要
 


 
名称:株式会社リビタ
住所:東京都目黒区三田1‐12‐23MTビル
代表取締役社長:川島 純一
設立:2005 年(2012 年より京王グループ)
資本金:100,000,000円
主要株主:京王電鉄株式会社、東京電力ホールディングス株式会社
URL:https://www.rebita.co.jp/

■住んでからのリビタ
リビタの住まいを選んでいただいた皆さまのための購入者・入居者さま限定サービス。
入居後のリノベーションや住み替えのサポート。
暮らしに役立つアイテムの貸し出し。
リビタのコミュニティ施設の優待利用。
さまざまなサービスで、住んでからの喜びも生み出すお手伝いを行っていきます。
https://www.rebita.co.jp/sundekara/

ハーブを楽しむ彩り豊かなエントランス花壇

彩り豊かなハーブ花壇

強い台風でメインツリーが倒れてしまい、心機一転お庭を変えてみようと思われた施主様。手つかずで植栽が伸び放題になっていたエントランス花壇を、手入れが楽になるようにしたいということでMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
彩り豊かなハーブ類やお花を植えて、お客様をおもてなしするにふさわしい華やかなエントランスになりました。
-------------------------------------------------
東京都立川市 戸建て
【施工内容】新規植栽、レンガチップ敷き
【費 用】25-50万円
【エリア】エントランス脇
【広 さ】8㎡(植栽3㎡、レンガチップ5㎡)
【工 期】1日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

シンボルツリーに常緑のゲッケイジュを、その周りにハーブを植えて、手入れも楽でお料理にも使える花壇植栽をご提案させて頂きました。

手つかずだった施工前のエントランス花壇

Before

手を付けていなかったエントランスの花壇。樹木や下草が伸びきっています。

彩り豊かなハーブのあるエントランス

After

豊かな色合いの植栽がエントランスを華やかに彩ります。レンガの外壁ともうまくマッチし、優しい雰囲気を醸し出しています。

ハーブ花壇のあるエントランス

ここがポイント①

シンボルツリーと下草のハーブ類は比較的お手入れの簡単な植物を植栽。エントランスの石の隙間にもハーブのクリーピングタイムを施し、エントランス全体が彩り豊かなハーブガーデンになりました。

エントランス前の彩り豊かなハーブ花壇

ここがポイント②

ウッドデッキ下は既存の砂利を撤去し、汚れの目立ちにくいレンガチップを敷きました。暖かみがありながらも、お庭全体に統一感が出るように計画しています。

土壌改良でガーデニングを楽しめる空間づくり

レイズドベッドの花壇と敷石のあるお庭

土が固く、粘土質の土壌だったお庭。植物を植えて楽しみたいものの、土の状態が悪くうまく育たないお庭の土壌改良をしたいとMIDOLASにお問い合わせ頂きました。
地面よりも底上げをしたレンガ花壇には土壌改良した土を施工。それ以外の場所は砂利と飛び石舗装をして機能的なお庭に仕上がりました。
-------------------------------------------------
兵庫県神戸市 戸建て
【施工内容】土壌改良、レンガ花壇設置、既存樹木移植、敷石・砂利設置
【広 さ】約20㎡
【エリア】主庭
【費 用】50-75万円
【工 期】2日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

レンガの花壇で高さを出し、植物の生育に必要なだけの土の深さを確保します。花壇以外の部分は、洋砂利と敷石を設置。粘土質の土壌に悩むことなく、快適にガーデニングを楽しんで頂けるような計画にしました。

施工前のお庭

Before

施工前のお庭。土の部分は粘土質で固く、新しい植物を植えるのが難しい状態でした。

レイズドベッドと敷石のあるお庭

After

ご自分でお好きな植物を植えられるよう、広めの花壇を設置。土壌改良を行っているので、このままガーデニングを楽しんで頂けます。

施工後の植栽花壇と敷石のあるお庭

ここがポイント①

レンガ花壇は、ナチュラルな風合いのイタリアレンガで高さを出し、なだらかな曲線を描くように設置。
土壌がよくないことがお悩みだったため、花壇の高さを出し、土壌改良を行いました。水はけがよく、保水力・保肥性のある土壌は植物が健やかに育つポイントの一つです。

敷石と用砂利

ここがポイント②

花壇外の部分は、洋砂利と無造作な形の敷石を敷き、よりナチュラルで、趣のあるお庭を演出。雨が降った後でもぬかるみを心配することなくガーデニングを楽しんでいただけます。

広いお庭の土壌改良は自分でやるとなかなか大変なもの。そんな時、ミドラスが素敵なガーデニング生活の一歩を踏み出すお力になれれば、と思います。緑豊かなガーデニング生活を楽しんで頂けると嬉しいです。

施工の様子

施工時の様子
施工時の資材の様子
施工時の様子

高原にいるかのような雑木風玄関アプローチ

雑木風の玄関アプローチ

新築後そのままになっていた玄関アプローチ。雨が降ると近隣に土砂が流れ込んでしまうので対処がしたいとMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
まるで高原の中にいるかのような雑木風の玄関アプローチが完成しました。
-------------------------------------------------
埼玉県新座市 戸建て
【施工内容】芝敷、新規植栽、飛び石
【広 さ】約12㎡
【エリア】玄関アプローチ
【費 用】15-25万円
【工 期】1日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

土の流出でお困りだった玄関アプローチを、新居で長く暮らしていくことを見据え、やすらぎと落ち着きの空間となるようトータルでプランニング。土の流出は、勾配になっているアプローチ部分に芝を張ることで抑制を図りました。お庭全体の雰囲気は、森の中にいるかのような雑木風の玄関アプローチをご提案。

新築後手つかずのままの玄関アプローチ

Before

新築後そのままになっていた玄関アプローチ。既に枕木とヤマボウシが設置されていました。

やすらぎの雑木風玄関アプローチ

After

土がむき出しの部分を芝で覆い枕木のアプローチの脇に株立ちのイロハモミジを植栽しました。

雑木風の玄関アプローチ

ここがポイント①

枕木の両脇に、ローズマリーとラベンダーを配置。アプローチの距離が比較的あり、すでに枕木も設置されていたので、施主様が好きなハーブ系の植栽を植えこみました。毎日出入りのある玄関アプローチだからこそ、少しでも心躍る内容にしたいもの。優しい雑木風アプローチの中、ハーブの色味と香りも楽しんでいただけます。

家庭菜園スペースと敷石

ここがポイント②

施主様がもともと楽しみに育てられていた家庭菜園スペース。土のままだったため、雨の後など靴が汚れてしまうというお悩みも飛び石を設置することで、足元の汚れを軽減できます。また、形がいびつな飛び石は、ナチュラルでカントリー調な雰囲気も演出できます。

施工の様子

施工の様子
施工の様子
施工の様子

緑のグラデーションとコントラストの美しい植栽花壇

白玉石とレンガチップ敷きのお庭

2年前新居に越してきた施主様。ご自身で植物を植えられていたものの限界を感じ、お庭の印象を一新したいとMIDOLASへお問い合わせ頂きました。
バークチップを新たに敷き、エントランス前をナチュラルで清潔感のある空間に。敷き直した白玉石とバークチップのコントラストが美しいお庭に生まれ変わりました。
-------------------------------------------------
千葉県柏市 戸建て
【施工内容】レンガチップ・バークチップ・玉石敷き、新規植栽、オリーブ植え替え、レモン支柱し直し
【広 さ】約15㎡
【エリア】玄関横、駐車場
【費 用】25-50万円
【工 期】3日
-------------------------------------------------

施工前のお庭

Before

お庭の印象を一新したいと思われていた頃の玄関横外周部。

緑のグラデーションが美しいお庭

After

多彩な植物が生み出すコントラストが家全体の印象をぐっと引き締めます。美しい植栽を家の中からも楽しんで頂けます。

施工前、レンガチップ敷きの植栽花壇

Before

施工前の花壇。下草が茂りすぎている印象です。

レンガチップ敷きの植栽花壇

After

グリーンの濃淡が美しい植栽花壇になりました。建物の外周部がパッと華やぎます。

施工後の植栽花壇と敷石のあるお庭

ここがポイント①

エントランス周りは斑入りや白い花が咲く明るい植栽を選びました。華やかな印象のエントランスに一新されます。
リビング前は常緑のアカシアを目隠しとして設置。外部からの視線を遮り、プライベートな空間を確保します。

白玉石とレンガチップ敷きの植栽花壇

ここがポイント②

雑草のお手入れが楽になるよう、白玉石の下には防草シートを敷きました。花壇の土部分はバークチップ敷きにして白とブラウンのコントラストが映えるよう計画。バークチップは防草対策の意味も込めて使用しています。
白玉石は清潔感を、バークチップはナチュラルさと暖かみを演出します。白玉石を汚れにくくするために植栽と砂利の間に見切り材を設置して、お手入れが楽にすむよう考慮しました。

春に向けて準備!冬に出来るお庭の外構工事

冬はお庭づくりなんて出来ない、なんて諦めていませんか?いえいえ、そんなことはありません。春になったら緑いっぱいのお庭にする為に、冬のうちに出来ることをご紹介します。 冬の間にエクステリアを素敵にして、春にはお庭を緑でいっぱいにする…2ステップに分けるお庭づくりのご案内です。

冬はお庭づくりなんて出来ない、なんて諦めていませんか?いえいえ、そんなことはありません。春になったら緑いっぱいのお庭にする為に、冬のうちに出来ることをご紹介します。

冬の間にエクステリアを素敵にして、春にはお庭を緑でいっぱいにする…2ステップに分けるお庭づくりのご案内です。

冬は2ステップに分けて施工!

冬は多くの植物が葉を落とし、枯れてしまうか休眠する季節です。この時期は植物に負担がかかる為、植栽を植えこむような作業は出来ません。 「冬は植物を植えられないし、お庭づくりが何も出来ない」なんて思わないでください。冬の間に大きな外構工事を済ませてしまいましょう。 冬は施工業者も空いているので、工事がスムーズに進むというメリットがあります。冬の間に大きな工事を済ませておけば春に植栽を植え易くなるという、更なるメリットもあります。 シンボルツリーとなるような大きな落葉樹は、実は休眠期が植え付けシーズン。冬の間に外構工事と落葉樹の植え付けが終わっていれば、春からの植栽デザインがしやすくなります。

冬は多くの植物が葉を落とし、枯れてしまうか休眠する季節です。この時期は植物に負担がかかる為、植栽を植えこむような作業は出来ません。

「冬は植物を植えられないし、お庭づくりが何も出来ない」なんて思わないでください。冬の間に大きな外構工事を済ませてしまいましょう。

冬は施工業者も空いているので、工事がスムーズに進むというメリットがあります。冬の間に大きな工事を済ませておけば春に植栽を植え易くなるという、更なるメリットもあります。

シンボルツリーとなるような大きな落葉樹は、実は休眠期が植え付けシーズン。冬の間に外構工事と落葉樹の植え付けが終わっていれば、春からの植栽デザインがしやすくなります。

冬に出来る外構工事|ウッドデッキ

エクステリア人気No.1と言っても過言ではない、ウッドデッキ。施工に必要な資材も多く、施工面積も広いので場所を必要とします。 冬はお庭に出る機会も少なく、植物の多くが姿を消している季節なので、大きな外構工事がスムーズに出来るというメリットがあります。 さらに、お庭の中で広い面積を使用するウッドデッキやテラスを冬の間に作っておくと、春になってから植栽のデザインをしやすくなります。 ▼ウッドデッキの施工について詳しくご紹介しています。

エクステリア人気No.1と言っても過言ではない、ウッドデッキ。施工に必要な資材も多く、施工面積も広いので場所を必要とします。

冬はお庭に出る機会も少なく、植物の多くが姿を消している季節なので、大きな外構工事がスムーズに出来るというメリットがあります。

さらに、お庭の中で広い面積を使用するウッドデッキやテラスを冬の間に作っておくと、春になってから植栽のデザインをしやすくなります。

冬に出来る外構工事|テラス

室内からお庭に続くように作るテラスは、ウッドデッキと同じく施工面積の広い外構工事です。施工面積に合わせて資材を置いておく場所も必要となります。 冬の間に工事を行うメリットはウッドデッキと同じです。お庭への出入りが少ない季節に工事を行ったほうがスムーズであるということと、大きなエクステリアが先に出来ていると春になってからの植栽のイメージがしやすくなるということです。

室内からお庭に続くように作るテラスは、ウッドデッキと同じく施工面積の広い外構工事です。施工面積に合わせて資材を置いておく場所も必要となります。

冬の間に工事を行うメリットはウッドデッキと同じです。お庭への出入りが少ない季節に工事を行ったほうがスムーズであるということと、大きなエクステリアが先に出来ていると春になってからの植栽のイメージがしやすくなるということです。

冬に出来る外構工事|インターロッキング

インターロッキングブロックはアプローチやカースペースなど、耐久性を必要とされるような場所に使用される資材です。コンクリートブロックを手作業ではめ込んでいくので、施工に時間がかかります。 人の動線上に工事することがほとんどですので、外出等の人の出入りが少ない冬に行うと効率良く捗ります。

インターロッキングブロックはアプローチやカースペースなど、耐久性を必要とされるような場所に使用される資材です。コンクリートブロックを手作業ではめ込んでいくので、施工に時間がかかります。

人の動線上に工事することがほとんどですので、外出等の人の出入りが少ない冬に行うと効率良く捗ります。

冬に出来る外構工事|玄関アプローチ

玄関アプローチとは、門から玄関に続く小道を指す言葉です。

インターロッキングブロックと同じで、玄関アプローチは冬場の人の出入りの少ない時期に行った方が、効率良く捗ります。

先にアプローチが出来ていると植栽のイメージが湧きやすく、お家の顔とも言える玄関アプローチを理想の形につくることが出来るようになります。

ミドラスが薦める2ステップのお庭づくり

緑が芽吹き、お花屋さんにたくさんの草花が並び始める春。気分もそわそわして、自宅のお庭もきれいにしたくなります。 そんな時に外構がすでに出来ていると、春の可愛らしい植物に集中して目を向けることが出来ます。一緒に成長していくお庭を作るのですから、植栽もじっくり吟味して選びましょう。 ミドラスはこの2ステップの外構施工をお薦めしています。 先に大きなテラスウッドデッキやテラスのようなものを作っておくと、その先のお庭のイメージがしやすくなります。玄関周りも先に雰囲気が出来ていれば、どんな植栽にするか自然とイメージが湧いてきます。 ミドラスと一緒に、全体の雰囲気にまとまりのあるお庭を作っていきませんか?

緑が芽吹き、お花屋さんにたくさんの草花が並び始める春。気分もそわそわして、自宅のお庭もきれいにしたくなります。

そんな時に外構がすでに出来ていると、春の可愛らしい植物に集中して目を向けることが出来ます。一緒に成長していくお庭を作るのですから、植栽もじっくり吟味して選びましょう。

ミドラスはこの2ステップの外構施工をお薦めしています。

先に大きなウッドデッキやテラスのようなものを作っておくと、その先のお庭のイメージがしやすくなります。玄関周りも先に雰囲気が出来ていれば、どんな植栽にするか自然とイメージが湧いてきます。

ミドラスと一緒に、春を楽しむ準備を始めませんか?

ミドラスの施工事例はこちらからご覧ください

【インタビュー】道行く人の目をひくグラウンドカバー、ナチュラル感溢れる癒しの庭

トップ

明るいハーブガーデンと落ち着いた雑木風のシェードガーデン

日当たりに合わせた2ゾーンの異なる植栽を提案

昨年3月に住まいを新築され、お庭をどうしようかと思われたY様。ホームページでミドラスを見つけてご連絡頂きました。「植物は鉢植えなどでいろいろ挑戦してきましたが枯らしてしまうことが多く、自分で選ぶことに躊躇していました。そこで、どうせならプロへ依頼してみようと思ったのがきっかけでした」。

庭は、日当たりの良い南面にお花や収穫が楽しめるハーブガーデン。デッキ前の半日陰部分は雑木風の低木と山野草のシェードガーデンに。午後は日が当たりにくいエリアも多いことから芝は使わずにコストダウンも含めてディコンドラを種から撒くことに。繁茂するかが心配でしたが、見事に育ってくれました。庭を2ゾーンに分けて考えたことで、植物の趣の変化が楽しめ、庭空間に広がりをもたらしています。

ディゴンドラのグランドカバー

\ 施主様の声 /

「ミドラススタッフの知識が豊富なのでびっくりしました。ハーブや実のなる植物を20種類以上の植物を植えてもらい、植物の名前を覚えるのが楽しみになっています」

「とにかく豊富な植物の種類を提案していただいたことに驚きました。いろんな植物の名前を覚えられてうれしいです。アーティチョークやブルーベリーなど実のなる植物も植えてもらったので、これから収穫するのも楽しみです」と奥さま。
「1番のお気に入りは何といってもディコンドラのグラウンドカバーです。踏むのがかわいそうになってしまうのですが、踏みつけてよいのですよね(笑)。ディコンドラは種からまいたので、最初は土だらけで本当に出てくるのかちょっと心配していましたが、夏が過ぎるころから一斉に芽が出始めて、伸びてくれた時は嬉しかったです。お向かいの方にもきれいになったねと言われました」。お庭を通して話が弾む様子が伺えました。

-------------------------------------------------
東京都府中市 戸建て Y邸
【施工内容】お庭のガラ撤去、目隠しフェンス、枕木敷き、植栽
【広さ】  37.5㎡+α
【エリア】 主庭
【費用】  約60万円
【家族構成】ご夫婦
-------------------------------------------------

植栽施工前の様子

Before

新築後、土が固まったままの様子。お庭への夢はふくらむものの、何をどこに植えたらよいのか分からず、途方に暮れていたそうです。

植栽施工後の様子

After

ディコンドラのグラウンドカバーが繁茂し、様々な種類の花や植物が楽しめるナチュラル感あふれるお庭に。

point
01

ディコンドラのグラウンドカバー

種蒔き

【ディコンドラの種蒔き】
デッキの階段まで枕木敷きの園路を作り、周りにディコンドラの種をまきました。種からまくことでコストを抑えます。

経過

【約1か月後】
少しずつディコンドラが生長してきました。芽が出始めると生長はとても速いのがディコンドラの特徴。生えそろってきたら踏みつけても大丈夫です。ディコンドラは踏みつけにも強く、よく踏む場所は細かな密の葉が。あまり踏まれない場所には大き目の葉がふんわりと広がり空間に変化をもたらします。

繁茂

【約2か月後】
ディコンドラが完全に繁茂した状態。花壇や枕木と一体化することで、地面の分断感がなく、よりナチュラルな雰囲気の庭となりました。

point
02

収穫を楽しめるハーブガーデンと、落ち着いた雑木風のシェードガーデン

ハーブガーデンとシェードガーデン

ハーブとシダが好きという奥さまの要望に合った庭の環境だったこともあり、日当たりに合わせて季節の彩りと収穫を楽しめるハーブガーデン、雑木の趣を感じる落ち着いた雰囲気のシェードガーデンを提案しました。クジャクシダやヤマユリなど、山野草の周りにはミツバツツジなどで木陰を作って夏の強い日差しから守ってくれる自然樹形の木々を植えています。
また、デッキ前に花壇から離れた植栽(オトコヨウゾメ)を一本入れています。こうすることでデッキから見たときに奥行き感を感じられ、庭に立ったときにも端から端まで視線が抜けないことで、広がりが感じられるデザインになっています。

庭木
レモングラス・ハーブ
ソヨゴ
植栽作業

完工後のお庭に訪問しました!


ご主人会話

お庭が完成してから約2か月後、お庭の様子を伺いに行ってきました。
土部分が多かったお庭から、2カ月でディコンドラが覆う緑あふれるお庭となっていました。しかし、昨年夏の暑さや台風などで元気がなくなった植物もあり、枯れてしまったのではないかと心配されていたY様。担当の伊藤が手入れ方法などを説明し、枯れたわけではないことを聞いて安心されたご様子でした。

ハーブ

「通りすがりの人からも、この植物は何?と聞かれることがあります。植物の生長を見るのが楽しみになりました」
ハーブガーデンには、ラベンダーやローズマリー、スペアミント、レモングラス、ローマンカモミールといった多彩なハーブが植えられています。「庭に出て、植物をちょっと触っただけでもふんわりとハーブの香りがするのが嬉しくて癒されます」といわれます。ディコンドラのグラウンドカバーやアーティチョークなど珍しい植物を植えたことで、道行く人から植物の話を聞かれることもあるとか。お庭がご近所との交流の場になることもあるそうです。

日陰の環境を生かしたしっとりと落ち着く花壇

マンション専用庭の花壇植栽。土が見えないようにグランドカバーの様な植栽をしたかったがうまくいかずご相談をいただきました。
細長い花壇が単調にならないように下草類とゴロタ石のエリアで分けメリハリを意識し施工。
しっとりと落ち着いた雰囲気の植栽花壇に生まれ変わりました。
-------------------------------------------------
東京都渋谷区 マンション
【施工内容】低木伐採、タマリュウ撤去、土の鋤取り、新規植栽、自然石設置
【広 さ】約12㎡
【エリア】マンション専用庭花壇
【費 用】10-25万円
【工 期】1日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

花壇の苔が生えてしまっていた地面は全体的に鋤取りを行い、一度整地しました。エリアの構成は、自然石が置かれたエリアと植栽エリアに分け、手入れが楽で日陰でも元気に育つ植物を選んで植栽。日の当たらない環境を生かした落ち着きのある花壇になりました。

施工前の人工芝のお庭

Before

日当たりがあまり良くない花壇箇所。タマリュウと落ち葉で荒れてしまっています。

施工後のナチュラルガーデン

After

タマリュウを撤去して新たに自然石と下草を設置。すっきりと整い明るい印象になりました。

施工前の人工芝のお庭

Before

タマリュウがまばらに生えている施工前の花壇です。

施工後のナチュラルガーデン

After

下草として新たにヒューケラなどのカラーリーフを取り入れました。カラーリーフを取り入れることで明暗のコントラストが出て、花壇の印象に深みを与えることができます。

人工芝と敷石のあるナチュラルガーデン

ここがポイント①

エリアを自然石のエリアと植栽のエリアに区切り、みずみずしさが漂う野山にいるかのような花壇に仕上がりました。
日陰で少しジメジメとしてしまう環境でも、植栽や構成の仕方によって、雰囲気のある空間を創ることができます。

カラーリーフでシックな花壇

ここがポイント②

下草には、比較的手入れが楽で年間通じて楽しめるヒューケラを植栽。バラエティ豊かな葉の色が花壇の足元を彩ります。
暗い印象になりがちな日陰の場所でも、明るく華やかにしてくれます。

施工の様子

人工芝と敷石のあるナチュラルガーデン
カラーリーフでアクセントを
人工芝とナチュラルガーデンの花壇

基本のミネストローネの作り方。庭の恵みを食べよう!

庭が寂しくなる冬。冬は庭の植物たちも休眠する季節です。冬は夏の庭の恵みを大切にいただいて、次の春を待つことにしましょう。 寒い冬に嬉しい、暖かいミネストローネの作り方をご紹介します。ブイヨンを使わなくてもすごく美味しい、基本のミネストローネです。

庭が寂しくなる冬。冬は庭の植物たちも休眠する季節です。冬は夏の庭の恵みを大切にいただいて、次の春を待つことにしましょう。

寒い冬に嬉しい、暖かいミネストローネの作り方をご紹介します。ブイヨンを使わなくてもすごく美味しい、基本のミネストローネです。

ミネストローネとは

ミネストローネの定義ってなんでしょう?赤いトマト味の野菜スープだと思っていませんか? ミネストローネとは、野菜が何種類も入ったスープのことを指します。イタリアの代表的な家庭料理で、家庭によって入っているものもレシピも違います。材料も季節によって変わります。トマトが入らないこともあります。先に野菜を炒めるレシピもあれば、炒めないレシピもあります。 とにかく野菜を何種類も使った温かくて美味しいスープということです。

ミネストローネの定義ってなんでしょう?赤いトマト味の野菜スープだと思っていませんか?

ミネストローネとは、野菜が何種類も入ったスープのことを指します。イタリアの代表的な家庭料理で、家庭によって入っているものもレシピも違います。材料も季節によって変わります。トマトが入らないこともあります。先に野菜を炒めるレシピもあれば、炒めないレシピもあります。

とにかく野菜を何種類も使った温かくて美味しいスープということです。

庭の恵みを使って

緑と暮らすミドラスがご紹介するレシピですから、お庭の恵みをいただきます。 夏にお庭に植えておいたプチトマトがたくさん収穫出来たら、食べきれなかった分は冷凍しておきます。冷凍のプチトマトは、冬の間に暖かい料理に変身して、食卓を賑わせてくれます。 月桂樹が庭にあるようなら、積極的に使用しましょう。食用にするならドライにしてから使います。剪定も兼ねて収穫したら、こまめにネットに入れて干しておきましょう。いつでもドライの月桂樹に困ることはありません。 鷹の爪も夏の間にどんどん実ります。種ごと乾燥させて保存しておきましょう。 セージやタイムといったハーブは常緑ですので、食べるその時にお庭で摘んできます。フレッシュで食べられるものは、ぜひフレッシュで使用しましょう。摘んだばかりのハーブは香りが違います。

緑と暮らすミドラスがご紹介するレシピですから、お庭の恵みをいただきます。

夏にお庭に植えておいたプチトマトがたくさん収穫出来たら、食べきれなかった分は冷凍しておきます。冷凍のプチトマトは、冬の間に暖かい料理に変身して、食卓を賑わせてくれます。

月桂樹が庭にあるようなら、積極的に使用しましょう。食用にするならドライにしてから使います。剪定も兼ねて収穫したら、こまめにネットに入れて干しておきましょう。いつでもドライの月桂樹に困ることはありません。

鷹の爪も夏の間にどんどん実ります。種ごと乾燥させて保存しておきましょう。

セージやタイムといったハーブは常緑ですので、食べるその時にお庭で摘んできます。フレッシュで食べられるものは、ぜひフレッシュで使用しましょう。摘んだばかりのハーブは香りが違います。

ミネストローネの作り方

お庭の恵みをいただくミネストローネの作り方をご紹介します。

お庭の恵みをいただくミネストローネの作り方をご紹介します。

ミネストローネ材料

・ニンニのク 1片

・鷹の爪 1本

・月桂樹の葉 1枚

・セージ 2~3

・冷凍ミニトマト 5~6個

・タマネギ 2個

・セロリ 1本

・ニンジン 1本

・カブやダイコンのような根菜(甘味が出るので必ず入れる)

・豆類(白いんげん豆やそら豆など)

・ジャガイモやキノコを入れてもおいしい

他にもお好みで気になる季節の野菜を入れてください。

ミネストローネの作り方

ニンニクは皮を剥き、包丁の背で潰しておきます。

大きめのお鍋にたっぷりの水を入れて極々弱火にかけます。

水の状態で、ニンニクと鷹の爪、月桂樹、セージを入れます。

後は野菜を切りながら、鍋に入れていくだけです。

タマネギ、セロリから、乱切りあるいは大きめのさいの目切りにして、鍋に入れていきます。

次にカブやダイコン等、火の通りにくい根菜類を、切ったそばから入れていきます。

ミニトマトは5~6個、ヘタを取って丸ごと。トマトの味を濃くしたい場合は、お好みで増やしてください。

キノコは出汁が出るので早めに入れます。ジャガイモやニンジンのような煮崩れしやすいものは、最後の方に。

水のうちから野菜を入れることで、野菜の味の濃いスープが出来上がります。

全ての野菜を入れ終え、沸騰してから30分ほど煮込んだら一旦味を確認します。

最後に塩コショウで整えたら出来上がり。

お皿に盛り付けて、オリーブオイルをくるりと垂らし、いただきます。

 

オイルで野菜を炒めることもなく、ブイヨンも使わないシンプルなミネストローネの作り方。シンプルだけど、とっても美味しくて、ほっこりするような野菜のスープです。

ミドラスと作る豊かな庭

庭と一緒に季節の移ろいを楽しむ。庭の恵みを、眺めて触れて食べて、五感を使って楽しむ。ささやかなようで、とても大切なことではないでしょうか。お庭と共に五感を使って豊かな生活をしてみませんか。 ミドラスにご相談ください。「緑と暮らすMIDOLAS」だからこそ出来るご提案があります。

庭と一緒に季節の移ろいを楽しむ。庭の恵みを、眺めて触れて食べて、五感を使って楽しむ。ささやかなようで、とても大切なことではないでしょうか。お庭と共に五感を使って豊かな生活をしてみませんか。

ミドラスにご相談ください。「緑と暮らすMIDOLAS」だからこそ出来るご提案があります。

防草対策をしつつガーデニングも楽しめる人工芝のお庭

人工芝を使ったナチュラルガーデン

以前から人工芝が敷かれていたお庭。砂利の隙間などから雑草が生えてくるためお手入れを楽にしたい、そしてガーデンニングも楽しみたいとのことでミドラスへお問い合わせ頂きました。
綺麗な人工芝が保たれているお庭だったので、今まであったお庭の造りを活かしつつ、手を加えることで新しいお庭へと生まれ変わりました。
-------------------------------------------------
千葉県袖ケ浦市 戸建て
【施工内容】除草、人工芝補修工事、レンガ花壇新設、新規植栽
【広 さ】約30㎡
【エリア】主庭
【費 用】75-100万円
【工 期】7日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

荒れてしまっていた人工芝と花壇は、下地から丁寧に作り直しました。花壇内の植栽は施主様ご希望のユキヤナギを中心として、色味やボリュームバランスを考慮して美しく見える植物を選定。
敷石によって動きをつけながらも、秩序の保てるお庭のご提案です。

施工前の人工芝のお庭

Before

人工芝敷きのお庭。砂利の隙間などから雑草が生えてくることがお悩みでした。

施工後のナチュラルガーデン

After

花壇は新たに植栽を施し、平面的にならないよう敷石を並べました。目的ごとに区画されたお庭づくりによって、管理しやすく、美しさを保ちやすいお庭に生まれ変わりました。

人工芝と敷石のあるナチュラルガーデン

ここがポイント①

人工芝の施工は、下地作りと丁寧な施工が長く楽しめるポイントです。
今回は、お庭の構成は大きく変えずに、すべて下地作りからしっかりとやり直しました。これによって、別のお庭であるかのように新しいお庭へと生まれ変わります。

カラーリーフでシックな花壇

ここがポイント②

花壇のレンガはぬくもりを感じる焼きムラのあるタイプを使用。
ガーデニングを楽しみたいという施主様のお気持ちを反映して、丈夫な低木と宿根草を植栽しました。一年を通してお花が咲く植物や葉の綺麗な植物を鑑賞することが出来ます。

ナチュラルガーデンの敷石

ここがポイント③

お庭に設置した飛び石は、深い色見が美しい鉄平石を使用しています。
曲線的に飛び石を設置することで、空間に程よい動きと、奥行きを与えることができます。

お庭のギャラリー

人工芝と敷石のあるナチュラルガーデン
カラーリーフでアクセントを
人工芝とナチュラルガーデンの花壇

シンボルツリーとプランターで彩る玄関アプローチ

家を新築した施主様。住居周りの植栽について工務店に相談した際、木を選んで植えるだけの内容に物足りなさを感じ、ミドラスにお問い合わせ頂きました。
植栽の一つ一つにこだわった専門的な植栽プランで、白を基調としたおしゃれな住居をより際立たせる内容となりました。
-------------------------------------------------
東京都品川区 戸建て
【施工内容】シンボルツリー植栽、プランター植栽、石敷き
【広 さ】約5㎡
【エリア】玄関前、建物脇
【費 用】10-25万円
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

玄関脇のスペースには、季節の移り変わりを楽しんで頂けるよう、新緑や紅葉の美しい株立のカツラの木を植栽。
道路との境界際には、素材や形状・色味の異なるプランターを3つ設け、緑の美しい植栽と共にアプローチを彩る計画としました。

施工前の建物横花壇

Before

施工前の玄関横。外構は工事中でまだ樹木は植えられていません。

施工後の建物横花壇

After

プランター植栽とシンボルツリーを植えた後の玄関周り。爽やかなグリーンや、美しい樹形が住居の白い壁を飾ります。

施工前の玄関前植栽

Before

施工前の建物脇。少し無機質な印象も感じられます。

施工後の玄関前植栽

After

プランター植栽を設置した後の建物脇です。植栽のグリーンが入ることで無機質な外壁を和らげ、住居としてより洗練された印象を演出することがきます。

カントリー調の敷石と植栽花壇

ここがポイント①

玄関脇のシンボルツリー、カツラ。春には新緑を、秋には美しい紅葉が楽しめます。
シンプルモダンな住居なので、樹木も美しい株立ちのカツラを。住居の洗練された印象も樹木の美しさもどちらも際立つ玄関脇シンボルツリー植栽となりました。

果樹のある花壇

ここがポイント②

カツラの足元のゴロタ石。建物外壁の色と同系色にすることで統一感を演出できます。
シンプルモダンな住居に合わせ、株立の樹木と相性の良いゴロタ石を敷き込み、土の部分を覆い隠します。

ハーブを楽しめる主庭の花壇

ここがポイント③

道路際には、素材や形状などが異なるプランターを3つ配置し、無機質な場所を植物で彩ります。

一から作る新築だからこそ、植栽内容にもこだわりたいもの。
洗練された住居に合わせてプランニングした植栽で、自然や季節の移り変わりを楽しんで頂けると嬉しいです。

玄関アプローチと主庭を広々とした洗練された空間へ

洗練された空間の玄関アプローチ

玄関前のジューンベリーが大きくなり、毛虫が大量発生することがお悩みだった施主様。主庭の芝のお手入れが難しくなったことに加え、お子様が小さい時に使っていた砂場・ブランコも使わなくなったので撤去したいというご要望を頂きました。
もともと広い玄関アプローチと主庭がさらに洗練された空間へと生まれ変わりました。
-------------------------------------------------
東京都県八王子市戸建
【施工内容】玄関側:樹木伐採/植栽/剪定/防草シート設置/砂利敷/コンクリート平板設置
主庭側:芝撤去/砂場撤去/整地/人工芝設置/ブランコ撤去
【費 用】50-75万円
【エリア】主庭・玄関まわり・建物外周
【広 さ】40㎡+15㎡
【工期】3日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

施主様のご要望が明確【①人工芝設置②雑草対策③ジューンベリー伐採】だったため、ただの作業にならないように玄関周りの雑草対策は既存物を活かしたシンプルな庭リノベをご提案。お話を伺う中で、「スッキリさせたい」というフレーズがキーワードとして何度か出てきたため、洗練された印象となるよう心掛けました。

施工前の玄関アプローチ

Before

草が茂り、樹木の果実や葉が散乱していた玄関アプローチ。

施工前の主庭

Before

お子様が使わなくなったブランコがお庭に残された状態のお庭。お庭に出て活用することが難しい状況でした。

洗練された空間の玄関アプローチ

After

草が茂っていた箇所を整理し、砂利を敷くことですっきりと整った印象になりました。

人工芝敷きの広々とした主庭

After

人工芝を設置したことで、広々と使えるお庭に仕上がりました。

洗練された空間の玄関アプローチ

ここがポイント①

大きくなった上に害虫に悩まされていたジューンベリーを伐採し、草が伸び荒れていた土の部分に防草処理を施しました。単純に防草対策をするのではなく、既存の敷石・植物とのバランスを考え、コンクリート平板・低木を配置することで動きを感じさせる庭に生まれ変わりました。

砂利敷きで玄関アプローチを綺麗に

ここがポイント②

雑多な印象にならないよう、色調をグレーとグリーンの濃淡で統一。新たに設置したコンクリート平板は、景観、雑草対策、植物を追加したくなった時にプランターを置きやすいようにという3つの目的を持たせています。

広々とした人工芝のお庭

ここがポイント③

芝のお手入れにお悩みだった主庭は不要となった砂場も潰し、整地にした上で人工芝を設置。余分なものを取り除き平滑にしたことにより、元々広かったお庭も更に広々とした印象となりました。

施工の様子

施工時の主庭の様子
人工芝施工時の主庭の様子
施工時の玄関アプローチの様子

用途別に楽しめる小さな庭リノベ

用途別に楽しめる庭リノベ

建物の外周箇所の雑草とリビング前のテラスが荒れているので綺麗にしたいというご相談を頂きました。
テラス前には立水栓の新設もご希望だったため、お庭を目的別に様々な楽しみ方ができるお庭に仕上げました。
-------------------------------------------------
東京都武蔵村山市 戸建て
【施工内容】テラス整備/新規植栽防草シート設置/砂利敷/コンクリート枕木設置/立水栓設置
外周整備/除草/防草シート設置/砂利敷
【費 用】25-50万円
【エリア】建物外周、テラスエリア
【広 さ】25㎡
【工期】2日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

テラス前を①水場エリア②テラスエリア③植栽エリアの3エリアに区画し、用途別にエリアを設定しました。狭いエリアでも複数の用途を盛り込み、スッキリとした印象を与えるお庭のご提案です。植栽については比較的お手入れが楽な植物を選定しました。

施工前の建物外周部

Before

つる性の植物が生い茂っている状態の建物外周部。

砂利敷き後の建物外周部

After

茂った草を取り除き、すっきりとした印象になりました。

庭リノベ前のお庭

Before

エリアによる区画がなく雑多な印象もあります。

用途別に楽しめる庭リノベ

After

目的別のエリアを構成することにより整った印象になり、お庭としても活用しやすくなりました。

用途別に楽しめる庭リノベ

ここがポイント①

レンガを敷き詰めただけの荒れた印象の前庭エリアを、3区画に区切り用途別にリノベーション。立水栓も新たに設置することで水道も使いやすくなり、すっきりとした印象を与えます。既存レンガも部分的にアクセントとして再利用しています。

砂利敷きとタマリュウの庭リノベ

ここがポイント②

雑草対策を施した上にシンプルにビリ砂利で装飾。単調な印象を与えないように縁にはタマリュウを配置。

庭リノベの植栽

ここがポイント③

オリーブをシンボルツリーとして植栽し、足元にハーブ類を中心とした草花を植栽。1㎡程度のエリアのため、メリハリをつけることを意識して造作しました。

このお庭の植物をピックアップ

オリーブ

オリーブ

ローズマリー

ローズマリー

オレガノ

オレガノ

セージ

セージ

敷石でメリハリのある玄関アプローチへ

敷石とガーデンに囲まれた玄関アプローチ

植物好きな施主様がご自身で植えた植物がまとまらなくなってしまった玄関アプローチ。綺麗に整えたいということでミドラスへお問い合わせ頂きました。
既存の敷石では、雨になると滑ってしまったり泥汚れが広がったりと機能的ではなかったため、滑りにくい敷石を使った玄関アプローチのリフォームを行いました。
-------------------------------------------------
東京都三鷹市 戸建て
【施工内容】敷石交換、植栽整理
【費 用】25-50万円
【エリア】玄関まわり・建物外周
【広 さ】15㎡
【工期】2日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

一つ一つの植物は元気に育っていて状態も良かったため、敷石の設置と植物の組み合わせを変えることでまとまった印象となるようご提案。
加えて、既存敷石は設置場所を変更し、雑草対策として再利用することでコストダウンも計ることが出来ました。

施工前の玄関アプローチ

Before

植物がよく生長しているものの、統一感がなく鬱蒼としているようにも感じられます。

施工後の玄関アプローチ

After

新たな敷石と枕木を設置し、既存の植物を組み替えることで統一感が生まれます。植物を楽しめるナチュラルテイストなお庭へと生まれ変わりました。

敷石とナチュラルガーデンの玄関アプローチ

ここがポイント①

コンクリート枕木とアンティークレンガで玄関まで続くアプローチを設置。既存敷石は雨が降ると滑ってしまい、お子様が歩くと泥だらけになるため、玄関の掃除も大変でした。歩きやすさも増し植物とのバランスも良くなりました。

敷石とナチュラルガーデンの玄関アプローチ

ここがポイント②

既存の植物を、色・種類別に植替えをすることで統一感をもたせました。また、敷石を設置する際に区画を意識し凹凸をつけることでナチュラルな花壇のイメージに仕上げました。

ナチュラルな風合いの敷石

ここがポイント③

コンクリート枕木とアンティークレンガを組み合わせることで耐久性もあり、自然な雰囲気のアプロ―チとなりました。植物が育ち、アプローチ周辺を覆うようになると更に良い雰囲気となってくれるので楽しみです。

クリスマスローズにビオラ!寒さに強い庭の花たち

冬になると、樹木は葉を落とし、草花は枯れて、庭は寂しくなるばかり。そんな寒い冬に生き生きと咲いてくれる、寒さに強い庭の花を紹介します。 冬でも庭に花があると、毎朝、窓を開けるのが楽しくなりますよ。

冬になると、樹木は葉を落とし、草花は枯れて、庭は寂しくなるばかり。そんな寒い冬に生き生きと咲いてくれる、寒さに強い庭の花を紹介します。

冬でも庭に花があると、毎朝、窓を開けるのが楽しくなりますよ。

クリスマスローズ(ヘレボラス)

学名:Helleborus 科名:キンポウゲ科 分類:多年草 クリスマスローズという呼び名で一括りにされていますが、クリスマスローズ(ヘレボラス)には多数の種類が存在します。ヘレボラス・ニゲルという原種が、クリスマスの頃に花を咲かせるので、クリスマスローズという別称で呼ばれるようになったのが由縁です。 ヘレボラス・ニゲルは草丈短く白い花びらを持つ、一重のバラのような形状の花です。 ヘレボラス・オリエンタリスは花色、咲き方共に非常にバリエーションが豊富です。白やピンク、ダークカラー、黄色、一重咲き、八重咲き、と迷ってしまうほど種類があります。 ヘレボラス・フェチダスやヘレボラス・アルグティフォリウスなど、花色がグリーンの種類もあります。 常緑で葉も大きく印象的なので、花の咲いていない時期もオーナメンタルプランツとして、庭のなかで存在感を放ってくれます。 夏の厚さと乾燥が苦手なので、落葉樹の下に植えるようにします。こうしておけば、夏は日陰、冬は日当たりを確保出来ます。また、落葉した葉が時間をかけてふかふかの土に変わっていくので、肥沃な土壌が大好きなクリスマスローズにはいいこと尽くしです。

学名:Helleborus

科名:キンポウゲ科

分類:多年草

クリスマスローズという呼び名で一括りにされていますが、クリスマスローズ(ヘレボラス)には多数の種類が存在します。ヘレボラス・ニゲルという原種が、クリスマスの頃に花を咲かせるので、クリスマスローズという別称で呼ばれるようになったのが由縁です。

ヘレボラス・ニゲルは草丈短く白い花びらを持つ、一重のバラのような形状の花です。

ヘレボラス・オリエンタリスは花色、咲き方共に非常にバリエーションが豊富です。白やピンク、ダークカラー、黄色、一重咲き、八重咲き、と迷ってしまうほど種類があります。

ヘレボラス・フェチダスやヘレボラス・アルグティフォリウスなど、花色がグリーンの種類もあります。

常緑で葉も大きく印象的なので、花の咲いていない時期もオーナメンタルプランツとして、庭のなかで存在感を放ってくれます。

夏の暑さと乾燥が苦手なので、落葉樹の下に植えるようにします。こうしておけば、夏は日陰、冬は日当たりを確保出来ます。また、落葉した葉が時間をかけてふかふかの土に変わっていくので、肥沃な土壌が大好きなクリスマスローズにはいいこと尽くしです。

ビオラ

学名:Viola x wittrockiana 科名:スミレ科 分類:一年草 ビオラはスミレ科スミレ属の一年草です。秋から春までの一番花が少ない時期に咲き続けてくれる、冬の庭の頼もしい味方です。 パンジーを小ぶりにしたような、スミレのような花姿は、可憐でどんな植物とも相性が良く馴染みます。花色も咲き方もバリエーションが豊富です。一年草ですので、秋から冬の間も咲き続け、翌年の春、気温が上がってくると共に枯れていきます。 肥沃な土壌を好むので開花中に追肥を与えるようにしましょう。水も大好きで、乾燥するとすぐに萎れてしまいます。冬でも土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにします。 冬の水やりは必ず午前中に行ってください。夕方以降に行うと、土中にしみ込んだ水分が根ごと凍ってしまいます。一度凍った根は溶けても生き返りません。凍らせないように注意してください。

学名:Viola x wittrockiana

科名:スミレ科

分類:一年草

ビオラはスミレ科スミレ属の一年草です。秋から春までの一番花が少ない時期に咲き続けてくれる、冬の庭の頼もしい味方です。

パンジーを小ぶりにしたような、スミレのような花姿は、可憐でどんな植物とも相性が良く馴染みます。花色も咲き方もバリエーションが豊富です。一年草ですので、秋から冬の間も咲き続け、翌年の春、気温が上がってくると共に枯れていきます。

肥沃な土壌を好むので開花中に追肥を与えるようにしましょう。水も大好きで、乾燥するとすぐに萎れてしまいます。冬でも土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにします。

冬の水やりは必ず午前中に行ってください。夕方以降に行うと、土中にしみ込んだ水分が根ごと凍ってしまいます。一度凍った根は溶けても生き返りません。凍らせないように注意してください。

ガーデンシクラメン

学名:Cyclamen persicum 科名:サクラソウ科 分類:多年草 ガーデンシクラメンとは、シクラメンの中でも寒さに強い品種を掛け合わせて作られた、霜にも負けない改良品種です。鉢花で良く見かける大きなシクラメンに比べ、花、草丈共にコンパクトな品種です。性質は一般的なシクラメンと同じく、夏の暑さに弱く冬に開花する球根植物です。 似たようなサイズでミニシクラメンという種類がありますが、こちらは霜に弱く、露地植え出来ません。 ガーデンシクラメンはサイズが小さく、花色も豊富な上に花数が多いのが特徴です。少しグルーピングして植えると森の奥で群生しているような景色が出来上がります。 夏は地上部が枯れて、土の中の球根は休眠します。休眠中は水分を与え過ぎると球根が腐ってしまうので、夏の水やりは控えめにしましょう。

学名:Cyclamen persicum

科名:サクラソウ科

分類:多年草

ガーデンシクラメンとは、シクラメンの中でも寒さに強い品種を掛け合わせて作られた、霜にも負けない改良品種です。鉢花で良く見かける大きなシクラメンに比べ、花、草丈共にコンパクトな品種です。性質は一般的なシクラメンと同じく、夏の暑さに弱く冬に開花する球根植物です。

似たようなサイズでミニシクラメンという種類がありますが、こちらは霜に弱く、露地植え出来ません。

ガーデンシクラメンはサイズが小さく、花色も豊富な上に花数が多いのが特徴です。少しグルーピングして植えると森の奥で群生しているような景色が出来上がります。

夏は地上部が枯れて、土の中の球根は休眠します。休眠中は水分を与え過ぎると球根が腐ってしまうので、夏の水やりは控えめにしましょう。

冬咲きクレマチス

学名:Clematis 科名:キンポウゲ科 分類:ツル性多年草 冬に咲くクレマチスです。常緑のクレマチス・アンスンエンシスの仲間や落葉するクレマチス・シルホサの仲間があります。 寒くなって、庭の多くの植物が葉を落とした頃に可愛らしい釣鐘型の花を咲かせてくれます。夏の高温乾燥が苦手なので、落葉樹の足元などに植えるといいでしょう。夏は株元が日陰になり、冬は日が当たります。 落葉樹に絡み付いて生長するので、冬に葉が落ちて木が寂しくなった頃に花を咲かせてくれます。花色はスモーキーカラーもありますが、白やアイボリーが多く、華奢なツルとも相まって、冬のお庭で柔らかな透明感のある雰囲気を作り出してくれます。

学名:Clematis

科名:キンポウゲ科

分類:ツル性多年草

冬に咲くクレマチスです。常緑のクレマチス・アンスンエンシスの仲間や落葉するクレマチス・シルホサの仲間があります。

寒くなって、庭の多くの植物が葉を落とした頃に可愛らしい釣鐘型の花を咲かせてくれます。夏の高温乾燥が苦手なので、落葉樹の足元などに植えるといいでしょう。夏は株元が日陰になり、冬は日が当たります。

落葉樹に絡み付いて生長するので、冬に葉が落ちて木が寂しくなった頃に花を咲かせてくれます。花色はスモーキーカラーもありますが、白やアイボリーが多く、華奢なツルとも相まって、冬のお庭で柔らかな透明感のある雰囲気を作り出してくれます。

ミドラスで作る、冬の庭

冬はお花が咲かないから寂しいなんて言わないでください。冬でもきれいに花を咲かせてくれる植物はあります。 「冬でも可愛いお庭!」とご希望をお伝えください。ミドラスは植物が大好きなスタッフばかりです。お客様のご希望をヒアリングして、想像以上のご提案をします! 一年中眺めていたくなるようなお庭を、ミドラスと一緒に作りませんか?

冬はお花が咲かないから寂しいなんて言わないでください。冬でもきれいに花を咲かせてくれる植物はあります。

「冬でも可愛いお庭!」とご希望をお伝えください。ミドラスは植物が大好きなスタッフばかりです。お客様のご希望をヒアリングして、想像以上のご提案をします!

一年中眺めていたくなるようなお庭を、ミドラスと一緒に作りませんか?

実際の花壇の施工事例はこちらからご覧ください。

植栽で彩りを楽しむテラスリノベ

ウッドテラスの植栽花壇

管理が出来ずに放置していた2階テラスを手入れのしやすいよう綺麗にしてほしいとのことでミドラスへお問い合わせ頂きました。
目隠しのシラカシが弱っていたり、デッキの張替えも行いたいという要望もありテラス全体をリノベーションする内容になりました。
-------------------------------------------------
東京都目黒区 戸建て
【施工内容】既存樹木の剪定伐採、新規植栽、デッキ工事
【エリア】2階テラス
【広 さ】約53㎡
【費 用】50-75万円
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

既に立派な樹木があったため、それらを生かした庭リノベをご提案。荒れ放題だった花壇箇所は新たに植栽を施し、管理のしやすい花壇になりました。デッキも張替えを行い、テラス全体が明るい空間に生まれ変わりました。

施工前のウッドテラス

Before

手前のハーブ用花壇はローズマリーが木質化して手に負えない状態でした。奥の生垣に植えられていたシラカシは、根詰まりにより頂部が一部枯れていました。

施工後のウッドテラス植栽花壇

After

ハーブ花壇は一度リセットし植え替え。シラカシの根を確認したところ、根詰まりに加え底部の排水性が悪かったため樹を間引いて生育スペースを確保すると共に、縦の通気スペースを確保し湿度対策を行いました。

レンガの花壇

Before

雑草が茂っていた既存樹の足元部分。

施工後、カラーリーフの花壇

After

既存樹の足元は一度整理し、カラーリーフやかわいらしいお花を植えました。管理が楽になるだけでなく見て楽しんで頂けます。

施工前のウッドデッキ

Before

施工前のウッドデッキ。表面の劣化が進み黒ずんだ汚れも目立っています。

施工後のウッドデッキ

After

木材自体の劣化は少なかったため、コストも抑えられる研磨+保護剤の塗装での施工。木の質感を損なわない塗料を用いることで、花壇の緑とあう自然な空間に。

カラーリーフの植栽花壇

ここがポイント①

テラスの周囲を彩る花壇箇所。
カラーリーフをベースに季節毎にお花も楽しめる構成にしました。管理もしやすく彩り豊かな植栽内容に五感で楽しんで頂けると嬉しいです。

テラスのハーブガーデン

ここがポイント②

以前からあったかわいらしい花壇を一新。
ハーブティーやお料理に使えるハーブをはじめ、生育旺盛でもりもりと茂るお手入れしやすい種類を中心に植栽。
収穫したハーブはブーケやサシェの材料にも利用できます。

お庭や花壇の一画を変えるだけで、植物と豊かに暮らす生活を思い描くことができます。
お庭をリノベーションすることは、生活に彩りが加わること。
新しくなったテラスで豊かな時間を過ごしていただけると嬉しいです。

このお庭の植物をピックアップ

ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリー

ローズマリー

下垂性ローズマリー

レモングラス

レモングラス

イタリアンパセリ

イタリアンパセリ

ガーデニングで「食べる・育てる・話す」楽しみを。

果樹のある建物横の花壇

新築後、手付かずの住居外周部分を綺麗にしたいということでミドラスへお問い合わせ頂きました。
植物のある暮らしを始めたいものの、きちんと育てられるか不安を感じていた施主様。育てる楽しみを感じて頂けるように植栽内容も管理をしやすい点を考慮しプランニングしました。
-------------------------------------------------
東京都小平市 戸建て
【施工内容】新規植栽、砂利敷き
【広 さ】約5㎡
【エリア】主庭、玄関前花壇、建物外周部
【費 用】10-25万円
【工 期】2日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

お料理やご近所の方と会話が楽しめるような植栽内容にしたいというご希望があるものの、管理ができるか不安をお持ちだったため、お手入れが比較的簡単な品種を中心に選定しました。下草・ハーブ類は、暑さや乾燥による影響が出やすいため、複数種組み合わせて植え、花壇全体の管理がしやすいよう計画。雑草が気になる部分には、明るいピンク系の化粧砂利を敷き、空間を整えました。

施工前の玄関前植栽

Before

新築後、手つかずだった玄関前の花壇箇所。

施工後の玄関前植栽

After

植栽が入ることで、カントリー調の敷石とも調和がとれ、全体的にナチュラルテイストの可愛らしい花壇となりました。

施工前の建物横花壇

Before

施工前の建物外周部。砂利を敷いたままの無機質な印象でした。

施工後の建物横花壇

After

植物を植えて暖色系の砂利敷きにすることで、住居の印象が温かみのある柔らかい雰囲気になりました。果樹も植えているので、見るだけでなく収穫しても楽しんで頂けます。

カントリー調の敷石と植栽花壇

ここがポイント①

玄関周りが明るくなるよう、足元で広がる植栽、宿根草を中心に計画。お家の外観や施主様の人柄に合わせて、柔らかくナチュラルテイストでまとめました。

果樹のある花壇

ここがポイント②

道路際の花壇は、ご要望であった白グリーン系の植栽を中心に、ナチュラルテイストな印象に。
植栽を育てるのが初めてという不安を考慮し、樹木は4本にしぼり、膝丈や足元で風にそよぐような植栽とのバランスをとれる計画としました。

ハーブを楽しめる主庭の花壇

ここがポイント③

隣家との境界側には、ほどよく高さの出るローズマリーとラベンダーを中心に配置しました。お隣様との会話を楽しむ場所でもあると伺ったため、完全に目隠しをするのではなく、自然に境界をカバーしつつ、植栽を見ながら会話がより弾むような配置としました。

このお庭の植物をピックアップ

ローズマリー

ローズマリー

バジルの葉

バジル

ラベンダー

ラベンダー

パセリ

パセリ

ディコンドラ

ディコンドラ

アナベル

アナベル

機能的で可愛らしい玄関前へリノベーション

青が基調のカントリー調住居

お家正面の植栽を綺麗にして立水栓も取り替えたいとのことでミドラスへお問い合わせ頂きました。ご依頼箇所のお悩みを解決する形のプランニングで、機能的かつ可愛らしい外観の玄関前エリアとなりました。
-------------------------------------------------
大阪府堺市 戸建て
【施工内容】芝生張り替え、立水栓交換、シンボルツリー植え替え、枕木のリフォーム
【広 さ】約17㎡
【エリア】玄関前
【費 用】25-50万円
【工 期】3日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

住居正面の植栽を綺麗にしたいとのご要望はあったものの、具体的なイメージをお持ちでなかった施主様。
施主様のご要望に沿った内容にするため、お困りだった箇所をヒアリングで丁寧にくみ取り、お悩みを解決する形のご提案をしました。

施工前の花壇

Before

立水栓が朽ちてしまっていたエリア。花壇も荒れて周りの芝生も伸びている状態でした。

施工後の花壇

After

立水栓は交換し、芝生は撤去しました。植栽を入れ替えた花壇が玄関前エリアを可愛らしく彩ります。

施工前のお庭

Before

台風で元からあった枕木が折れてしまっていたお庭。

施工後、芝生張替え後のお庭

After

枕木は交換し、お庭の芝生は張替えを行いました。お庭全体がすっきりと整い、洗練された印象を与えます。

施工後、枕木のあるカントリー調なお庭

ここがポイント①

枯れてしまった植木を伐根し、新たにフェイジョアを植樹。5~6月頃に可愛らしいお花を咲かせるフェイジョアは、季節のお花を楽しんでいただく気持ちを込めて選びました。
荒れてしまった芝生は張替えを行い、枕木も交換することですっきりと整った素敵なお庭に生まれ変わりました。

ソヨゴ植樹後の玄関前

ここがポイント②

シンボルツリーのトネリコが大きくなりすぎて車の出し入れに支障があったため、比較的生長の緩やかなソヨゴに植え替え。
家からの出入りなどでご家族が毎日使う場所なので、機能的で使いやすいエリアとなるようプランニングしました。

家族を包む、優しい色合いで構成されたナチュラルガーデン

暖かな色合いの家とナチュラルガーデン

芝を張ってから10年経過したお庭。そのままになっていたため、張り直しをしたいということでミドラスへお問合せ頂きました。
青々とした芝が敷き詰められた空間に季節の花が咲き誇るお庭。広さを生かしたシンプルで明るいお庭をご提案しました。
-------------------------------------------------
千葉県香取郡 戸建て
【施工内容】芝生張替え、新規植栽、植栽移植、ウッドデッキ補修、土留め石積み、砂利敷き、ルーバー交換
【エリア】主庭、建物外周部
【広 さ】約93㎡
【費 用】100万円-
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

草花や樹木を増やし過ぎると後の管理が大変なので、芝の部分・敷石の部分・植栽エリアとメリハリがつくようプランニング。
日当たりがとてもいいお庭だったので、陽光が降り注ぐ芝生の庭やデッキ上で涼むなど、今までよりお庭での滞在時間が増えるような提案をしました。

施工前の園路

Before

施工前のお庭に続く園路箇所。広い園路とお庭に芝生が茂っています。

施工後の園路

After

芝生を張替え、平板を設置。リビングのガラス戸横にあったヒメシャラを移植して花壇を形成しました。あえてランダムに置かれた平石が園路に動きをつくり、遊び心をくすぐる内容となりました。

施工前のお庭

Before

芝生が茂り、お庭へ出て活用することが難しい状況でした。ウッドデッキも経年劣化により欠けなどが見られました。

施工後のお庭

After

新たに芝生を張替え、ウッドデッキは一部を改修。リビングからテラスへ出るとツヤのあるウッドデッキ。お庭で過ごすことが楽しみな空間へ生まれ変わりました。

お庭のウッドデッキ

ここがポイント①

既存のウッドデッキを一部補修。
床板、傷んだ部材、朽ちてしまった箇所を交換することで、新しく取り付けたようなウッドデッキに生まれ変わりました。
無塗装でも20年程度の耐久性がある木材を使い、ご家族の思い出と一緒に長く楽しめるウッドデッキテラスとなれば嬉しいです。

カントリー調のナチュラルガーデン

ここがポイント②

シンボルツリーは園路の正面に植え、築山は石積みをして整えました。
石積みにそえたグラス類が生長すると、よりお庭に馴染んだ雰囲気になります。

ナチュラルガーデンの植栽

ここがポイント③

園路に設置した平板は、家全体の優しいテイストに合うようベージュ系のインド砂岩を使用。程よい色むらがナチュラルで暖かな風合いを演出してくれます。
植栽花壇は季節の草花を混植に。
お手入れが楽で管理しやすいよう、宿根草をメインにプランニング。オリーブのグレーグリーンに合わせた植栽内容にしています。

このお庭の植物をピックアップ

オリーブ

オリーブ

モクビャッコウ

モクビャッコウ

スターチア

スターチア

プルモナリア

プルモナリア

コンクリート製枕木で長く楽しめる彩り豊かな花壇へ

枕木花壇のあるお家

玄関横の花壇植栽がうまく育たないことと、腐った枕木をコンクリート製にしたいということでミドラスへお問い合わせ頂きました。
通りに面した花壇なので、ぱっと目に入り家全体の外観が美しく見えるよう計画しました。
-------------------------------------------------
戸建て
【施工内容】樹木伐根撤去、新規植栽、コンクリート製枕木花壇設置
【広 さ】約3㎡
【エリア】花壇
【費 用】10-25万円
【工 期】2日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

植栽にこだわりがあり、ボリューム感やシンボルツリーを何にするか悩まれていた施主様。イメージされている植栽をしっかりと把握できるよう、プランの段階で複数の植栽イメージを作成しご提案しました。

施工前の枕木花壇

Before

植栽がうまく育たずにお困りだった花壇箇所。花壇の周りを囲う枕木が腐ってしまっていました。

施工後の枕木花壇

After

枕木は腐らないようコンクリート製に入れ替え、植栽は一度すべて撤去した後、土を掘り起こして新規植栽を行いました。すっきりと整った枕木花壇の完成です。

コンクリート製の枕木

ここがポイント①

以前の木製の枕木に替わり、アンティーク風のコンクリート製枕木を使用しました。
コンクリート製なので腐食しないものの、ナチュラルな印象も感じられます。
毎日のお手入れなどで生活に密着した花壇となるので、長持ちする花壇をコンセプトに計画しました。

コンクリート製の枕木花壇のあるお家

ここがポイント②

シンボルツリーは、春先に可愛らしい小さな丸い花を咲かせるミモザを。まだ寒さが残る春先に、黄色の花をたくさんまとったミモザは家全体の印象をパッと華やかにし、春の訪れを感じさせてくれます。
ミモザの足元にはアクセントで赤葉のドラセナを入れました。
植物が生き生きと生長する季節には、植え付けた植栽たちが花壇を彩ります。

このお庭の植物をピックアップ

ミモザのお花

ミモザ

ローズマリー

ローズマリー

ヒューケラ

ヒューケラ

アイビー

アイビー

【スタッフコラム】生活を豊かにする植物とスタッフのあれこれ。

オフィスの江戸切子と植物

日々の生活の中でふと立ち止まる時。そんな時、私のそばにはいつも植物がいてくれた。モノを話すことはないけど、なぜかいつも見守ってくれているようにも見えるあの子やその子。会社でも、スタッフとの会話の折々にふと立ち止まって植物の話で和む時があります。

今日は、そんな会社で生まれた植物との豊かな時間をみなさまと一緒に共有出来たらよいなぁと思っています。

社内の球根|サフランの開花とヒヤシンスの水耕栽培

サフランとヒヤシンスの球根

写真左がサフランの球根、中央がヒヤシンスの球根

現在、社内ではサフランとヒヤシンスの球根を育てています。

始まりは都内の草木たちも紅葉が始まる10月中旬。ミドラスマネージャーの小林がサフランとヒヤシンスの球根を持ってきて、「これ、どうぞ」と分けてくれたことからでした。
それからというもの、社内ではサフランとヒヤシンスの開花を今か今かと待つ日々。

ヒヤシンスは開花までもう少しかかりそうだけど、サフランはすでに一度開花してその花を見せてくれました。

開花したサフランのお花

11月22日にサフランが開花した時のもの。

写真ではちょっと分かりづらいものの、紫の花の中心に赤いめしべが付いています。このめしべを乾燥させたものが着色料やスパイスとしても用いられるあのサフラン。
サフランライスなどは黄色いのに、着色に使うサフランのめしべは赤いのも不思議ですよね。

サフランの球根が会社に来た時は10月の中旬だったので、開花まで1か月とちょっとかかったことになります。開花を楽しみに待ち続け、咲いているのを見つけた時は、スタッフの田谷とつい歓声を上げて「咲いてる!」と共有したほど。

オフィスのヒヤシンス球根とサボテン

ちなみに、ヒヤシンスの成長具合は、というと、こんな感じ。
綺麗に白く伸びた根の状態から、丁寧に管理されているのが分かります。
根を出すまで、土の中にいる状態を再現するため、紙で覆って管理していたのが良かったのかもしれません。

ヒヤシンスの開花はこれから。
開花までまたみんなでヒヤシンスを見守る時間になりそうです。

スワッグ

年末の忙しない時期でも、植物がそばにいてくれることで共有できる豊かな時間。

大地にしっかりと根を張り、暖かな太陽を浴びて育っている彼らを見ているだけで、私たち人間もなんだか自然の力強い循環を分けてもらえるような気もします。
体の芯から冷えるこの時期は、そんな力強さをそっと蓄えられるよう植物と触れ合うのも良いのかもしれません。

一年を締めくくる師走。
皆さまも素敵な12月をお過ごしください。

【インタビュー】ハワイが好き!というイメージに寄り添った庭 南国の風を感じるガーデン

お庭づくり施工後のインタビュー

庭のアクセントになる石積みとさわやかな植栽

既存の植物を活かし、南国の雰囲気を醸し出すお庭づくり

閑静な住宅街の角地に建つ綱島邸は日当たりが良く、陽射しがふんだんにお庭に降り注ぎます。ハワイがお好きで、南国風にリフォームした室内に合わせ、お庭もきれいにしたいということからミドラスにご連絡頂きました。

まずは、お庭の樹木を整理すること、そして土がむき出しで雨が降ると悪くなってしまう足元を石張りにすることを提案しました。「庭全体を石張りにしてもらったことで掃除が楽になりました。また、石の色合いが優しいので見ていてほっとします」と奥様。さらにネムノキやカロライナジャスミンといったさわやかな雰囲気の植栽や、既存樹木のソテツの背景になるブロック塀を白く塗り、部分的に琉球石灰岩の石積みを設置したことで、より庭の雰囲気を南国風に変えることができました。

お庭づくり施工後の主庭

\ 施主様の声 /

自分だけでは思い通りのお庭が作れませんでした。これからハイビスカスなどの植物を増やしてハワイの雰囲気をもっと出せたらとワクワクしています。

「住まいのリフォームが終わり室内がきれいになったら、手をつけていなかった庭もきれいにしたいという思いが強まりました。当初は自分でやってみようと庭づくりを始めましたが、限界を感じてしまって…。インターネットでミドラスを見つけたとき、“プロにおまかせを”という言葉が響いて連絡しました。実際に話をしていくうちに、こちらの要望をきれいにまとめてくれて提案をしてくれたのでとても嬉しかったです」と奥様。担当の小畑もハワイ好きということもあり話も盛り上がったそうで、求められている雰囲気もすぐに一致したと言います。これからハイビスカスやプルメリアなど南国の花を植えられるのを楽しみにされています。
-------------------------------------------------
神奈川県横浜市 戸建て 綱島邸
【施工内容】植栽・石材舗装・石積み・塗装・剪定
【広さ】  28㎡+α
【エリア】 主庭・玄関アプローチ・境界ブロック
【費用】  130万円台
【家族構成】ご夫婦
-------------------------------------------------

植栽施工前の外観

Before

ご自分でお庭づくりを挑戦してみたものの、お好きな植物を詰め込みすぎてしまい雑多な印象に…。

植栽施工後の外観

After

庭全体にアースカラーの石を張り、塀を白く塗り替えたことで明るくお手入れしやすい庭に。

point
01

琉球石灰岩の石積み

琉球石灰岩の石積み

リビングからのビューポイントになる位置に琉球石灰岩の石積みを施工。庭のアクセントにもなっています。綱島様が沖縄に行かれた時、この石の雰囲気が良いなと思っていたそうで、担当の小畑が奥様に提案したとき、同じことを考えていたという素敵な偶然もありました。琉球石灰岩とはサンゴや貝殻からできた自然素材なので、時が経つにつれて風情が変わる経年変化を楽しむことができます。石積みの上にはご夫妻が沖縄で拾ってきた貝やサンゴなど思い出の品を飾られています。

point
02

南国風の植栽

南国風の植栽

玄関横のシンボルツリーには、ハワイの木“オヒアフレア”を植えることを希望された奥様。しかし気候が合わずに植えられなかったため、似ている植物を考えてネムノキを植栽しました。ピンク色の綿のようなかわいい花と、風にそよぐ柔らかな葉や南国の風を感じさせます。

point
03

アースカラーの石張りにストレリチアのオリジナルモチーフを

石張りにストレリチアのオリジナルモチーフ

奥様からハワイのモチーフをお庭に取り入れたいという要望がありました。プルメリアやパイナップル、ウミガメ、モンステラなど様々な候補があがりましたが、お好きな花の中からストレリチア(極楽鳥花)にすることに。デザインは奥様自身がイラストを描き、それをもとに施工しています。「石張り職人さんの技術がとても素晴らしく、見とれてしまいました」と言われます。

Gallery


ナチュラルガーデン施工一例
ナチュラルガーデンの植栽コーディネート一例
お庭づくりの施工一例
お庭の一角を彩るナチュラルガーデン

完工後のお庭に訪問しました!


お庭を彩るワンポイント装飾

お庭が完成してから約2か月後、お庭の様子を伺いに行ってきました。

 ブロック塀を白く塗り替えたことで、より明るい印象になった綱島邸のお庭。奥さまがガーデニングを楽しめるように残した花壇の部分には、マリーゴールドやセダムなどの花が咲き、白い壁やアースカラーの石張りに映えてとてもさわやかな印象です。

池の脇に移植したソテツも勢いよく根付いています。逆に根付きすぎて繁茂した印象になってしまったため、急遽剪定を行ったほど。そのほかにも庭の悩みなどがないかお話を伺うことができました。

お部屋からフラワーボックスのお花を楽しむ女性

「庭に出る機会が増えました。縁側に座ってお茶を飲みながら、主人とまたハワイに行きたいねと話しています」

今までのお庭は土だったため、雨が降ると足元がぬかるんでとても歩きにくかったそう。また、大きな樹木の落ち葉掃除が大変だったりと、メンテナンスに悩まれていた綱島様。とにかく使いやすく、掃除が楽な庭にしたいということもご要望の1つでした。今回、足元をすべて石張りにしたことでその悩みは解消され、見ているだけで癒されるお庭ができたと喜ばれています。「庭に出る機会がぐんと増えました。隣家に叔母が住んでいるのですが、一緒に縁側でお茶をすることもあります。主人とも旅行の話に花が咲きます」と奥様。庭が暮らしの楽しみの一部となっていることが感じられました。

荒れてしまった花壇を、手入れしやすく華やかに

カラーリーフの植栽とレンガの花壇

バラがお好きな施主様。バラを中心にご自身で花壇に植栽をしていましたが、植物のバランスが悪いことがお悩みでした。
施主様の大好きなバラを活かすため、低木を撤去しナチュラルな草花類を植栽することでメリハリのある花壇になりました。
-------------------------------------------------
埼玉県草加市 戸建て
【施工内容】樹木伐根、植栽、剪定
【広 さ】約3㎡
【エリア】通路沿い花壇
【工 期】0.5日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

今の花壇で変えたいポイント、見た目・お手入れ方法と、変えたくないポイントを中心にヒアリング。施主様のお気持ちの中で、バラを活かしたいということが第一にあったので、バラが主役になるような植栽を意識しました。植物好きな施主様だったので、今後やりたいことも含めて花壇を楽しめるようプランに反映しました。

施工前の花壇

Before

下段の花壇に植えてある植物が部分的に枯れ、彩りも足りないため寂しい印象。上段のバラの足元も少々荒れていて全体的にバランスが良くない状態でした。

施工後の花壇

After

下段はご希望の華やかな印象の花壇にするため、カラーリーフを中心に濃淡交えたグリーンの植物を配置。上段はバラが印象的に見えるように足元は整理しスッキリした印象に。

人工芝と天然芝を比較!メリットデメリット

青々とした芝生、その上で寝っ転がってお日様を浴びる時間。想像するだけで体の緊張が溶けていくような気持ちになります。 最近ではメンテナンスが楽な人工芝も人気です。人工芝と天然芝、どちらがいいのでしょう。人工芝と天然芝を比較検証、メリットデメリットについてもご紹介します。

青々とした芝生、その上で寝っ転がってお日様を浴びる時間。想像するだけで体の緊張が溶けていくような気持ちになります。

最近ではメンテナンスが楽な人工芝も人気です。人工芝と天然芝、どちらがいいのでしょう。人工芝と天然芝を比較検証、メリットデメリットについてもご紹介します。

人工芝と天然芝の基本情報

人工芝と天然芝の基本的な情報です。違いについてもわかりやすくご説明します。

人工芝の基本情報

■素材:合成樹脂 ポリエチレンなどの合成樹脂で出来ています。生き物ではありません。合成樹脂で出来ているので、火がつくと燃えて溶けてしまいます。

■素材:合成樹脂

ポリエチレンなどの合成樹脂で出来ています。生き物ではありません。合成樹脂で出来ているので、火がつくと燃えて溶けてしまいます。

天然芝の基本情報

■植物分類:イネ科多年草 植物なので生き物です。冬には茶色くなるか、緑が減りますが、春になるとまた青々と繁ってきます。 高麗芝と呼ばれる芝は、日本の風土に良く合うので様々な場所で使用されています。冬には茶色く枯れたようになりますが、翌春また青々とした葉が伸びてきます。 西洋芝は耐寒性が強く、冬でも緑の葉を残すのが特徴です。但し夏期には草丈10㎝以上にもなるので、芝刈りの必要があります。 両方の特徴を上手に活かして、混植にすることも可能です。

■植物分類:イネ科多年草

植物なので生き物です。冬には茶色くなるか、緑が減りますが、春になるとまた青々と繁ってきます。

高麗芝と呼ばれる芝は、日本の風土に良く合うので様々な場所で使用されています。冬には茶色く枯れたようになりますが、翌春また青々とした葉が伸びてきます。

西洋芝は耐寒性が強く、冬でも緑の葉を残すのが特徴です。但し夏期には草丈10㎝以上にもなるので、芝刈りの必要があります。

両方の特徴を上手に活かして、混植にすることも可能です。

人工芝と天然芝の比較!メンテナンス

人工芝と天然芝のメンテナンスの手間について比較してみましょう。

人工芝と天然芝のメンテナンスの手間について比較してみましょう。

人工芝のメンテナンス

ほぼメンテナンスの必要はありません。時々掃除をするくらいです。

天然芝のメンテナンス

夏には水やりや芝刈りの必要があります。芝刈りの頻度は、芝の種類にもよりますが、月2回くらいは行った方がいいでしょう。

人工芝と天然芝の比較!耐久性(寿命)と費用

では、現実的な耐久性と費用について比較します。

では、現実的な耐久性と費用について比較します。

人工芝の耐久性と費用

耐久性:利用頻度にもよりますが、数年で芝が寝てしまったり、日光によって変色してしまいます。さらに素材が合成樹脂なので、火が落ちると燃えて溶けてしまいます。

寿命:個体差はありますが、人工芝の寿命は7~10年程度と言われています。

費用:天然芝に比べ、費用が高いのも人工芝の特徴です。

天然芝の耐久性と費用

 

耐久性:動線になるような場所や、よく踏まれるような場所の芝は、草丈が伸びなかったり、生えてこなくなることがあります。

寿命:環境が合えば、何十年も繁ります。

費用:人工芝の1/10とも言われているくらい安価です。

人工芝と天然芝の比較!メリット

人工芝と天然芝のメリットを比較してます。
人工芝と天然芝のメリットを比較してます。

人工芝と天然芝のメリットを比較してます。

人工芝のメリット

一年中緑を絶やしません。

メンテナンスの必要がほとんどありません。

寝っ転がっても土も枯れ葉も付きません。

天然芝のメリット

春には新芽が出てきて、夏には青々と繁りと、植物ならではの四季を感じます。

雨の翌日、夏の暑い日、芝刈りの後、ふわっと立ち上る草の香りを楽しめます。

夏の瑞々しいグリーンの美しさは天然芝ならではのものです。

柔らかい天然芝の上を裸足で歩いた時の心地好さと言ったら。足の裏に当たる柔らかい草の感触が楽しめます。

雨が降った翌朝の、朝日に光る水滴がとてもきれいです。

夏は熱を吸収してくれます。夜にはアスファルトよりも涼しくなります。

人工芝と天然芝の比較!デメリット

メリットの次は人工芝、天然芝、それぞれのデメリットも知っておきましょう。

人工芝のデメリット

天然芝に比べて値段が高いのが難点です。

耐久性があまりなく、寿命が短いです。維持をしたいのであれば、張替えの必要があります。

一年中青々としていて、見た目が不自然です。明らかに人工芝だとわかってしまいます。

合成樹脂は燃えてしまうので、BBQや花火といったお庭ならではの遊びが出来ません。

天然芝のデメリット

芝刈りや水やりなど、メンテナンスに手間がかかります。 芝の下は土なので、隙間から雑草が生えてくることがあります。 冬には枯れたように茶色くなり、寂しくなります。

芝刈りや水やりなど、メンテナンスに手間がかかります。

芝の下は土なので、隙間から雑草が生えてくることがあります。

冬には枯れたように茶色くなり、寂しくなります。

天然芝も!人工芝も!ミドラスで施工出来ます!

天然芝と人工芝のそれぞれの特徴を比較してみました。どちらにも利点も欠点もあります。最終的には、個人のライフスタイルや好みをベースに決めるのが一番です。 ミドラスでは、お客様の希望をしっかりと伺い、ご予算やライフスタイルに合わせたご提案をさせていただいております。 人工芝でも天然芝でも、迷ったらミドラスにご相談ください。

天然芝と人工芝のそれぞれの特徴を比較してみました。どちらにも利点も欠点もあります。最終的には、個人のライフスタイルや好みをベースに決めるのが一番です。

ミドラスでは、お客様の希望をしっかりと伺い、ご予算やライフスタイルに合わせたご提案をさせていただいております。

人工芝でも天然芝でも、迷ったらミドラスにご相談ください。

天然芝・人工芝のお庭事例

庭づくりのDIYとプロ!何が違うの?

お庭づくりは凝り始めるとキリがないですよね。あれもこれも作ってみたい、イメージはどんどん湧いてくる。でも、予算がかかり過ぎる…。出来るところはDIYでやってみたくなります。 「DIYとプロの違いって何?」「DIYだとどこまで出来る?」そんな疑問にお答えします。

庭づくりは凝り始めるとキリがないですよね。あれもこれも作ってみたい、イメージはどんどん湧いてくる。でも、予算がかかり過ぎる…。出来るところはDIYでやってみたくなります。

「DIYとプロの違いって何?」「DIYだとどこまで出来る?」そんな疑問にお答えします。

庭づくりのDIYとプロの違い

庭づくりDIYの様子

DIYとプロの施工業者の違いってなんでしょう。DIYでも出来そうなのに、どうしてプロに頼んだ方がいいの?そんな疑問にぶつかったことはありませんか。

庭づくりのDIYとプロの違いについて紹介します。

DIYとは

DIYとは和製英語の「Do It Yourself」の略です。「自分でやる」という意味で、日曜大工のことを指します。つまり簡単に言うと、専門業者つまりプロに依頼するのではなく、自分自身で何かを作ることを指す言葉です。

もちろん費用面でも、材料費以外は全て自分自身で行うのですから、安価で済みます。リスクは、自分自身の休日に肉体労働をすることになることと、失敗することもある、ということでしょうか。

その分、作る楽しみと出来た時の喜びという大きな報酬も得られます。

DIYとプロの違い

DIYでも下調べを行い綿密に計画をして行えば、出来ることはたくさんあります。それでもプロの施工業者が存在するのはなぜでしょう。

DIYとプロの大きな違いは「技術と経験の蓄積」です。技術と経験をもったプロが大切にしているのは基礎作りの重要性です。多くの施工を経験してきたプロの職人たちは、基礎をとても大切にします。

基礎工事の重要性

基礎工事の重要性とは何でしょう。基礎工事とは、文字通り「基礎」を作るための工事です。基礎とは、構造物を支えるための大切な土台です。この基礎工事をおろそかにすると、耐久性が弱く、壊れやすいものとなってしまいます。 プロは経験が豊富なので、そのお庭ごとの土壌の性質や特徴を見て、きちんとした基礎工事を行うことが出来ます。

基礎工事の重要性とは何でしょう。基礎工事とは、文字通り「基礎」を作るための工事です。基礎とは、構造物を支えるための大切な土台です。この基礎工事をおろそかにすると、耐久性が弱く、壊れやすいものとなってしまいます。

プロは経験が豊富なので、その庭ごとの土壌の性質や特徴を見て、きちんとした基礎工事を行うことが出来ます。

タイルのDIY

お庭のタイル

最近エクステリアでも人気のタイル。床用タイルや壁用モザイクタイル、テラコッタタイルや施釉タイルなど、種類も豊富にあります。ジョイント出来るような作りになっていて、床材としての施工が簡単なものもあります。バルコニーのようなスモールスペースなら、DIY初心者でも簡単に施工することが出来ます。

庭やポーチのアプローチ等、人が歩く場所に施工する場合は、強度や安全面の問題から、タイルの固定が必要になります。その場合、地ならしやタイルの固定といった基礎作りが必要になってきますので、プロに任せたほうが安心です。

花壇のDIY

DIYした花壇

何もない土だけの庭に花壇を作るのなら、特に花壇のエッジ(境界)を決めるようなことはせず、植物を植えることで自然な花壇を作るのも素敵です。

レンガでエッジを作るのであれば、基礎工事が必要になります。土を掘って基礎を作ってから、レンガの施工をしないと、耐久性が弱く、レンガが沈んでガタガタになってしまいます。

どんな花壇にするか、計画を練って。基礎工事が必要なものは、プロに任せた方が長く楽しめます。

レンガ敷きのDIY

玄関アプローチのレンガ

DIYでレンガを敷くなら、まず地面を平らにならし固めることから始めます。その上で砕石や砂を敷いて、レンガを並べます。玄関アプローチなど、頻繁に人が通るような場所なら、モルタルや砂などでレンガが動かないように固定します。

安全性の確保という点で考えると、人の通りが多い場所のレンガは、プロに任せた方がいいでしょう。

目隠しフェンスのDIY

目隠しフェンスと植物

目隠しフェンスの施工方法はまず、地面に穴を掘って基礎石を設置します。それをモルタルやコンクリートで固めて固定します。基礎石は必ず水平であることも意識しなければいけません。そこから柱を取り付けて、目隠しフェンスをはめ込んでいきます。

この基礎作りが相当な手間であり、またコンクリートの基礎石は重いので、体力的にも大変な作業です。耐久面、安全面共に、プロに頼んだ方が間違いないでしょう。

ウッドデッキのDIY

ウッドデッキとお庭

ウッドデッキの施工も目隠しフェンス同様に、地面を掘って基礎石を設置するところから始まります。ウッドデッキは特に、その上に人が乗り快適に過ごす場所ですから、地盤が柔らかければ、固める作業も必要になります。数cmのずれが完成に大きく響くこともあります。

基礎作りだけで、肉体的にも精神的にも、とても労力を必要とされる作業です。ウッドデッキの工事も、耐久面、安全面、共にプロに頼んだ方が間違いありません。

大切な外構はミドラスにお任せください。

DIYでお庭作りの全てを行うのはちょっと大変です。理想は、基礎工事が大変なものはプロに、植物を植えたりといった簡単な作業はDIYで。そんな風に使い分けるのが一番ではないでしょうか。 ミドラスは、植物が大好きなプロ集団です。ずっと植物と仲良く共存していけるようなお庭作りのお手伝いをいたします。 DIYかプロか、悩んでいるなら、ミドラスに相談してみませんか。きっとベストなご提案が出来ます。お気軽にご相談ください。

DIYで庭づくりの全てを行うのはちょっと大変です。理想は、基礎工事が大変なものはプロに、植物を植えたりといった簡単な作業はDIYで。そんな風に使い分けるのが一番ではないでしょうか。

ミドラスは、植物が大好きなプロ集団です。ずっと植物と仲良く共存していけるような庭づくりのお手伝いをいたします。

DIYかプロか、悩んでいるなら、ミドラスに相談してみませんか。きっとベストなご提案が出来ます。お気軽にご相談ください。

ミドラスの施工事例

ミドラスではライフスタイルに合わせてお庭をデザインします。DIYだと難しいウッドデッキや目隠しフェンスなど、実際の施工事例はこちらからご覧ください。

暖かみのある駐輪スペースと彩り豊かな植栽花壇

施主様ご自身で手を加えて育ててきた植物たち。土や日当たりの状態がとても良く、成長が早く手に負えなくなったので、管理しやすくしたい、また、お子様の成長に伴い駐輪スペースの新設もしたいということでミドラスへお問い合わせ頂きました。
-------------------------------------------------
千葉県船橋市 戸建て
【施工内容】レンガ舗装、植栽
【エリア】玄関周り・道路境界
【広 さ】約15㎡
【費 用】50-75万円
【家族構成】夫婦+子ども2人
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

お話を伺う中でご自身でもガーデニングを楽しまれており、駐輪場はいかにも駐輪場という雰囲気を出したくないというお気持ちを伺えました。そのため、ガーデンニングスペースは施主様ご自身でも楽しめるようスペースを確保し、駐輪場は無機質にならないようレンガ舗装にしました。

Before

施工前の敷地境界部分。植物が根を張り育っていますが、雑然とした印象でした。

After

相木石を使用した石積みの花壇を新たに
設け、彩り豊かな植栽を設けています。
道路側のスペースはご自身でガーデニン
グを楽しめるスペースです。

Before

施工前の玄関脇スペース。
植物が茂り、駐輪スペースとしては活用できない状況でした。

After

レンガ敷きによる駐輪スペース。
既存の植栽を活かしながら、余白に石などを配置し、暖かみがありながらも利便性のある駐輪スペースとなりました。

ここがポイント①

茂りすぎた植栽でお困りだった玄関前スロープ箇所。
植栽は一部を残して残りを伐採し、新たに中木と下草類を植え、スッキリとした印象となるよう施工しました。

ここがポイント②

道路際の植栽スペースは、石積みにより曲線の花壇をつくり、立体感を出すことで印象に変化を与えました。
その手前は今後ご自身で植物を植えられるようなフリースペースとして土のままの部分を残しています。

ここがポイント③

レンガ敷きの駐輪スペース。
レンガ舗装が利便性を確保しながら住居の印象を暖かく仕上げてくれます。

暖かみのある駐輪スペースと彩り豊かな植栽でご家族の時間がより豊かになると嬉しいです。

シルバーブルーの美しい植栽を楽しむ庭

新築マンションに引っ越された施主様。ワンちゃんが走り回れるようなお庭と、両隣からの目線を遮りたいということでミドラスへお問い合わせ頂きました。
とても広いお庭だったため、予算内に収まるようピンポイントでの植栽をご提案。
アクセントとなるシルバーブルーの植栽が美しいお庭となりました。
-------------------------------------------------
埼玉県さいたま市 マンション
【施工内容】植栽
【エリア】主庭
【広 さ】44㎡
【費 用】25-50万円
【工 期】1日
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

両隣との境全てに目隠し植栽を施すとコストが上がってしまうことが予想されました。そのため、メインのビューポイントを定めて、そこからの景色で一番効率よく目隠しとなり、緑が感じられる植栽配置を計画しました。

Before

施工前のお庭。芝が一面に敷いてあるシンプルなお庭でした。

After

隣住戸の庭との境に植栽を配置してナチュラルな目隠しを設けました。
またお客様の好きなシルバーリーフ系の植栽を多く取り入れて、おしゃれで成長を楽しめる植物を施しました。

ワンちゃんが走り回るスペースを確保しつつ、施主様が見て楽しめる植栽スペースをピンポイントで設けました。

植栽内容は、施主様の好きな植物を取り入れて。
季節になったら、今植えてある植物たちが元気に生育して、綺麗な緑が見れるようになります。ワンちゃんと遊ぶ時間の中で植物を見ながらほっと一息癒されるようなお庭になったら嬉しいです。

このお庭の植物をピックアップ

アガベ(リュウゼツラン)

ニューサイラン

ユーカリ

アカシア'ブルーブッシュ'

バリエーション豊かな樹種を見て楽しめる新築のお家

玄関エントランスの華やかな植栽

新築後そのままになっていたお庭とお家周りの植栽を、楽しめるよう整えたいとミドラスへお問い合わせ頂きました。
新築の住居に合うよう、おしゃれな樹種をバリエーション豊かに使い、見て楽しんでいただけるお庭になりました。
-------------------------------------------------
千葉県習志野市 戸建て
【施工内容】植栽植え込み
【エリア】主庭、玄関横花壇
【広 さ】12㎡
【工 期】1日
【家族構成】ご夫婦、お子様お二人
-------------------------------------------------

MIDOLASからの提案

創りたいお庭のイメージはあるものの、どのような植物を選んだら良いか分からなかった施主様。
施主様のイメージを実現するため、資料を見ながらお話を重ね、提案させて頂きました。
お庭を楽しめるようにしたいというお声から、バリエーション豊かな樹種をふんだんに使った植栽内容となりました。

施工前の花壇

Before

施工前の玄関横花壇。雑然とした植栽でした。

施工後の花壇

After

カラーリーフや彩り豊かな植物を取り入れ、よりカラフルでかわいらしい花壇となりました。

施工前の建物外周部

Before

こちらも雑然としていて、楽しめないスペースでした。

施工後の建物外周部

After

メインとなる樹木はレモンとアジサイアナベルを。周囲には彩り豊かなカラーリーフが施され、季節には果実とお花を楽しんでいただけます。

植栽施工前の主庭

Before

施工前の主庭の一角です。

植栽施工後の主庭

After

植栽スペースを増やし、目で見て楽しめる植物を植えました。お庭の一角だけでも可愛らしいお花や植物があると、華やかな印象になります。